つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

帰りたくなっちゃった!

2012-12-27 15:30:40 | 独り言

長崎・眼鏡橋の川辺より

この12月もあと数日で終わろうとしています。
師走とはよく言ったもので、私も毎日忙しく走り回っていました。

2年ぶりに帰省した長崎は楽しくありましたが、
今回は特に、後ろ髪を引かれることが多くて、
数年後にひかえている夫の退職を期に帰ろうかと考え始めています。


もう20年以上前亡くなった母方の祖母が
編んでくれたこたつ掛けカバー。
縦横2メートルほどある毛糸のこたつ掛けカバー、
どうやら5,6枚ほど仕上げたらしい。

毛糸は私たち姉弟が子供の頃に着ていたセーターなど。
解いて、蒸気を当て、カセにして、毛玉にして、せっせとかぎ針。
子供の頃、火鉢の前で毛糸のカセを両手首ではって、
毛玉に仕上げるのをよく手伝わされていたなぁ~。

まだ2枚あるからということで実家から頂いてきました。
宝物になりました(^^)


ご主人の退職を期に、長崎市内から隣の大村市に1年半前
引越しした友人宅に遊びに行きましたが、
12匹連れて行った猫達の内、6匹が亡くなったそうで
水があわないのかなぁ、、、と友人は嘆いていました。
新しい土地で、友人も乳がんの手術を受けたと告白。

直接、会わなければ言わなかっただろうな、彼女!
今回会えてよかったよ!つらいなぁ。
また会いに行くからね!!














コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

チャリティーコンサートへ

2012-12-10 19:21:59 | 音楽


先週土曜夜、横浜市後援チャリティーコンサートに
みなとみらい小ホールまで行って来ました。

今年で2回目となる「村中俊之 チェロリサイタル」


久しぶりのクラシックコンサートは、
とてもリラックスして聴くことができました。
目を閉じることができる、ほんと楽ですね。

演目は
J.S.バッハ『無伴奏チェロ組曲」の中から数曲、
R.A.シューマン『子供の情景』OP.15より数曲
村中氏作曲の『道成寺』『牛若の面影ー弁慶の義』
他数曲。

去年も『道成寺』は演奏したけど、
今年はさらに進化したような感じがしました。
能の乱拍子、急之舞をイメージできた演奏←私には!

初めて聴いた『牛若の面影ー弁慶の義』は
二人の出会い、安宅の関をイメージして作曲したとかで、
特に目を引いて、聴いたところが、
弁慶が義経を金剛杖で打ち据えて、嫌疑を払うところ。

後半ゲスト出演、ヴァイオリニスト 
マヤ・フレーザーさんが弾いているヴァイオリンを
チェロの弓で同時に弾いたのです!
椅子から突然立ち上がり、何するのかなぁなんて思っていた矢先。
なるほどね~、ちょっと感心。

才能あふれる若い二人、これから先が楽しみです。

入場料1000円という格安値段のせいなのか、
村中さんのファンもいるのか、
自由席なので早い時間から長蛇の列の入場となりました.

この日の入場料すべて横浜市に寄付されるそうです。

また来年もいけるといいなぁ。


ところで2年ぶりに長崎に数日帰ってきます。
体に不安を持ちつつですが、
母がまだ元気なうちにちょっぴり親孝行でもしてきます。

それに本場ちゃんぽんと皿うどんもいまから楽しみです。
やっと少し体重が落ちたけど、
また元に戻らないように気をつけます!無理かなぁ。。。

















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加