日常、たわ言、ときどき感想。

漫画とかアニメとか漫画とか漫画とか。
月子というオタク女の感想文もどき。

今週の借り物

2010-09-30 23:11:32 | 漫画のこと
君に届け」11巻(レンタル最新刊)
GANTZ」1~5巻(以下続刊)
LIAR GAME」1~4巻(以下続刊)

何故こんな中途半端な数字かと言うと、「君に届け」は前回あることすら気づいていなかったから。「GANTZ」は店内のランキングで上位だったので読んでみようと手にしたはいいけど、6巻がなかったので5巻まで。10冊でレンタル料600円なので残りの4冊を「LIAR GAME」につぎ込んだ、というところです。


「君に届け」
初デートが可愛い。
男前なあやねちゃんが可愛くて仕方ない。が、ピンでいいのか? ホントにいいのか、あやねちゃん!?

「LIAR GAME」
ドラマにもなっていたから知ってる人も多いだろうけど、すごいですね。よくこんな話考えられるわと感心します。
直ちゃんが意外と強いのがいいですね。秋山さんすらびっくりするあたり。

「GANTZ」
…5巻まで読んだにも係わらず全く話がわからない。わかるまで読もうかどうしようか迷ってる。

一巻の最後に「GANTZ」ができるまで、ってのが載っているんですが。
最初にラフな絵コンテを描いて、それを元にシェード(3D作成ソフト)などで3Dを作り、それを下絵にして作者さんが絵を描き込む。それをスキャンしてシェードで作られた背景を線画だけにして絵と合成。ベタやトーン処理をしてふきだしを入れて出来上がり。

これがこの作者さんのやり方のようですが…こんなのありなのか? 別に全部コンピューターでやることに異議があるわけではないのですが、人物の下絵をシェードでやるって…。私シェードは触ったことないのですが、例えば四角い箱を作ってそれを回転させると立体図として見れるソフトです。作った人を回転させれば分かりにくい斜め上からのアングルなど、どの角度でもわかりやすく表示してくれます。でもつまりそれって極端な事を言えば、自分は考えないでもいいってことではないでしょうか? プロの作家さんが下絵をコンピューター任せってのはちょっとどうかと思いました。

それに全部コンピューターだからホントに機械的に感じます。見てて色々違和感があるんですよ。
一応人物などはご本人が描かれているようですが、背景などはコンピューターですから綺麗すぎるんですよ。集中線もあるにはあるんですが、背景と一体になってしまってスピード感も感じられない。

…私、この絵苦手だ。苦手なんだけど、どういうところに人気があるのか知りたい。アニメにもなってるみたいだし、映画にもなるらしいし、人気はあるみたいです。でも29巻とか読み切る自信はない。先が長すぎる…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホントにすごかったんだ…

2010-09-29 23:21:49 | テニミュ
ザ・ベストハウス123」に柳浩太郎くんの話が紹介(?)されていました。

情報ブログで今日、和田くんと柳くんが出るというのは知っていたのですが、まさかプレゼンされる側だったとは思いませんでした。

テニミュ二戦目・不動峰公演の数日前に交通事故に遭って意識不明の重体、右半身マヒに機能障害、あと言語障害もあるというのは知っていました。
不動峰公演は当時不二役だったkimeruくんがリョーマを、不二役には菊丸を演じるはずだった永山さんが、そして菊丸役には初演で演じていた一太郎くんが戻って演じることに。おかげでやたら歌のうまいリョーマが出来上がったのでした(笑)
でも役者さんたちも柳くんの容態が気になっていたでしょうね。

まだ入院中の柳くんに初代のメンバーがビデオレターを送ったというエピソードは聞いていましたが、まさかそれを流してくれるとは思いませんでした。録画しておけば良かった!

やっぱり泣けましたね。
あれだけの事故に遭い、苦しいリハビリをこなし、一年後には舞台に復帰するってどれだけすごいんだ。

私、不動峰の再演と山吹・ルドルフのDVDは見ていないのでどんな舞台だったのか知らなかったんですが、氷帝戦の時より声が出てるんじゃないですか? ちゃんと動けていたし。見た人は嬉しかっただろうな。そしてやっぱり演じていたキャストさん、スタッフさんも嬉しかったでしょうね。
最後にkimeruくんが歌っていたのは「You got game?」でしょうか? Wキャストだった遠藤くんとkimeruくん、そして柳くんが抱き合って泣いているシーンはぐっときました。こみ上げるものがあったでしょうね。「以前の体に戻りたいとは思わない」と言い切った柳くんはとても誇らしげでした。

しかし終わって時間をみてみれば、彼の話に40分も使っていたのはびっくりだ。
(その後の母をかばって銃弾を6発も受けた女の子の話は20分だった)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

終わっちゃった

2010-09-26 22:38:52 | アニメのこと
土曜日にリボーン、日曜日に戦国BASARAが最終回を迎えました。

まあね、リボーンに関しては至る所で終わるだの終わらないだの言われてましたし、キリが良いといえばキリが良いので終わるかもしれないとは思ってましたしね、覚悟はしてたんですが、BASARAが終わるとは思っておりませんでした。早くない?

正直最終回に詰めすぎな感じがしました。だって最後になって家康に石田三成って…。
今回は幸村と政宗の成長がテーマなのはわかったんですが、幸村の成長は目に見えてわかったのに対し、筆頭はちょっと分かりにくかったですね。秀吉との対決でもあれだけやられっぱなしだったのに、いきなり倒せちゃったし。
絆の刀、なのはわかるんですが…なんというか…前回の方がいろいろはっちゃけていておもしろかったな~と。一番納得いかなかったのは小十郎が合流してからが二話しかなかったってとこでしょうか(←私情)。

しかし映画か~。

私少し前にBASARAの漫画版を読んだんですよ。それには秀吉は九州からとって返した家康によって倒されたんですよ。その時筆頭が何処にいたのかは覚えてないんですけども(立ち読みだったので…)。なのでてっきり家康も前線に行くもんだと思ってました。映画版では出るのかな? でも完全新作とか書いてあったから全然違うものになるのかも。でも最終回に家康と三成が出てきたのでこの二人は関係してくるんだよね? 関係してないなら三成の最後は滑稽だ…。何故一人で走って帰ってるんだ…。

そういえば長曽我部元親は出てきませんでしたね。兄貴だけ…。

映画版では敵将は誰なんでしょうね。家康? 三成? 私的に気になるのは連れて行かれた信長の妹・お市。ホントあの人何故出てきたんだろうか…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

感想っぽいもの 「君に届け」編

2010-09-25 23:10:38 | 漫画のこと
今出ている分(1~10巻レンタル)は全部読みました、「君に届け」。初めてまともに少女漫画を読みましたよ、私。

小学生の頃は「りぼん」とか読んでましたけど、記憶に残ってるのは「ときめきトゥナイト」とか「エース」とかの(年代を感じるな…)、一応恋愛はしてるんだけど、メインは違うようなって感じの話ばかりで、この「君に届け」のように学校と恋愛しかないお話は初めてです。

爽子ちゃんは前向きなんだか後ろ向きなんだか、まあ前向きではあるんだろうけど、ちょっとそれがあまり周囲に伝わらないというか、空回りするというか。多分端から見てるとおもしろい子だと思います。絶対百面相してる。

彼女が風早くんへの気持ちに気づいてからは、とにかくお互い好きなのにお互いが何か勘違いをしているし、周りは変な横やり(?)入れてくるしで、ちょっと何がそんなに食い違っているのかわからなくなりましたけど、読み進めてると、ああ、誰かを好きになるとホントに自分にいっぱいいっぱいで周りが見えなくなって、空回りしたり、傷ついたりしちゃうんだな、恋愛って怖いな。でもこれが成長する糧になるんだなと思えるとても分かりやすい話でした。

恋愛を抜きにすると最初の頃の爽子のおどおどしながら皆と接するあたりが好きですね。
巻が進むにつれて、どんどん会話が増えていって最初の頃の面影がなくなってしまって若干寂しいです。でも今の爽子かわいい。

爽子はうまくいってくれちゃったので今度は私的に一番いい女(だと思ってる)あやねちゃんに彼氏を作ってあげてほしいです。彼女完全にフリーだから(ちづちゃんは龍がいるし)。

姐御に男を!


何だか終わりっぽかったけど、まだ続いてるんだよね? と思って検索したら、11巻が6月に出てた。
………レンタル屋にあったってことか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下がりすぎ

2010-09-23 22:45:58 | 日々諸々
昨日なんて30℃以上あったってのに、今日帰宅する時は19℃でしたよ。下がりすぎでしょ!
明日の最高気温は23℃とかいってるし。

も~何着て行けばいいんだよ…。困った季節がやってきたですよ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

買っちゃった

2010-09-20 22:36:28 | 日々諸々
Scan Snap 1300 です。

 ↓ これ


…ええ、わかってます。順番が違いますよね。父にも言われました。パソコンのが先だろ、と。
後ろにあるのは現在使っているスキャナ、というか複合機です。

まだインストールもしてませんが、きちんと使えれば今までとは比べものにならないくらい早く漫画スキャンができるはず。

まずはインストール! いやパソコンか。
…ホントはパソコン買いに行ったはずだったんだよ…。見るとどんどん迷うんだよ…。安くはないからね、うん。でも悩んでるあいだに兄が先に買っちゃったよ。…いいなあ、即決できる人は…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違う感想

2010-09-19 22:47:12 | 漫画のこと
ドリライ7thのDVDを見ながら「君に届け」を読書。
「DESTINY」を聞いてる最中に二巻の最後を読んでいたため涙が止まりませんでした。相乗効果。

「君に届け」はアニメにもなっているし映画にもなっているので今更感想というのもあれなので、初めてこの「君に届け」を読んだ時に思ったこと。

こんな感じの主人公、他の作品で見たな…。

でした。
それは何かというと、プリンセスに連載されていた作品で、 「穂月想多」という方が描かれた作品の主人公がまさにこんな感じでした。長い黒髪にしゃべると明るいんだけど見た目のせいで暗い人と思われてるって子でした。
でも基本的にギャグしか描かない方なのでいじめられるようなシーンはこれっぽっちもありませんでしたけど。

なかなかしゃべることができないために友達のいない主人公・日向鈴子のために、魔術を使える(ここからおかしい)兄がしたことは…。明るい「人面疽」を召喚したことから主人公の波乱な人生がスタート…ってかんじですかね。

召喚された人面くんが…ああ、作品名はそのもの「人面君」です。
この人面くんがかなり明るい積極的な性格で、どちらかというと猪突猛進のお人好し。主人の鈴子のためならホントに頑張るいい人(?)です。

そんな主人公・鈴子にできる友達というのが「君に届け」でいうところの風早くん、深町君という男の子。
鈴子が本当はおもしろい子(しゃべらないんだけどリアクションが激しい)だということを知っている深町君は鈴子の念願のお友達になってくれるんですが、その深町君にも人面疽が。

それは鈴子に憑いている人面くんの奥さん。デートの待ち合わせ中に人面くんが呼び出されて待ち合わせ場所に来なくて、その後全く連絡が取れなかったので怒って鈴子の近くの人に取り憑いた、という。
因みにデート場所は動物園のゴリラの手。…さすが人面疽。

そんなほのぼのギャグ作家・穂月想多さんのHPはこちら。 →「三日月、屋根の上
今はプリンセス本誌上で「猫ろ日」を連載中。相変わらずほのぼのします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

…あったの…か?

2010-09-17 23:14:15 | 漫画のこと
「アラタカンガタリ」読破。
ところが6巻の最終ページを捲ってびっくり。

「衝撃第7巻は6月18日頃発売予定!!」

…てことはレンタル屋にあったってことですね…。
既刊は出版社別に並んでるけど、新刊はまとめて並んでるからなかなか探せないんだよ…


 感想

漢字が難しいので覚えるのが大変です。
人名はカタカナなんだけど、異世界独自の名称には常にフリガナをふっていただきたい。

ものすごく正直に言えば、自分的には「ふしぎ遊戯」ほどの魅力は感じられなかったです。続きは読むけど。

そして門脇…。
いくら自分を正面から見てくれる人が欲しかったからって、ホント腹立つヤツだな… 屈折しすぎだろ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんなランキングがあるねえ

2010-09-15 22:49:47 | アニメのこと
『一緒にカラオケに行きたいアニメキャラクター』ランキングというのを見つけました。JOYSOUNDが企画したらしいです。男性部門はリボーンの雲雀さんが一位でした。

1~5位まで発表されているんですが、一位の雲雀さんへのまとめ感想の最後に「密室は要注意だ」ってあって笑った。

ちなみに2位以降。

2位:折原臨也(デュラララ!!)
3位:紀田正臣(デュラララ!!)
4位:坂田銀時(銀魂)
5位:白石蔵ノ介(テニスの王子様)

白石には 『もはや理屈にあらず。女性からのラブラブ光線が集中状態だ。顔も声もとにかく大人気で、「歌声を聴きたい!」というよりは、「一緒の空間にいたい!」が正解。きっと歌わなくてもいいのだ。』 でした。…「白石」名義でライブするくらいだもんね、どんだけ人気あるんだ。


女性キャラ部門

1位:平沢唯(けいおん!!)
2位:秋山澪(けいおん!!)
3位:田井中律(けいおん!!)
4位:泉こなた(らき☆すた)
5位:ランカ・リー(マクロスF)

…すみません、私どれも見たことないです…。でも友人のおかげで「キラッ☆」は知ってます。彼女のランクインは「むしろ当然」だそうですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読むのも大変

2010-09-14 23:24:21 | 漫画のこと
毎週火曜日はレンタルコミックに通ってます。…いやたまたま行ったのが火曜日だっただけだけど。

今日は「ちはやふる」の9巻、「アラタカンガタリ(渡瀬悠宇)」1~6巻、「君に届け(椎名軽穂)」1~3巻を借りてきました。

「アラタカンガタリ」は少ししか読んでませんが、渡瀬さんと言ったら「ふしぎ遊戯」の作者さんですが、この「アラタカンガタリ」は少年誌に掲載されてるんですよね。そのためなのか、絵が若干少年向け、というかトーンや背景をできるだけ省いた描き方をされてます。キャラの線も太い…かな。でも裸が出てくるのは相変わらず(笑)

「ちはやふる」はやっぱりおもしろかったです。巻末を見るに、10巻が9月13日に出ると書かれていたのでレンタル屋に並ぶのは来月でしょうか? また借りねばです。
本のレンタルは新刊だろうが既刊だろうが同じ値段なのがいいですね。

そういえば「パトレイバー」の文庫本もあった。これも読もう。
…連載中の作品は最新巻だけがないということが多いので連載終了した作品から攻めようかしら…。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加