突き抜けろ ゆっくり 確実に 、 楽しもう

経済を、自分の生きる立ち位置を、明確にして、ネットのキーワードを拾う程度、さて、考えているか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

事務職

2016-09-20 14:04:29 | Weblog
2016-09-20 14:04:29 生物進化の驚異と物理化学の不思議と比べると、どんでもなく生物の方が偶然を生んだ気がする。ビッグバンから経過した時間軸と生物の時間軸の尺度は気が遠く成る程の相違を感じる。現在の人類の脳って2万年位から然程進化していないが、人集団を組んで、文明・文化と芸術・科学・ビジネスの原点を戦争・プロジェクト・生活と一覧しても、奇妙なテーマ・シナリオ・シーンが浮かぶと論じるセンスが冷静かホットか。

宇宙・地球時間軸と生物進化時間軸と人集団文明文化時間軸の相対変化度を軽い気持ちで予測した気分が足を浚う勢いが間際に来ていると感じるのは事務職の義務か、技術者の権利か、先制攻撃を準備している軍事国家か。緩む訳もない。激動の6ヶ月が過ぎるのか。

政治が益々、先を見通せる機会を失い、人集団が独立独歩する様が見える時代って、大台風の風景を見ながら茹で蛙の様が理解できる環境破壊の現実に対応するのは事務職しかいない気もする。プロジェクトや生活の競争なら何とかバランスさせて行ける気はするなあ。北へ斬首作戦が実行されると、最低限の被害・災害が生まれることもあるのだろう。我々の戦争センスって、事務職には感覚は理解せざるを得ないのだろう。

2016-09-20 11:31:39 電磁波の速度が一定、原子の安定、熱平衡、3つの疑問から慣性系で同じ、その条件は1)特殊相対性原理2)光の速度が慣性系で一定、同時性は慣性系で異なる、黒体輻射・黒体放射、プランクの量子仮説、振動子、光量子仮説、光電効果、ボーアの原子構造論、へえ、物理は難しい。90分の説明をぼんやり聞いた。ド・ブロイの電子の波動説、行列力学・波動力学、物理の世界、って動かない脳を動かすなあ。美術館を全て見て廻るか。事務職には並べるだけで十分に満足する統一感は味わえる。

2016-09-20 10:11:29 セキュリテイーって、ブラウザーのURLを限定しても、ある程度防げる、ってセンスだろうね。使い方を注意すれば防げると言うことか。まあ、ワクチンなって使ったことはないが、盗まれて困ることは何もない。ご自由に盗んでください、って実に面白い。多少の個人情報とそのときそのときの感情は載せるなあ。別にネットに繋がって、心理・精神・心気分が多少記述された整理が浮かんで来るのが愉快だ。自己満足とも違う脳へのインプットと確実になって居る、忘れても読めば、え、と再発見も起きるし、思い出すこともある、忘れて居て整理の素晴らしさに感動すらすることもある。

誰かの意見を求めて居ない。唯、書き切って居る。時間を遣り過ごして居る。塵の山な訳だ。75歳を過ぎたら有効利用を工夫できないか、5年間も考えれる、これは楽しみだ。

電気力線、ガウスの法則、テレビは面白い。体積の積分って面白い。任意の領域か。場の発散、場の回転、磁力線には発散がない。電場・磁場。電気力線は発散・回転で説明できる。場の法則。あれ、初めて聞く説明だ。そう言えば電気力線って初めて聞いている。直感は良く分かる。静電場か。by 放送大学

社会の事務職って使命はあるか。力学の世界に住み、計算が成り立つ法則を体感して、全ての記述の不完全さを如何丸めて生きるのか、鈍感でよい、疲れてもよい、俊敏で正確でも良い、そのとき、事務職は大きく活躍するよ。誰でも出来るときは出来る。根拠のない自信の大きな時間軸の投影で説明できるさ。右ねじの方向へ波が出来る。え、光の動きって力学なのか。それで生きているのか。味噌汁の残りをパンで飲みたい。

2016-09-20 00:31:39 遺伝子や生物って確かに神秘的で面白いが、化学反応で心臓の動きを説明されても納得したくない、これらを力学の世界と割り切るのは楽しい。事務職って、力学の中では生きていないなあ。人の脳の感情を重視していると思うと『銀の匙』のアナロジーも楽しい。アフォーダンスかな、アダプテーションか、3Aだそうだ。事務職も此処まで考えると尽きない。しばらく経つと再現性を失って何だったけ、そうそうと思い出すのも面白い。

大騒ぎして泰山鼠一匹となったとしても、小池センスは、時代を変えつつあるね。局長を移動させるだけでも良いさ。官僚の無謬性のシナリオもシーンもそしてテーマも見えて来るね。事務職の本領か、隠蔽のボロか、それにしてもモニター地下空間のスペックが違い過ぎでまだ見せないって、シブトイ官僚が居ることも面白い現実だね。事務職の沽券・孤剣・コケンなのか。

2016-09-19 22:31:40 模倣の公開性か。秘密にするな。事務職の忽は模倣、そして秘密。だから厄介なことを時間軸で投影する。豊洲問題の秘密がばれると大変だ。南スーダンの駆けつけ警護も秘密。そして、模倣が2つとも極めて下手糞だ。事務職の最も矛盾することで、不足を並べるだけさ。遊びに「アゴーン」(競争・試合)、「アレア」(賭け・運)、「イリンクス」(眩暈・一人遊び)、「ミミクリー」(模倣)とすると模倣が重要だろう。まさか、運でも試合でも一人遊びでもないだろう。事務職は運・試合・一人遊びをしないだろう。遊び・不足・対話の中では模倣遊びと割り切ることだ。解決策は遊び・対話・不足へ回帰するだけ、小池活動計画はドラステイック実施される。上位事務職の大活躍となる。

 「文明は他者への有機的な適応のかわりに、本来の模倣的なふるまいのかわりに、まず最初は呪術的な局面において模倣の組織的な操作をおき、最後に歴史的な局面において合理的な実践、労働をおいた」生物論から戦争論まで、擬態(ミミクリー)から文学にまで模倣論だ。この記述を見ても文明ってhowtoを徹底的に洗い出すことだと思う。2016-09-20 01:06:09 

2016-09-19 19:43:12 人的投資1京か、大雑把なコメントも事務職の提言と感じると、研究が投資、ビジネスの投資は人投資の資源バランス・資本蓄積と割り切るか。事務職の考える世界は広いなあ。知恵・知識・知能の獲得した人材資源の蓄積ってお医者のセンスを手元のテレビ・タブレット・スマホで手軽に判断出来ることか。凡ゆる仕事の上位協力社会の構築センスを言うのか。所詮、人集団の縁を強化する程度の社会実現と割り切ることか。なら、事務職のもっぱら得意とすることだろう。

2016-09-19 19:14:16 直近の取引をまとめてブロック:元帳に記録し、数学的に書き換えできない状態に固定、作業は誰が行っても構わず、最初に答えを発見した一台のコンピューターだけが報酬のビットコインを得る。生成されたブロックは古いブロックに接続されて、相互に連鎖しながら列を伸ばす。大福帳のように、ブロックの連鎖、ビットコインのマイニング競争に誰でも参加できる、開かれパブリックチェーン計算競争が激化し、高速コンピューターを大量に設置しマイニング工場が建設された。この説明って実に滑稽で面白い。事務職のパラドックスなのか、計算が出来るのか、出来ない人が参加できるのか。10分って意味があるのか。事務職の最先端って大福帳がヒントって興味は尽きないが使いたいと思わない。パラオリのイメージが重なるのが不思議だ。

2016-09-19 16:11:41 若い内は偉い人の考えていることに気づくチャンスは案外少ないだろうが、40前には誰にでも事務職の全体像って理解でき機会は訪づれる、自分が判断する機会はトップと全く同じとも気づく、そして40代へ突入する。病気が現れることの40代では極小的ではあるが事実として起きる。人それぞれの人生が見えて来るのが40代だろう。不惑と呼ばれる所以でもある。30代の後半って健康を気遣い、仕事に夢中になり、機会の少なさに悩み、出来ることを確実に正確に遣り遂げることが可能な時代とも言える。

まずは健康に留意して、与えられた仕事の構成を徐々に変えて行く心掛けって、決して無駄にはならない。そして得意なことを丁寧に尽くすことで、先はは開けると信じることも人生の忽であり、時間を遣り過すことでもある。

絶えず、現在が時間軸の未来へ投影する今であると事実を感じ取ることだ。無理はするな、無駄はない、斑は楽しめ。

2016-09-19 15:54:34 一言、事務職と呼んでも色々とある、仕組みを作ったり、メッセージしたり、段取りをしたり、と分かり易く多肢に渡り説明を尽くすと誰でも身に付ける作業と呼ぶことや、限られた人が発揮される作業と呼んだり、する常識と呼ぶことが、社会の現実・事実・虚実とない混ぜにしたいと直感することが楽しい。ニュースのニーズもこれだけ解説すると人集団の様々な模様が見えるし現実に事務をしている人達にとっても、その上部の事務職の意味が見えることにならないか。企画とは誰でも推測できるし、企画は限られた人がするとしても、データとして事実の裏に確実に現れると説明したい。

2016-09-19 14:02:58 小池さんは、オリンピックを上手の出張しながら、世論を形成することに成功したなあ。小池さんの事務職としての才能が光るなあ。選挙のお手舞の統一されたメッセージの発信能力は実に緻密な事務職の肝要なスキルと見える。当選されてからの2ヶ月の段取りと的確な行政能力は実にタイムリーに発信され、one voiceと局長の移動を進めるとリオで発信した。さて、17局の何人の移動が実現するのか。3人程度か。

 そして、来週から都議会が始まる。最初のメッセージは来年度の予算編成なのか、副知事の人事なのか、5人も居るなら3名の首は勝手に切れないとなると、選挙のドサクサで決まった事は見直すと法律に触れないと行政訴訟されるか。議会が機能するか如何か、が事務職能力として問われるのか、百条委員会って、機能するか、正に・当に、事務職が問われるだろう。それにしても、皆さんが豊洲の問題・課題・障害に詳しくなるね。

 モニタリング空間・技術系官僚・環境系・建築系、さあ、庶民の理解が進むことが何が起きるのか。官官接待の時代を通り過ぎた。都とは心配ゴトがない。上に行かず横へ行く。へえ、事務職の知恵・知識・知能なのか。5棟の発注も完成してモニタリング空間のスペックの違いが多過ぎる事実も工事・建設が丸投げであったことが如実に現れている。改造を前提とした工事なのか。これこそ事務職の奥の奥なのか。

 砕石土壌の下も危ないか。まあ、当たり前だから絶えず観察監視しながら使うだけでしょう、ってことを事務職は考えた。福島原発の事故も同じ思考回路で事務職は考えていた。東京電力の会長って事務職の極みで司法からの責任も逃れた、事務職の冥利とも言えることが日本の現実と理解するべきだろう。

 自民党都連の小池指示区議会議員への処分って、天下分け目、これこそ事務職の天職なのだろう。10月中に離党勧告とは興味深い。自主的に党を出ろ、さもなくば、除名させる。それでは新党を作るか。作らせる意図とも呼べる。若狭議員を支援しろ。え、逆なのか。

 長門平和条約で衆議院解散って面白いね。事務職の暗躍が伺える。まあ、東京10区補選の後なの前なの。二階 俊博(77)の上手さなのか。小池塾も面白いね。行政が今日も動いているのが事実だろう。事務職が大活躍の様だ。これからですよ。時間軸への投影と観れる。テレビ番組のポスタープレゼンテーションって良く出来ているなあ。これも事務職のタレント性を感じる。拙い情報を面白可笑しくしている。晋三の後ろの事務職が一番大勢でアイデアもあり面白くもある。

2016-09-19 12:46:02 ストリーミングサービスではダウンロード販売よりも売上が低い、コンテンツビジネスの覇権にダメージって最近のビジネスセンスとして画期的と感じるが、誰のアイデアだろう。事務職のアイデアと感じるなあ。個別回数からまとめ使用権サービスへ変化するグローバルとは面白い。個人からすればサービスを受け取る時間でコストを支払う時代である。と、事務職なら当然考える時代が来る。個別国ごとのサービスとなると説明するか。本を日本人へ売るビジネスを変えたいものだ。読む時間でサービスを提供したと考えたい。

 本・新聞・雑誌がドラステイックにネットワーク化したい社会ニーズって何だろう。この業界にもっと大勢が参入する機会を作れる企画があり得るか。この企画って長期対策の事務職は、如何企画するだろう。これを考えるのは楽しいだろう。日本の本は全てネットに保管されて日本人が読む時間でサービスすると、誰でも2次3次n次加工を自由にさせると面白い。例えば明治からの新聞をネットで読めると誰でも日本史の現代史を作れるなら、勉強としては実に楽しいだろう。特に、明治から昭和20年までの歴史は世界史の中でも興味深い現象として様々な意見が並ぶだろう。

 これを言い出す事務職の人達って、総務省なの、って疑問を持つと、障害・課題・問題を突き進めるのは誰だろう。民間が遣るだけか。競争相手はテレビ地上波の業界か、出版業界か、印刷業界か、4k8kで本が読めるのか、タブレットが普及するか、テレビの買い替え需要を起こせるか、スマホで読む人が増えるか。社会教育の本質的改革が急速に起きるのか。事務職は企画するか。普通の人が情報を読む・眺める・感じる時代を呼び起こせるか。

 極普通のセンスの事務職がすべて関心を持たせるのは、何を切っ掛けとするか。テレビ地上波が争うことか。テレビ・タブレット・スマホがWiFiで常時繋がり、テレビのリモコンにタブレットやスマホが代わる時代って急速に訪づれるとシーンを浮かべる事務職が現れるのか。来年現れると、2年後は普及するか。

 ところで、豊洲環境のチェックを7回終わったそうだが、8回目は各棟の地下室をチェックの対象にするのか、今までチェックしないので対象から外すのか、さて、事務職の頭脳は如何動くのだろう。賢明な東京都官僚はベストな行動ができるのか。来月のことだから直ぐに分かるなあ。局長と技術部長が新設されるのか。実に興味深い。事務職の本領が発揮されるのか、腰砕けになるのか。2016-09-19 13:56:49

2016-09-19 05:26:55 小学校へ歩いて行ける、仕事に出かける前に未就学児を預けれる、選挙は全員に通知され投票所では全員が指名を文字で記入できる、これで地方政府の16万人が夜20時には全員帰宅すると何が起きるのか。

 歩く街が普通になるのか、通勤に1時間以上掛けるサラリーマンがどれだけいるのか。企業が地方へ移転するのか。東京が如何フラット化するのか。土地神話が消えているのか。不動産神話が見えなくなるのか。

 さあ、グランドデザインの時代だろう。オリンピック予算って土木・建築・汚職に寄り過ぎて居たって総括できないね。官僚も何か足りないなあ。消費税10%でも滑稽だろう。東京クーポンでも発行するか。不正自給を止めるか。産業を興せるか。文化を興せるか。官僚の仕事が如何変化しているのか。首相が世界を飛び歩いている。これって凄い現象だろう。

 北を米軍は本気で遣るか、肺炎の当選者が遣るか、メキシコの壁の君が遣るのか、時期は冬なのか、中国は軍を動かすか、斬首作戦は生け捕りだろうか。すると平城裁判が実施されるか。北に手引きする人集団が顕在化するか。これに関わるのは韓国人か、朝鮮系米国人か、北鮮系中国人か、裏切りが起きない風土なのか、シリアやトルコやクルドの多様性を朝鮮半島は持たないのか。親北勢力が韓国に大勢いるとも聞く。政治風土が違うのだろう。考えるに米国軍人の事務職って案外、難しさを極めて正確に押さえているのだろう。

 遣るならトップだけを裁判に掛けるシナリオを組み、シーンを押さえ、テーマを人道的観点から実施したと纏めるのか。イラクの未確認兵器どころの騒ぎではない。その現実を北は徹底的に恐れている。この勝負は以外と早いのか。核実験を後数回したところで、米軍がオバマが動かすことも考えるなあ。10月に遣ると凄さは通り抜ける。訓練やシミュレーションは徹底的に遣っているだろう。米韓合同軍事演習では実戦に変わることもある。リアリテイーは十分に伝えて来た。

 オバマのレガシーとは何か、結局、黒人として大統領になった。そして弱くなった米国を実現した。もし経済が弱いとなると、強く出来るのか。TPPではない世界規律って何だろう。グランドデザインって新たな闘争か。次の老人大統領の副大統領がすべてを決めるのか。デシジョンのトレースを見ている事務職が決定しているのか。

 日本が長門平和条約を結ぶと米国は何をするか。キャロライン・ケネデイーは日本を去っているか。

2016-09-19 03:35:01 移動・計算・計算結果飛ぶ、3つの命令で無限メモリー空間を飛び回るソフトが作り出す意味空間って凄いことが実現するスマホを道具・ツールとして人間社会に文明を与え文化を授けた。howtoを徹底的に考えさせ、生活の営みを大きく変えた。この持続するエネルギーって人類の太古の昔からある事務職の内容を変える潜在エネルギーを感じる。まだまだ、利用尽くしていないと誰もが感じるだろう。紙が消えて大丈夫か。生存がスマホを持っているか如何かで保障されるかされないか、と厳しいGPS空間時間に記録される地域社会が生まれるのか。スマホで生存情報が持続確認される社会って高度なのか。生活・経済・政治の活動が相互監視・相互扶助を実現するのか。自由・寛容・xxxを実現する社会を提供することが出来ると胸を張れるか。企業は何を提供していると言えるのか。人集団は何を提供できると説明できるか。デザイン・エンタメ・技術と分野を絶えず深めることが出来るのか。遊び・対話・不足と問題・課題を解決続けれるのか。地域自治・地方政府・国家政府と人の移動・ルール・ロールを変えれるものか。人口減少社会を食い止めれるか。健康・病気・老化を監視しベスト対応をスマホが実現する社会が既に実現しているか。仕事・スポーツ・音楽がノビノビと豊かに成長する社会って実現しているか。スル側・ミル側・コーデネート側と上手に廻る社会を創造できているか。これからがチャンスと誰もが感じる社会が作れるか。人集団エネルギーを上手に昇華できるか。貧困・格差・差別を解消できるか。何でこんな簡単なことが解決できないの。もう直ぐ解決できるかなあ。来年は幼稚園や保育園に入れない人はいないのか。え、これって現代日本で初めてのことか。

摩伏殿と呼ぶ地方政府、東京都16万の職員が如何変わって行くのか、自民党下部組織の変容が如何見えるのか、スマホが変えるとは誰も思わないのが面白い。アプリがまだまだ足りないだけか。1300万周辺入れて3000万の動向が何を如何変えるのか。生まれて大学院卒業まで教育が無償になる日が見えるか。仕事が溢れる社会が作れるのか。全体をリアルに一瞬で捉える社会の仕組みって事務職が担うのではないのか。スマホが担うのは見えているか。価値社会が作れるのか。IOTが繋げる社会って事務職が増えるそれとも減っていく。未来社会を如何見せるのが智慧なのか知能なのか知識なのか。芸術が豊かなのか、科学が斬新なのか、ビジネスが革新なのか、政治の保守が如何変わるのか。東京10区が燃えるなあ。

社会が何となく不正を感じる、豊かさが消え、斬新さを失い、革新さが見えない、自分達の自信が、国の債務1000兆を超える社会実験で見通せない、企業の内部留保がxxx兆に膨れ上がり、国民の預貯金が1300兆に積み上がり、来年は借金が不可能になる時期でもある、GDPが500兆を割る恐れを感じる、日銀が如何総括しようと、グローバルマネーゲームの行方は崩壊するかも知れない、人件費を削れるか、ドラステイック東京改革が起きるのか、マネーを押さえるものが勝利するか、考えて見るに中間搾取を許す社会構造をそろそろ暴いても良い時代なのか。企業の生き死にを暴きだせるか。結局、都議の見えてる範囲って極端に狭いとなるなあ。如何テーマを設定させ、時間軸でシナリオを如何展開させ、一瞬一瞬のシーンを如何作らせるか、台詞・科白・セリフを如何言わせるのか、政治塾が難しい時代になっているなあ。2016-09-19 05:20:09

2016-09-18 15:06:07 半導体って、記述・計算をドラステイックに変えるなあ。力学も変えるか。ブロキング技術っで分散技術でソフトのクラウドインプリメンテーションを節約する技術なのか。面白い低電圧技術の半導体の進化が変える社会技術と感じると、5年のソフト技術は分散を基本として発展するのか。ソフトテストを含めて自動生成技術って、どんなネット社会を生み出すだろう。要件とテラ記憶が織りなす事務職の活躍が見えるなあ。例えば1万台のスマフホ社会内の金融状況は何を生む。1万台が1億台で社会は如何変わる。データは如何分散されるか。ガラクタ・スラッチスペースって如何化けるのか。事務作業空間が極めて狭いとなる時代は来るなあ。

 クラウドOSのニーズって何か、徹底的テーマって実に面白いだろう。生きているスマホのメモリーが供出される社会って契約で変われるのか、事務職の大活躍の時代だろう。市場が変われるか。転送技術がボトルネックになるのか。相撲が面白い。土俵の狭さがルールを保つ、あれ、色々のヒントがある。土俵には3人しか居ない。2人が一日一回の勝負を永遠に残す必要があるのか。番付だって消える記録として見るだけの価値だ。

2016-09-18 12:06:52 私の周りも一人住まいの人が多くなり、生協で買い物が出来ると一歩も外に出る必要のない人が増えている。そして突然、サイレンが鳴り、誰も居ない家が増える。5分程歩いても、空き家・一人住まいが増える。介護食の配達は有難い。一食が安全確実に配達される仕組みが本当に有難い。そして徐々にその日を待つ人集団は確実に増え、仲間なのか支える側なのか境目が消えつつある。相互扶助から相互監視まで様々のレベルと協力を眺める、人の出入りがある。

窮すれば鈍する。徹のツイートも滑稽なことになった。コメンテーターとして意味があるとは思えない。既に、日本維新も衰えた地域政党となった。人集団のもう一つの特徴なのだろう。デベートの相手がネットとメデイアだけでは政治にならない、弁護士的テーマから離れている。まあ、盛り土と地下空間の業者ごとに違いがあるのも滑稽な丸投げが見える。働かない都庁外部団体の非力が見える。権力の奢った歴史が見える。都庁って遣り甲斐のある人集団と眺めるのも面白いかも知れない。

事務職って、あらゆる所にある。誰でも丁寧に熟る仕組みを上手に作り出す社会は当然生まれるだろう。これからの社会の進化って、ニーズを重視してより意味のある、より量を質を品を高める社会のスパイダルな成長って具体的に如何なると論じれることだろう。事務職って政治インフラって呼べるのか。

2016-09-18 08:46:18 古希の俺自身が狙う事務職とは何か。11年3ヶ月何も働いていない。34年3ヶ月1社の経験があるだけだ。5年程度の時間を掛けて狙える事務職とは何か。お世話され上手ジョブってのは、考えている。ニーズを明確化できる。ネット社会のニーズ、時間的自由度の高い遊牧的人生を見渡しても、特に狙う事務職は見えない。

 肉体は確実に衰えている。忘れ物も多い。メガネを何処に置いたか分からない。押入れの上段からモノを運び出し椅子から落ちて擦り剥く痛さって大変なことだ。肉体の衰えって如何対策するか分からない、無理はしない、無駄は受け入れる、斑は自然なことと割り切る。人の最後半の覚悟なって、とっくに通り過ぎたと思って居たが、身体が動かない動けない事態には慣れていない。生活のひとつひとつに対応する時間的能力を磨き重ねる必要がある。コツコツ始めるだけだ。生活能力が酷く欠けている。これを事務職的観点からじっくり整理してやろう。モーツアルトは即興が出来た。

 これから5年間の衰えをテーマにシナリオを想定して、数十枚のシーンを写し出そう。個々の技術をコツコツ磨こう。手順・手筈・手際って事務職の本務だろう。予め体験して準備してスレッシュホールドを磨くことだ、時間が節約できる。脳が見えなくなるとこを明確に記憶させる。これは技術か。生きる原点か。じっくり行く。慌てても何もない。平均・均一・調律された肉体って有り得るのか。遠い制約、近い感動、ボンヤリした動き、時間を遣り過ごすだけだ。社会との関わりはネットを通して軽い事象を重く展開して見たい。案外、誰でもできる平凡なことだ。生きる順序って面白い。まずは息をしているか、はっきり出て、繋げて、くっきり刻んで、十分伸ばしてフンと切る。

 一日を眺め一週間を考え一ヶ月を工夫し一年を返り見るそして一年をデザインする。耳が良い動物牛か。被爆牛。300件。330頭の牛は商品価値はない。自分で食べる牛。1500頭餓死1800頭が殺処分。大怪我の牛。3.4ミリシーベルトの牧草。食わせることが出来る牧場。342頭の牛。ボランタリー。忘れたくない。役に立つ。獣医。理念。希望の牧場。ナンセンス。唯で貰える牧草。お墓。死ぬまで支援。1500万円掛かる。15年の寿命。これに習うか。当面、居合いでも完璧初心者として挑戦する。まだ、心の準備だけだ。

 生きて居て良かった良かったとも思わぬ、よく死ななかったって、奇跡なだけ、椅子から転げ落ちて、え、大丈夫って不思議なことだ。これからどれだけ生きるのか。自問自答しても答えはでない。11年も生きたとは想定していなかった。

 幸運を得た以上はこれを伸ばす。レンドルミン体質を変えている。少し痩せる意図を持った。音楽的肉体のトレーニングを持続するが無理は避け無駄を楽しみ斑を少なめにする。肉体・精神・心脳を上手に一枚向上させたい。70代の意味は全く違うと考える。

2016-09-18 05:58:24 ロシア人・アメリカ人・中国人・韓国人そして日本人の事務職・軍人を数で洗い出せるか。極東600万の人口にどれだけ必要なのか。東京進出の80人のロシア銀行が何を決めるのか。八エリア49プロジェクトの時間軸の延長は5年10年で如何変わって行くのか。大雑把な投資で回収は不可能な鉛筆が舐められるのだろう。ドブに捨てる資金と見るなら、事務職の思想は文化と文明の寄与に如何影響を与えるかで見るだけだろう。

 プーチンの元気な権力に縋る600万人が1000万人になるか、400万人になるか。このエリアにプロジェクト改革は起きるのか。非効率・非効果・非効品プロジェクトのオンパレードとなりトップに収まる事務職の汚職・賄賂・犯罪の温床になるだけか。ロシア人の日本語の使い手の本音が面白く伺える。晋三の覚悟を期待している、と同時に日本語で仕事を選んで被害者とも言っている。今回は特別だ。非可逆的最終決着って韓国問題も滑稽だが、その程度の無駄金を如何ジャステイファイするか、ビジョンを訴え事務職の健全化相互監視を計るだけだろう。

 何も知らない福島県民300万人が5年間の復興事業で如何なったか、同じコトでは全く違う600万人の5年を如何コミットするか、600万人*100万円*5年=30兆と事務費用とする程度のことか。300兆程度か。我が命の5年10年と北方4島の返却の経済ターゲットを如何見るのか。プーチンの過去の体験と晋三の体験が利害の一致が見えるか。プーチンのサインだけのことだ。日本人の覚悟が問われることでもある。晋三は変わるか。

 500兆のGDPの国家が福島に掛けた税金をロシアに掛けれるか、同意は得られるか。3兆もないのか。中国の事務職の方が優れているのか。サムソン程度の事務職か。ロシア事務職の質は極端に貧しいのか。食い物では大差ないのか。自分勝手に遣るには自然は厳し過ぎるのか。グローバルって事務職の行動が解放されることと割り切るか、そこに格差は自然発生している。商売の転がし方に大きな格差が今の現代にある。絶えず誕生している。情報公開の本質が極東シベリアを変えるか。

2016-09-17 19:34:01 人集団に於ける事務職とは何か。トップは事務職か。政治家は事務職か。芸人は事務職か。MCは事務職か。官僚は事務職と専門技術職とに分かれて採用される。事務次官・大臣と言うように官僚のトップは事務次官と呼ばれ技官から採用されることはない、少ない。さて、営業職技術職マネージメント職事務職と分けている企業もある。企画って誰の仕事、企画職ってあってもよいが、予算を決める視点から事務職が遣っている組織も多い。

人集団の書類を付ける人達が事務職、記録を付け、お金の出入りを付け、何を買ったか何を償却したかを付ける、と並べると人物金情報を時間軸で全て付けるのが事務職、と義務教育で教えていないなあ。

学者は自分のことを事務職と呼ばないが、90%以上の作業は事務職だろう。大抵の職業は事務職が70%以上だろう。車掌は事務職か、運転手は事務職か。駅長は事務職か。全ての人集団の事務職を徹底的に洗い出す社会って、次の100年で如何なる。詰まらない発言だが何か有効なことが起きないか。公の仕事の事務職は全部観れるようになる社会って、当分こないが、来ると如何なる。

例えば、放送大学の全ての資料を公開すると如何なる。個人の成績以外を準備・企画・運用・実施・保管・・・を全て公開すると何が起きる。

コメンテーターって事務職だ。て、仮設して彼らの意見は実に簡単と並べる価値はあるか。

本なって事務の極み、本の紹介って事務、出版業って事務職の業界だろう。全部記録取って、必要な人が観れると如何なる。紙に残すことを全て事務と呼ぶと歴史は紙を読むことで継承された。

日本語で残された知識・知恵・知能を全部読み込んで並べたら如何なる。どんな単位で並べることって考えれるのか、そこを考えたい、全てデータとして取り扱い、如何並べるか、何が生まれるかをペアで考え尽くすと、何が残るか。

ふと、安倍晋三の8っ個の提案を時間軸で実現すると600万の極東シベリアに何が生まれるのか。8つの場所の事務職は何を考えるだろう。病院を作り野菜工場を作り大学を作り物流を考えて、住むことの変化を暗示するとロシア人は如何考えるのか。面白い実験だね。自力更生を当然考え、徐々に生活が変わることを積極的に受け入れ、犯罪は当然不正を生み、それでも好循環が実現するか600万の住民が、如何変わって行くか。コンビニでも輸出するか、1000店舗をロシア人に経営させるか、民間が遣るなら面白いがどれだけ時間が掛かるのだろう。店長を融資して借りさせ遣らせるか。これは難しいのか不可能なのか。ロシア人のプライドを育てれるか。10兆円を初年度に投資して次年度に全て消えるか。病院ならロシア人の医者がどれ程の水準なのか。それを10年で如何変えるのか。こんな企画は日本人が延べどれ程投入され、相手はどれ程の受け入れ体制を作り、と8個のエリア49プロジェクトを個別に事務処理して、時間軸で完了基準を刻んで、見える化し受け入れ化し、マイルストーンを如何10年間化するか、その数字に、領土の所有権を認めさせることができるか。2島は即変換、3島目は5年後、4島目は10年後、ここのプロジェクトの受け入れ側の対応と日本側の人材派遣の実現性にリンクされ最長50年で全ての4島は日本に返還される。詰まり、長門平和条約とはこれをどれだけリアリテイーのあるものと画けるか。プーチンは5年後をコミットして成果を晋三をコミットできるか。高々か5年で3島目が帰り、少し努力すれば4島目が帰る、全ては金だけでない、ロシア人民が成長することだし、ものを自分達で作ることだし、金を生み出す仕組みのロシア人極東社会を企業・大学から幼児まで創り上げることだ。600万人が5年後10年後20年後50年後を自分達で組上げる努力が出来るか、もちろん、協力するのは日本人だ。福島300万人が5年で如何なった。それの2倍のサイズと100倍の広さで何が出来るのか。数字をナメるプロって事務屋か本物の事務職へ成長させれるか。ロシア人が自分で作る経験がないのか。ガスプロって相当にヒドイ技術者が遣っている、漏れ漏れのパイプラインだらけとも聞く。それを如何文明として教えるか、文化とし人集団の営みと変えれるか。問題・課題は溢れるばかり、さて、晋三は決断できるか。ロシア人は犯罪者の毛の生えた程度の生活の営みで満足して来た。ここに計算・力学・少しの記述に耐えれる文明を無理に押し付ければ5年以内に失敗するだけ、それを失敗と呼ばないで、続けられるか。福島復興プロジェクトが参考になるだろう。質と品でアプローチし量はロシア人の内部努力を引き出すだけだろう。ロシア人も全員が質を向上できないことも少ないと感じる。4島の領有権を認めさせ、実績で5年で3島目、10年で4島目を帰させることだ。固有の領土だから、プロジェクトの量・質・品をじっくり詰めて行くだけだろう。初年度は学ぶことからだろう。地域開発のモデルを600万人口で創り上げることだ。現状のロシア人に難しいことは求めないことだ。その成功は世界へ輸出できる。法の整備もアドバイスすることだ、行政も輸出することだ。丸ごと輸出のセンスアプローチだろう。ロシア人の文明をhowtoに限って啓発することだ、生活の営みはロシア人文化を生み出すことだ。日本的ものは徹底的にhowtoに限ることだ。実に平凡な革命を手伝うとコミットするだけのことだ。勿論、援助ではない、我々のビジネスの発展にも寄与させることだ。

2016-09-14 17:19:08 徹のコメント、やあと、普通になったか。参議院に法案を100本も面白い。手続きって案外、楽しめるのか。

徹2016年09月14日 12:09小池知事が都政に光を当てたことは凄いこと

①建物の地下空洞は配管設備等のために必要。手抜き工事ではなく計画変更の話。
②地下空洞は環境モリタリングともし汚染物質が発見されたときにそれを除去するためのスペースとして作った。
今やるべきことは、市場内と地下空洞の計測だ。これはすぐできる

豊洲問題。専門家会議の4.5メートル盛土提言がおかしかったのでは?。
建物下に4.5メートルの盛土が絶対に必要なら、
建物下の地下空間を考慮して豊洲全体はは4.5メートル+地下空間高さ分の盛土が必要。
専門家会議は地下空間の必要性を見落とした?それを考えるのは技術者会議?

都は専門家会議が地下空間の利用は危険であると指摘したのを受けて、日常的に人間が地下空間を利用する計画を止めた。
配管設備を設置するピットにした。配管設備の設置のための地下空間利用までも禁止事項だったのか。
専門家会議の指摘を受けて変えるべきは計画を変更している。

小池知事が都政に光を当てたことは凄いことです。
報道やコメンテーターが指摘していない事実を知事、市長の経験を基に指摘する、僕の今の役割です。

都が専門家会議や技術者会議とコミュニケーションをきっちり取っていなかった、
都民・関係者にきちんと説明していなかった、問題視したのは小池知事の功績です。

人格攻撃や感情的批判、理屈の通った批判は真正面から受け止めてすぐに受け入れました。

 2016年8月23日。党名を「日本維新の会」に復活させた日、松井一郎代表は、「臨時国会(9/26~11/30の見込み)の期間中、参議院に法案を100本提出する」。

 “法案提出100本作戦”は、政党としてのポテンシャルを掘り起こす、急きょ設定されたプランです。

 本当に実行された、憲政史上初めてです。法案提出の先に潜む“根深い問題”に、国会改革の奇策となりうるのか? 、作戦の進捗を見届ける。

 委員会審議を実現し法案の提出者、委員会の中で答弁に立つので、相当な覚悟、相応の準備です。衆議院の委員会でも繰り返しです。体力的な負担は、想定の範囲内です。

 法案審議に待ったをかけるルール(待ったのルール)です。①自由民主党、②民進党・新緑風会、③公明党及び④日本共産党の四会派が、待ったをかけるルールです。法案の審議も先着順、提出順に、処理が確実に進んでいく。議員立法、他の会派が必ず待った。政治的に様々な事情、思惑が絡む中で、会派がお互いに待った、法案審議が自動的に進まない。法案審議に待った、会期末を迎え、廃案になってしまう、日常の光景です。

 「待った」のルールは、衆議院にも存在します。2月19日、民主党、維新の党、日本共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの野党5党は、安保関連二法「廃止」法案を共同提出の廃止法案に対して、おおさか維新の会(当時)だけが、待ったをかけた。

 廃止法案は廃案になってしまった。「領域警備法案」「周辺事態法改正案」及び「PKO法改正案」の3法も提出、衆議院の委員会で実際に審議が始まって、野党5党の間で、安全保障政策に対する基本的な考え方の相違が露呈「野党共闘論」にマイナスの影響が出る、法案審議を始めることに消極的だった。委員会の場に野党5党を一斉に引きずり降ろし、各党の法案提出者による答弁の矛盾を世に明らかにしよう。

日本維新の会は「待ったのルール」と決別すべき、今回も法案100本を提出する。あいまい決着を一切許さない、提出しっ放しでは済まない。

 法案審議の質・量の充実という、国会改革の要諦、“根深い問題”に、日本維新の会が果敢に挑んでくれる、国民全員に共有される。

@@@ 半導体産業の成長を支えてきた「ムーアの法則」が限界、微細加工技術で最小線幅が7ナノ(ナノは10億分の1)メートルに達する2020年、半導体はどのような技術革新「半導体集積回路の集積度は1年半から2年で倍増する」 半導体チップの基本素子のトランジスタは小さくなると性能が高まり、1つのチップに収まる数を多くできる。微細化を追究、回路の線幅を細くする技術開発、2015年発売の最新型プロセッサー「Skylake(スカイレイク)」は線幅が14ナノメートル、10億個以上のトランジスタを搭載した。微細化が進むと、電子が配線から漏れ出す電流は微細化が進むほど指数関数的に増え、トランジスタが動作しない、7ナノメートルが限界。

 現在0.7ボル、0.45ボルト前後にまで下げるとトランジスタの動作が不安定。「ナノワイヤ型」が実現すれば、7ナノメートル。3次元化だ。立体的に接続する。メモリーカード、30~40層積み重ねる技術が確立、プロセッサーにも応用したい「とても難しい」様々な機能をもつ回路を3次元で一体的に集積する設計方法や製造技術だ。

 生物の脳の神経回路を模した米IBMなどが14年に試作した「トゥルーノース」では既存のプロセッサーの5000分の1。「量子コンピューター」機能は限定的だが、世界初。あらゆるモノがインターネットにつながるIoTにチャンスはある。

@@@アップルペイの利用動向、「来年の今ごろ、アップルミュージックやアプリストア、iCloudを含むアップルのサービスの経済規模は『フォーチュン100』企業全体に匹敵する」2016年7月26日、第3四半期(4-6月)のサービスの売上が59億7,600万ドル(約6,125億円)。前期の59億9,100万ドル減少、前年同期比では19%の増加。ビルボードは4月、アップルミュージックとiTunesの第2四半期の売上合計、サービス部門の約13%8億ドル(約820億円)だ、アップルが世界の音楽ダウンロード売上の70%、アップルミュージック会員の4分の1がファミリープラン。アップルの会員数を当時1,500万人強、今後1年で2倍。音楽ファン現在、楽曲を個別に購入なく、サブスクリプション形式で聴くスタイルが人気。アップルがダウンロードスタイルに固執したら、競合サービスにユーザーを奪われた。アップルは2011年から2015年、スポティファイに800万人のユーザーを奪われた。ユーザーはiTunesからのダウンロードを大幅に減らした。分野に参入。

ストリーミングサービスではダウンロード販売よりも売上が低い、コンテンツビジネスの覇権にダメージ。
アップルのストリーミングビジネスへの参入は、大きな決断だ。

@@@ 仮想通貨は金銭的価値を電子的に表現した。二重使用を防ぐ。ビットコインはマイニングによって不可逆的な記録を作る。サトシ・ナカモトが編み出したマイニング、直近の取引をまとめてブロック:元帳に記録し、数学的に書き換えのできない状態に固定させる。作業は誰が行っても構わず、最初に答えを発見した一台のコンピューターだけが報酬のビットコインを得ます。生成されたブロックは古いブロックに接続されて、相互に連鎖しながら列を伸ばす。大福帳のように、ブロックの連鎖、ビットコインのマイニング競争に誰でも参加できる、開かれパブリックチェーン計算競争が激化し、高速コンピューターを大量に設置しマイニング工場が建設された、人工的に作り出された希少価値ビットコインにも主要な産出地、中国東北部に偏在する、東欧諸国や北欧にも工場がある、実態はよく分かって、冷涼な地域が適し、電気代の安い地域が有利、ビットコインの獲得を競う。中央型仮想通貨、1人の発行者がブロックの生成に責任:プライベートチェーン、複数の企業コンソーシアムでブロックを生成する、当番制で順番にブロックの生成を担当:コンソーシアムチェーン。

 分散型仮想通貨に発行者は存在しない、ビットコインをサトシ・ナカモト、創造主は存在した。ビットコインは人の手で野に放たれた、人の手を離れて自由に動き回る。無数のコンピューターのネットワークの中で、自然の生態系エコシステムが形成される。作者不明が、なぜお金として流通する、希少金属になぞらえる。金や銀などは国家の裏付けのある貨幣でない、商品貨幣として価値を有する。ビットコインは人工的に作り出された“希少金属”で、新しい商品貨幣の一つだ。ビットコインは、金属の採掘「マイニング」計算作業の報酬。発行量に関する約束事、有限の鉱物資源でない。ビットコインのマイニングは早い者勝ち、計算競争は熾烈の競争には毎回必ず一人の勝者。平均して10分ごとに世界の誰かがマイニングに成功、報酬としてのビットコインが新規に発行。10分ごとに一定量ずつ増える、未来永劫に無限に発行される、有限の希少価値でない、発行量には上限が設定。現在のペースで推移すれば、2140年頃には最後のビットコインが発行、仮想通貨は有限であるか。ビットコインの他に、アルトコインの亜種の種類は増加の一途にあり、700種とも800種、人工的に作り出された仮想通貨は、有限でない。

@@@若者世代や将来世代の生活水準低下、年金など社会保障制度に関わる世代間の公平、将来の国民生活の水準を大きく左右する「将来のため、また将来世代のため、いま適切な資本蓄積をしているか」「国富」の大きさに強い関心、1921(大正10)年には、国際連盟、第1次世界大戦前後の国富の大きさが調査、第2次大戦後の47(昭和22)年に国富被害に報告、政府は生産資本(設備、建物など)、土地、対外金融純資産「国富」を毎年公表、戦後の工業化の進展に伴い、設備機械などの有形資産が着実に増加し、経済成長を支え、人々の多様なニーズに対応して質の高いサービスの提供「超スマート社会」、人的資本や研究開発など無形資産の重要性。

 人的資本は、政府の「国富」に含まれない、大きさは働き得る人の数と将来にわたり受け取る報酬の割引現在価値の積。国連大学、日本では人的資本が生産資本を大きく上回り、最大の資本の総額は1京円(1兆円の1万倍)資本が毎年、約500兆円の国内総生産(GDP)、国民所得約370兆円を生み、所得の約7割が人的資本へのリターン労働に分配される。少子高齢化や生涯所得の減少で、2000年からの10年間で7%強減少。イノベーション(技術革新)を担う人材、広範な分野で人的資本の不足。90年代以降、人的資本蓄積、企業や政府の取り組みが不十分。

 第1に90年代初め、官民が財務体質の強化。株価や地価の大幅下落、景気後退、銀行は不良債権を、企業は過剰設備を抱え、政府は構造的な財政赤字、銀行、企業、政府、長期に、構造改革・リストラとなった。積極的な投資はなかった。08年のリーマン・ショックで再び大きく悪化、着実に改善、なお厳しい、民間部門の財務状況は大きく改善。官民必要な構造改革に、中長期の視点から競争力、成長力を高める、人的投資などに積極的に取り組む。

 第2に、出生率の低下や人口減少、タブー扱いされた、50年後も人口1億人規模を維持する、一億総活躍社会を実現し、出産や子育て、就学や就職の環境をつくる、人的資本の蓄積を重視、進学や就職を決める、将来についてある程度明確な展望、支援するための予算、税制、制度は安定的が不可欠である。人的投資が公共の利益にどの程度貢献するのか厳しい制約が課された。財政政策(予算、税制など)の中長期的な資源配分機能を高める。税制や企業会計制度の改革、官民ファンドの活用、働き方改革である。85年のプラザ合意は、日本とドイツがドル高・円安・マルク安の下で経常収支の黒字を続け、通じて海外に資産を蓄積していく米国が「ノー」だ。短期の景気対策の視点から、国内の住宅・不動産投資やインフラ投資を拡大が80年代後半にバブルを生んだ。日本が資本蓄積のあり方を再検討する。研究開発は投資としてGDPや国富に計上され、人的資本も含め包括的な国富の現状と課題について客観的な分析を深化、中長期の視点から国富の蓄積のあり方や方向性を巡り国民的議論を深める。

ポイント
○官民ともリストラに追われ積極投資不足
○人的資本に財政の資源配分機能の活用を
○中長期的視点から資本蓄積の議論が必要

@@@模倣の法則
万人の、万人による、万人のための模倣!
世阿弥が、利休が、芭蕉が、抱一がいる。
ガブリエル・タルドの歴史的名著『模倣の法則』は1890年代、チャールズ・パース(1182夜)が「アブダクション」。
 「自由」ではなくて、実は「模倣」や「類似性」だ。「自由は束縛しませんが、模倣はいけません」、「模倣の自由」こそがつねに抑圧され、収奪され、ひそかに独占されてきた。
 「文明は他者への有機的な適応のかわりに、本来の模倣的なふるまいのかわりに、まず最初は呪術的な局面において模倣の組織的な操作をおき、最後に歴史的な局面において合理的な実践、労働をおいた」生物論から戦争論まで、擬態(ミミクリー)から文学にまで模倣論だ。

 カイヨワが『遊びと人間』で、遊びに「アゴーン」(競争・試合)、「アレア」(賭け・運)、「イリンクス」(眩暈・一人遊び)、「ミミクリー」(模倣)を重視した。
 「似通った神話は似通った基礎から生まれている」「人間の最大の誘惑は類似のものを見つけだす」「類推こそが審美と叙情の両方に属する次元をもっている」「場面が複雑で、類似が強ければ強いほど、イメージがコミュニケーションにもたらす」「擬態は空間への同化をおこす」「一方には行為が、一方には神話がある。類似が結びつける」「夢が現実を反映しているのは、脳が脳を模倣した」
 模倣は類似性の母だ。類似性は生物社会から人間社会に、何かの鍵と鍵穴をうめる。

 古代ギリシアの哲学や詩学は「アナロギア」(類推)と「ミメーシス」(模倣)と「パロディア」(諧謔)“方法の王”、世阿弥は芸能の本質が「物学」(ものまね)にある。「モデル」や「型」が動いている。
 アリストテレスが「芸術は自然を模倣する」「自然は芸術を模倣する」と切り返した。「社会は模倣である」
 社会においては、「すべてのものは発明か模倣かにほかならない」「模倣は社会活動の基礎」、「模倣は本質的に社会学的な力」「社会とは、模倣によって、あるいは反対模倣によって生み出されたさまざまな類似点を、互いに提示しあってる人々の集合」である。
 「模倣が意識的であるのか、無意識的であるのか、あるいは意図的だったのかそうではなかったのか、を区別するのは意味がない」、「社会そのものが模倣から生じてきた」、模倣の意図ではなく、意図の模倣こそが社会に本質的である。

 「模倣は、人間の内部から外部へと進行する」「社会の内なる部分から社会の外なるものへと波及」「表象されるものから表象するものへ移行する」、「思想の模倣は表現の模倣に先行」し、「目的の模倣が手段の模倣に先行する」。
 「歴史とは、ほとんど無用で模倣されない発明が、いつまでも有用で模倣される発明にたいしておこなう助力と妨害にほかならない」「社会物理学におけるコミュニケーションの欠如は、物理学における弾性の欠如と同じ意味をもっている。前者は社会で模倣が生じることを妨げ、後者はぶっと使いで波動が生じることを妨げている」「模倣が当初から帯びている深い内的特徴、つまり複数の精神をそれらの中心どうしで互いに結びつけるという模倣の特徴は、人類のあいだに一種の不平等を増大させ、さらには社会階層の形成をもたらした」。

 「模倣は、それぞれ独立して存在しているのではなく、互いに支えあっている」「模倣もまた発明と同じように連鎖をなしている」「一連の創意と創始は、一連の模倣によって強められていく」、「自己の模倣と他者の模倣の相互作用によって、過去および現在において知られる熱狂や狂信といった歴史の力を説明することができる」社会は「一方的な模倣から相互的な模倣への移行」は生産と消費という活動の基本にもあらわれる。
  一族や共同体や家族を通した模倣だ。「家族が閉じた仕事場で、それだけで自足していた時代には、手作業や動物の飼育や植物の栽培のために、その方法や手順は、父から子へと伝達されていた。世襲による模倣しかおこらなかった」。

 市場による交換の濃度が濃くなってからの模倣だ。「その家族が別の場所ではもっとよい方法が用いられていると知ったとき、かれらは古い慣習を捨て、新たな方法を模倣するようになる。消費者が新しい製品を求めている」「内から外への模倣の進展の重要な帰結」

 なぜ模倣は歪められてきたのか。
 第1の理由は、模倣が本来は内面の模倣に依拠していた、外面的な模倣ばかりが広まって、思想と趣向、慣例と要求とのあいだに大規模な均質化がおこった。19世紀末に観察して、液状化し、フラット化するグローバル社会にも顕著だ。
 第2の理由は、巨大な戦争と巨大な企業が、勝手に模倣と類似を独占しすぎた。「機械が模倣と類似を食い尽くした」戦争機械と産業機械の問題である。
 第3の理由は、戦争代行から政治代行まで、法務代行から生活代行まで、近代社会は個人の模倣力や連想力を放棄して、代行者に委ねすぎた「普通選挙」と「統計学」の功罪も加えた、こんな見方は早すぎた。

 「アナロジー」をどのように社会的な作用論のなかに組み込んでいくか。
  連想力やアブダクションの問題、推論の秘密が動きまわる。
 「ミーム」人間文化にひそむ“意伝子”。ミームは社会文化的な模伝子だ、物語や神話にひそむ「ミュトス」「ミメーシス」のナラティブな模倣的連関には何がある、資本主義市場におれる「欲望」と「消費」の関係も、模倣論の組み立てる。
 価格決定に関する大胆な仮説では需要と供給のバランスで商品価格が決まってない、「模倣価格の法則」がはたらいている。

 認知科学や認知言語学、「類似性と思考性」の関係、類似構造モデルや模倣構造モデルの「アナロジー型高次知覚モデル」「最小合理性」「擬同型モデル」。

 蓄積可能なものを選ぶより、模倣可能なものを選んだほうが蓄積可能になっていく、ITコンテンツ時代、よくよく心する。
 「ミラーニューロン」、「人のふり見て我がふりつくるニューロン」、「真似」や「模倣」は動物発生学、オリジナリティや創造力を求めすぎた。

@@@『銀の匙』を綴った中勘助が手元の抽斗(ひきだし)の中に「遺伝子」未知の代物を見出した。図書室は、「放課後の秘密基地」、夢想のかぎりを遊べた、図鑑です。学習図鑑、植物図鑑群、あとは百科や大事典や地理図鑑です。500冊ほどの図鑑系。辞典もの、歴史もの、美術もの、科学もの、百科もの、変な図鑑も。

「原色牧野植物大図鑑」世界のお守り・魔除け文化図鑑、缶詰ラベル博物館からシェイクスピア百科図鑑、宇宙大全まで。
『遺伝子図鑑』信頼性はかなり高い。とくに図表化と図解化については、遺伝学の細部のしくみを一目瞭然にしています、遺伝学の入口から出口への道筋がうまく誘導できてます。

日本人の起源を始めとした、生物の進化について独自の成果。2012年、縄文人と弥生人とが混血を繰り返して現在の日本人になったとする「混血説」を裏付ける遺伝子解析を行った。

 1950年代後半以降に分子生物学、DNAやゲノム情報の扱いのオペレーショナルな精度が、神経細胞研究や大脳考古学や人類学と遺伝学が近づいた、「利己的遺伝子」(selfish gene)、タンパク質研究、遺伝病(優生遺伝疾患)の原因究明、ヒトゲノムの塩基配列が解明、クローニング技術が成功、ES細胞やiPS細胞、バイオテクノロジーが活用、一挙的な進展「遺伝学的科学思想界」が生物学の下敷き。

伝達遺伝学、進化遺伝学、集団遺伝学、分子遺伝学、行動遺伝学、発生遺伝学、生態遺伝学、保全遺伝学、ゲノム情報学(ゲノミックス)を包んで生化学、進化生物学、分子生物学、数理生物学が交差し対比され、相互に絡む。
 それだけに、これまで「遺伝」というと学校の生物学でメンデルの法則以上のことを習わなかった人々にとっては、かなり「高度な知」幹細胞や万能細胞やiPS細胞。

 ①「優性の法則」がはたらく、隠れていた劣性の形質が発現してくる②「分離の法則」、優性と劣性とが対立し形質はそれぞれ愚区立して勝手に伝わっていく③「独立の法則」、三つの発見がメンデルでした。遺伝子を自立的に扱う。
 血液型を発見したときも(ABO式血液型)、遺伝がもたらす表現型が注目された。

 21世紀の子供たちは早くゲノム情報知識に接して、大事な、中勘助のふりです。

ヒトには約200種類の細胞たちが約60兆近く、寄って組織や器官(organ)を構成している。


動物細胞の構造
細胞核を中心に、クロマチン、リボソーム、ミトコンドリアなどさまざまな細胞内小器官がある。

ミトコンドリアの構造

染色体の構成単位

RNAスプライシング

リボソームの構成

葉緑体の構造

DNAの情報はたった4種類の文字(生命記号ないしは遺伝暗号)が一列に順序を変えて次々に単語と文章の関係のように並ぶ。
 
可視形質の突然変異

「DNA→(転写)→RNA→(翻訳)→タンパク質」

tRNAの構造

図鑑の構成はⅠ「生物」、Ⅱ「遺伝子」、Ⅲ「人間と遺伝子」

キラキラが待っている。

@@@コンピューターウイルスの被害、社内システムとインターネットの接続ルートを分離し、ウイルスの社内サーバーへの侵入を防ぐ。独自開発の専用ブラウザーを活用、8月末までの登録台数が14万台「人材や資金が少なくても簡単に強固なセキュリティーを導入できる」ウイルスは遠隔操作で情報を抜き取るものや、操作画面を撮影してパスワードなどを盗むもの、セキュリティーソフトの頻繁な更新、2015年の個人情報漏洩による想定損害賠償額は2541億円の7割強は誤操作や管理ミスなどのヒューマンエラー、対策ソフトにも限界がある、インターネットと社内システムでブラウザーを使い分ける。ネット上にある情報を検索したりニュースを閲覧したりする一般的なブラウザーが外部からの攻撃でウイルスに感染してしまったても、社内システムについては独自開発した専用ブラウザー経由で利用する仕組みば、まずはウイルス感染リスクを減らす。

 専用ブラウザーは事前登録した最大5つのURLにしか接続できない仕組み。URLを直接入力する欄がなく、利用者は表示されたリストの中からアクセス先を選ぶ、接続先の入力を間違えたり、悪意のあるサイトに誘導されない。接続先の設定をタブレット(多機能携帯端末)やスマートフォンなど別の端末で行うことで、システムのURLや設定情報がパソコン内に残らない。ウイルスはUSBメモリー経由で感染する経路が、パソコン自体がウイルスに感染してはソフト自体を起動できない、1台の端末の感染が社内全体に広がらない、端末を社内システムから隔離する。専用ブラウザーを使って事前登録した社内システムを選択する、VPN(仮想私設ネットワーク)を通じて接続する。システムを使い終わると、ネットワークは自動的に遮断される。インターネットにつながった端末がウイルスに感染したり不正侵入されても、ネットワーク自体が通じていない、社内システムを運用するサーバーが攻撃されない。税別の年間使用料は端末1台当たり1万1800円(アドバンス版)、年内には40万台超え、機能を限定したスタンダード版(6800円)。

 ビットブレインは元NEC、13年に出身地の福井県。情報漏洩対策ソフト販売、オーダーメードのIoTセンサー開発やビッグデータ分析サービス。15年7月期の売上高は約7000万円。セキュアプロテクトゲート。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体温 交換活発性 自分ミー... | トップ | 知恵・知識・知能を付けて貰... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL