あかねの独り言 パート2

武蔵野を散策して出会った生き物や
四季折々の花達の記録です

アオイトトンボ

2016-10-18 17:42:28 | 日記


イトトンボがお腹を曲げて何かの仕草をしているのを
時々見かける
昆虫写真家の尾園暁さんのブログで
”トンボに広く見られるクリーニングという行動で
翅と翅を擦り合わせて汚れを落としているのだと
考えられています”という記述を見つけた

よく見る不思議な行動で何を意味しているのかと
思っていましたがこれで謎が解けました!



リサイズしたまま忘れていたオオアオイトトンボ!



これもよく分からない?
メスグロヒョウモンとして保存してあるけれど?



今日も夏のような暑さでしたがこのナガサキアゲハを
撮影したのも一週間ほど前の暑い日でした
大きさやかけた翅に残っていた模様から
ナガサキアゲハでしょう



この絵だけ見ると春のように見えます
ヤマツツジが当たり前の様に咲いていて
ナミアゲハが来ていた



その少しあと駅のホームでヤブガラシの小さな花に
何頭ものアオスジアゲハが蜜を求めて来ていた
電車にはまだ少し時間があったのでしまってあった
カメラを取り出して撮影した
今年は天気が思わしくないこともあって
中々蝶を見に行けないのでチャンスでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の蝶 | トップ | クロコノマチョウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。