つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

良きクリスマスと新年をお迎え下さい。

2013-12-23 10:16:10 | 独り言
             


すっかりご無沙汰していました。
共に仕事をしていた仲間が急逝しました。
私が長崎に帰っている間にです。
前日の夜も仕事のことで数回、携帯でやりとりしてました。

気持ちが動転している中でも、仕事をきちんとしなければ
なくなった彼女も気掛かりでしょう。
センチメンタルな気持ちは胸の内に収めて、
いまは仕事、頑張らなきゃ!!


今回の長崎行きは、母のため、そして以前ブログにも書いていた
音信不通となったいて友人と13,4年ぶりの再会が目的でした。
彼女は乳がんを1年前に患い、まだ闘病生活が続いています。
それでも前向きで、相変わらずかっこいい女性で、
私に力を与えてくれました。

それにしても、今度の長崎行きは母のため、親友のためでない、
なにか私自身のこれから先、大きな変革の第一歩があるような、
そんな予感を秘めての旅行でした。

老いていくこと、その先にある死、またその先の先にある何か・・・・・
問うばかりですが、お能を観続けお稽古していることは、
心がブレることを修正してくれているようで
ありがたい気持ちになりました。

仲間の死は私が行くべく道に光を差し込んでくれたかもしれません。


とりとめのない内容になりました。スルーして下さいませね。


ブログ友のみなさま、
よきクリスマスと新しい年をどうぞお元気でお迎えください。


ごめんなさい。しばらくコメント差し控えさせていただきます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀杏並木を通り抜けて

2013-12-11 11:13:12 | お稽古
           
前々回のお稽古日は、いいお天気でした。

銀杏並木通りの向こうに、ポッカリと浮かんだ雲の形に、
心が和み、お稽古前の緊張感がほぐれた。

今度の演目はいつもより、舞う時間が結構長い。
おまけに、立ったり座ったりが多いし、安座の場面もある。

覚えられるだろうか・・・・。
いや覚えなければならない。

無理かと思っていた、安座(あんざ=あぐら)ができた。
ここは決めたい場面でもあるので、すごく嬉しい!

師匠は無理かなと思っていたのか、
「できたね」と感心してくださった。

しかし、立つときに上半身を崩さず、すっと立つ。
これがなかなか大変。

「できません!」と言えない、わたし。
もともと素直な性格じゃないのです!

自宅で何度も練習しているうちに、
とうとう筋肉痛になってしまった(^^;)

なかなか痛みが取れず、とうとう整形外科へ。
う~~ん、加齢が原因?レントゲンの結果に呆然・・。
まずは湿布薬でしばらく様子見ることに。

          
この銀杏の葉も、次のお稽古の時には落葉となっていることだろうな。


明日から数日、長崎に帰ります。
母の様子見と友人のお見舞いが目的です。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

陶板焼き

2013-12-05 08:55:55 | 衣食住
     
   以前、ブログで紹介したごはん鍋と同時に購入した陶板焼です。
   焼き肉、蒸し料理で重宝しています。
   説明にもあったとおり、陶板の持つ火当たりの柔らかさのため、
   焼き肉では本当にお肉がかたくなりませんでした。                 
   
  
  塩釜焼きに挑戦。
  豚肩ロース塊に、胡椒、にんにくをおろしたのをすりつけ、
  塩で辛くならないように、バルコニーで育てているローリエ、ローズマリーで
  お肉の表面をおおいました。
  塩は卵白をホイップしたのにいれよく混ぜ、これをお肉全体を包みました。
  少々手荒れしているので、塩が手に染みこんで痛かった~。
  
  
  
  隙間があったので、じゃがいも、紫玉ねぎも一緒に。
  好評でした、味にうるさい息子には!
  家人はベジタリアンなので、回りの野菜だけ
  お正月に鯛の塩釜焼きを作ってみようを思ってます。

  いつもピンボケの写真でごめんなさい~。
  
  


    
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

師走です

2013-12-01 16:44:11 | 草花

今日から12月、
玄関マットも、模様が「雪の結晶」に変えました。
これは10年くらい前、アメリカから個人輸入したものです。



バルコニーを掃除。
我が家のイロハモミジも落葉となりました。

カサカサと枯れた葉音に冬の訪れを感じます。

土のあるお庭なら、堆肥でも作りたいところですが、
生憎とバルコニーなので、生ごみとして処理します。


赤南天
    
白南天













コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加