つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

三月去る

2012-03-31 18:33:25 | 独り言

3月も今日で終わりですね。
我が家で咲いた花たち。
ミモザ、クリスマスローズ、ムスカリ、ローズマリー、雪柳。

1ヶ月半前、友人からウクライナ製の線量計を借りて
バルコニーの放射能の数値を計測したことがありました。
数値がわかったからといって、今すぐどうこうできないのですが、
知っておくだけでもいいと思って。

コンクリートの水はけの良いところと、
植木鉢のうえでは、倍くらいの差が出ました。


木下黄太さんのブログで知って、
3月19日に日本に来日していたバンダジェフスキー博士の
講演を品川きゅりあんホールまで聞きに行って来ました。
良かったら、彼のブログをご覧下さい。
ブックマークしましたので。


「内部被曝」肥田舜太郎著を読み始めています。
同じ本を関西在住の姉にも送りました。
共に原爆二世として今何をすべきか、していくべきか
いろいろと話し合っています。


3月はお能を観に行ったり、美術館にいったりと
ポチポチ動き回っていました。このこともいずれ・・。
決算関係の書類も先日会計事務所に送りました。やれやれ(ホッ!)

4月はまたまた京都に行ってきます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちを切り替えて

2012-03-21 18:00:02 | お稽古
去年秋からお稽古していた演目、
やっと師匠からOkいただきました。

ほっとした途端、緊張の糸が切れて、抜け殻状態になってました。
のび切った気持ちの糸の端と端を結び直し、
また新しい演目にチャレンジします。

舞の流れがすぐ覚えられる演目に限って、
基本にたち戻り、本当に厳しくご指導。

私の頭の中は、「ところてん形式」で
ひとつ覚えるとひとつ忘れてしまうのです。
情けないですわぁ・・・。


それはそうと、羅双樹木綿布展で購入したストールが
届きました。(布地によって切り売りしてくれます)

植物染料は桜と阿仙
糸はインド綿と海島綿。

携帯から写真が送れることに気づきました!



こちらが実物に近い色です。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたりで 

2012-03-05 11:27:30 | 美術・芸術
昨日家人と二人で外出しました。

まず、前から行ってみたかった東京・白金台の「畠山記念館」へ。

「畠山即翁の茶会ー光悦雪峯茶碗を中心にー」
即翁70歳を祝う茶会に登場した名物道具を紹介。

本阿弥光悦作の赤茶碗「雪峯」は、ガラス越しですが、
ぽっちゃりと福々しい茶碗。風格ありましたねぇ!
お釜は「天命平釜」、これがまたふっくらとしたすごくいい形でして、
惹きつけられました。

鑑賞後、係の方にお願いしてお抹茶(干菓子付き)をいただきました。
(展示室にて随時受け付けています)
今頃後悔、義母にきちんとお点前教えていただければよかった!!
家人のほうが上手かった。

この記念館は靴を脱いて、スリッパにはきかえて
2階展示室を観るようになっています。
そう広くないスペース、まばらな観客でしたが、
いいものをじっくり堪能するには
私にちょうどよかったと思います。

実に格調高く、いやみのない茶道具ばかりでした。
庭内には4,5つの茶室があり、風情のある蹲がいくつかありました。
写真投稿できないのが実に残念です。

その後、南青山・銕仙会で開催中の
「羅双樹木綿布展」へ。

写真はyukidama さんのブログから、ご覧下さい。
いい手触り、いい色合い、久しぶりに良い布たちを拝見しました。

こちらでもお抹茶を出していただき、作品をみながら一服。
贅沢な時間を過ごせました。
えぇ、、、(^^;)
ストールをお持ち帰りしちゃいました。(端の処理で後日郵送)

この日、銕仙会2階では早稲田大学観世会の発表会があり、
4階で作品見ていても、2階からの謡や足拍子が聴こえて来ると
居ても立ってもいられない気分になりました。

作品をみ終わったあと、予定外でしたが
学生さんたちのお仕舞や舞囃子を観ることに。
日本の伝統芸能を若い子たちが一生懸命披露している姿に
元気をいただきましたね。

3月とは言え、とても寒い日でしたが、
珍しくいい一日を過ごせました。
明日もがんばろうっと!そう、がんばれる!











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加