花②の よもやま話

好きな花の事など・・・

アオバズク

2017-06-22 21:43:35 | 

鬪雞神社の樹齢1,200年と言われるクスノキ 

ここに【アオバズク】がとまっているという

 

『ほら! 大きな左の枝から、上に伸びている枝の先の・・・』

と、懇切丁寧に教えて下さる、ご近所の男性 

その通り辿っていって。。。。【アオバズク】発見

フクロウの仲間なので夜行性・・・昼間は木の上で休んでいるのだとか

『一羽ですか?』

『いや、つがいでやってきて、雛も杜の中にいるはずや・・・

毎年、7月に同じ木の枝に並んで止まって、7月20日頃、旅立って行くんやけど

役所が間違えてその枝を切ってしまったので、鳥も面食らっているやろなぁ・・・』

『えぇ

『境内と、馬場のここと、杜の中のあの木と、3本樹齢1,200年の木があって、

社叢の木が人家にかかってきて困るので、枝を切ってほしいと頼んだら、馬場の方を切ってしまった』

『それと違うって言うたんやけど・・・県からこれを切るように言われていると・・・』

 

こんな由緒ある大木を、ズバズバ切るなんて・・・ビックリですね 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パトカーが気になる? | トップ | アガパンサス »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アオバズク (京都で定年後生活)
2017-06-22 21:56:56
こんばんは
アオバズク撮影できて良かったですね。
京都御苑でもアオバズクが営巣しているそうですが、私はまだ撮影できていないです。
京都では繁殖数がかなり減っているようで、愛鳥家垂涎の野鳥です。

おはようございます (楽母)
2017-06-23 07:55:57
野生のアオバズクを見られたなんて羨ましいです。
幸せなことが訪れそう。
私も知らなくて・・ (花②)
2017-06-23 10:14:41
毎日のように木の下を通ってるんだけど、最近、見上げてる人が多いのよね!
毎年、この時期来てるのですって!!

でも、木の陰で暗いので、肉眼では、目が開いているかどうかまで確認できなくて
神頼みで(?)何枚もシャッターを押しました

カメラマンの方たちは、きれいな写真をいっぱい撮られているようです

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL