つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

忘れちゃいけない!

2014-11-25 09:47:07 | 能・狂言
お能鑑賞、備忘録です。


かれこれ1ヶ月以上前のことですが・・・。
今年も観月能へ行ってきました。


宮島の鹿くんたちのお出迎え。

今年の観月能は途中から雨になり、
仮設の屋根の雨音を聴きながらのお能鑑賞となりました。

鹿の鳴き声、潮が満ちてくる波の音、
周りは闇と静寂に包まれ、自然の中での能「杜若」
杜若の精が雨に濡れている風情、実に美しかったです。
おシテの謡、お囃子、雨音、なぜか調和がとれていたような・・・。

友枝さんのお能を見終わった後はいつもそうですが、
ふぅ~ため息。すごい!
そしてまた来年も必ず来ようと思うのでした。

終演後は東のブログ友のグループのお仲間にいれていただき、
美味しいお酒と肴でワイワイ、実に楽しかったです~。
ありがとうございました!

で、今回はじめて気がついたこと。
宮島のタクシーは夜7時で営業終わります。


翌日の大鳥居、
また来年もこの地を訪れることができますように!

JR宮島口駅近くのカフェで出会ったニャンコ、また来年会おうね!









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鼈甲

2014-11-12 12:47:47 | 独り言

鼈甲あれこれ。ほとんど形見の品ばかり。
長崎の名産ということもあり、こんなに集まっちゃった!

艶っぽくしっとりと手に馴染む鼈甲は好きな感触。
色合い好きだけど、使い方によって地味になりがちで・・・。
てなことで、使う手段もなく、タンスの奥にしまったまま。

向かって左から時計逆回りで
タバコケース、髪留め、帯留め、ベルトバックル、
ネクタイピン、ネックレス、中央がブローチ。

リフォームできないのかしら?

実家に帰った時にでも、鼈甲専門店に行って、
お伺いしてみましょ!







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サントリー美術館「高野山の名宝」

2014-11-03 11:44:44 | 美術・芸術
ちょっと前後しますけど、美術館備忘録です。
こちらは12月7日まで開催中。

サントリー美術館

宮島・観月能へ行く数日前に、
所用でこちらにいらしてた西のブログ友をお誘いして、
六本木・サントリー美術館「高野山の名宝」へ。

快慶、運慶、他の仏師たちの仏像は、力強く威厳があり、美しくあったし、
少し怖さもあった。

人間少しは怖いものあったほうが身のためかもしれない。

西を見ている仏像、東を見ている仏像、
見る方角によって、意味があるらしい。
仏像の目には水晶が、はめ込められていて
じっくり覗きこんだけど、逆に見られていた気持ちになった。

さて、美術館鑑賞後のお楽しみは、ミュージアムグッズをあれこれ見ること。


運慶作・八大童子像「制多伽童子像」の組み飴。

この飴は大阪の姉に送ってあげた。
義兄の大手術前、ちょっとでも力になれるといいなぁと思って・・・。


ごめんなさい!
組み飴「恵喜童子像」ではなく、「制多伽童子像」でした。
訂正しました。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カスヤの森現代美術館

2014-11-01 17:40:00 | 美術・芸術
美術館備忘録です。
この展示は10月26日で終了してます。

宮島・観月能から帰った来た翌日、
友人と横須賀・カスヤの森現代美術館へ行く。

「ヨーゼフ・ボイス来日30周年記念展」

ドイツ人アーチスト、ヨーゼフ・ボイスが1984年来日した時の
プロモーションビデオは興味深く、とにかく面白かった。

ボイスファンにはたまらない作品が展示されていて、
友人は教えてくれてありがとうと喜んでくれた。

私も理解を深めるとこができたし、
人間の行う活動は労働であれ、何であれ、すべてが芸術であり、
「誰もが芸術家である」というボイスのメーセージは強烈で、
まだしばらく心に留まっています。


敷地2000坪あるこの私設美術館、
裏山には250体の羅漢像が置かれていた。
手書きの地図が可愛くて面白い。







のんびりゆったりできる美術館で、こちらで出してくれた
軽食「クロックドムッシュ」とても美味しかったし、
紅茶もポットでたっぷりとあった。

我が家から案外近いこともあり、
筍が採れる時期、必ず訪れたい美術館となりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加