つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

尾曲メダカ

2014-03-24 23:53:58 | メダカ
     

この尾曲メダカは今年で満2才になります。
ここ4年の間、何千匹というメダカたちが生まれ育ってきたなかで
たまに尾ひれが曲がっている子も見かけましたが、
この子ほど極端に曲がっている子はいなくて、
おまけに自然消滅していくことのほうが殆どでした。

水緩み始め、メダカ鑑賞もぼちぼちとスタート。
一番印象に残っている尾曲メダカの安否確認できてほっとしてます。

今年も一緒に遊ぼうね!えっ?どうやって?









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昼と夜の顔

2014-03-13 08:48:08 | 
昼の顔


夜の顔


飼い主の欲目、
「茶トラのおっさん猫」合せて12キロ、可愛い!!



昨日3月12日は会社設立記念日だった。
8年目に入りました。
うん、よく頑張って会社経営していると思うな。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

美術館備忘録

2014-03-12 10:00:11 | 美術・芸術
ポチポチと美術館や能楽堂には行っているものの
ブログに載せることもなく。。。相変わらずぐ~たら。

えい!今年は備忘録だけでも!

横浜・そごう美術館へ3月10日最終日に行って来ました。
「黒田辰秋の世界 ー目利きと匠の邂逅ー」

家具、茶道具、食器類などを中心に約90点が展示。
木工技法は拭漆、朱漆、螺鈿、乾漆などで、
家具、茶道具、食器類などを中心に約90点展示。

特に目を引いたのが「朱漆四稜棗」でした。
グッ!使ってみたい!触ってみたい!

いまでは廃刊となってしまった季刊「銀花」で、
木工作家・黒田辰秋を初めて知ったのが40年以上前。
当時「日本民藝館」へ実物見にいき、眺めてきました。

人間国宝の黒田氏の作品、
川端康成、小林秀雄、武者小路実篤、志賀直哉といった文士たちに
「用の美」としてご愛用されていたのね。

また映画監督の黒澤明は別荘の家具一式を注文し、
当代の目利きとも言われていたそうな。
映画観ればわかるよ~だよね~。

約90点出品されているなか、
志賀直哉の遺品となった白タモ葡萄杢インク壺は
「銀花」に掲載されていた作品。

目福たっぷり頂きました。






1月にサントリー美術館へ。
平等院鳳凰堂 平成修理完成記念「天上の舞 飛天の美」


舞楽の天女たちに会いに行って来ました。
難しいお仕舞を習っていた時だったので、
いい力をいただけたような気分になりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桃と桃カステラ

2014-03-04 05:07:00 | 草花
昨日、3月3日桃の節句は終わりました。
よく母はお雛様は早く片付けないと娘の嫁ぐのが遅れるといってましたなぁ。

一日遅れになりましたが、桃と桃カステラUPしますね。

長崎・松森神社の桃。←梅かも?(^^;)




桃のお節句の頃、
長崎では、どこのお菓子屋さんでも「桃カステラ」や「桃まんじゅう」を
売っています。
    



     

我が家もお土産は「桃カステラ」にしました。


さぁ来年の雛祭りまで、このカードも早くしまいましょ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加