つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

7~10月までの観能 備忘録

2009-10-29 09:58:11 | 能・狂言
なんだかんだと2009年もあと2ヶ月と少し。

7月から10月まで拝見したお能を簡単に書き残しておきます。
1年の1/3になっちゃいました。そう、私は無精者です^^;

7月はセルリアンタワー能楽堂で
友枝さんの「斑女」と「通小町」

8月は国立能楽堂で梅若万三郎さんの「羽衣」
これはオランダから日本に観光でいらしたご夫妻を
友人に頼まれ、ご案内したんだけど。
旅行中でもあり「夏休み親と子の能楽教室」の午前の部。
(午後は小中学生あり。)
これしかお席が取れなかったんです。

お能を観るようになってはじめての体験、
正面席は30人前後の就学前の子どもたちのみ。
保護者、一般人はワキ正面。

日本の伝統芸能を子どものうちからとはいえ、
就学前のこの子たちには、ちと早すぎるのではと思いました。
小学高学年とか中学生からでいいんではないの!
演者たち、能舞台でどう感じたんだろうな。

9月は川崎能楽堂で
友枝さんの「阿漕」
こんな近くで拝見していいのだろうか、
間近かで観れた友枝さんの足の運び。ただひたすらドキドキ。

国立能楽堂で「東京能楽囃子科協議会定式能」
粟谷能夫さんの「阿漕」
友枝さんの舞囃子「野宮」

9月は「阿漕」を2回も拝見し、
演者によっての違い、肌で感じることができました。
ともに堪能できたこと、嬉しい限りでした。

10月は宝生能楽堂で
梅若玄祥さんと友枝さんの「竹生島」女体、道者
このお能をご覧になられた方は多分どの方も
狂言師4人2組の肩車で去っていく姿に
驚かれたのではないでしょうか。もちろん私もです!

で最後が、友枝さんの「厳島観月能」


番外編
7月のコクーン歌舞伎「桜姫」これは毎年夫同伴。
中村七之助がすごく良かった。大きく成長しましたね!

大竹しのぶさんのはあとでTVで観たけど
うんうんこれもよかったな。

9月に神奈川県民ホールで「ユーミン」のコンサート。
ほんとにおちゃめで可愛いおばさんでした。
歌詞の一部分では思わず涙ぐんだり・・・。
青春カムバックの一日だったな。
たまにはいいよね、こんなコンサートも!

この間、私は初参加でしたが、社中の発表会がありました。
極度の緊張感、もう数日前はパニック状態に近かかったです。
私みたいないい加減な人間には、たまにはいいのかもしれません。
これもそのうちブログに書き留めておきたいと思います。










コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「パウル・クレー 東洋への夢」展

2009-10-20 08:22:13 | 美術・芸術


宮島から帰ってから2日後の土曜日に、
横須賀美術館まで行ってきました。
18日までだったとわかり、ちょっとあわてました。

大好きな画家の一人、パウル・クレーが
浮世絵の影響をどのような形で
受けていたのか知りたかったから。

私は彼が線描で描いた天使シリーズが大好きです。
ポストカードを見つけては、せっせと集めています。

それにしてもここ横須賀美術館は、
いい環境のなかに建てられていますね。
目の前は海、後ろは山。
バスで来る途中、走水という海岸を通りますが、ちょっと失敗。
海岸沿いの席に座るの忘れてた。
帰りは暗くてよく見えなかったし・・・・。

専門家ではないのでうまく書けませんが、
線描家として頭角を現わしつつ初期の作品も見れ、
パウル・クレーが6,7歳の頃に書いた漫画も見てきました。
まさしく線の誕生というか原点を垣間見れました。

中期以降の作品は点数的に少なかったけど、
独自の線描と美しい色彩の調和のとれた作品の数々は
まさしく眼福でした。

今度はこの美術館のレストランで、陽が沈んでいくのを見ながら
ゆっくりとお食事したいものです。
ほんとにいいロケーションです!!

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

今年も観月能へ

2009-10-16 11:18:14 | 能・狂言


今年も広島・宮島のほうへ、
友枝昭世師の「観月能」を拝見しに行ってきました。
演目はこの季節にふさわしい「紅葉狩」
関西に住む姉と一泊で、お宿は厳島の中にしました。
特別の配慮で観能後に
ゆっくりお食事できるようにしていただきました。

私は飛行機、姉は新幹線、そして広島駅で待ち合わせ。
二人ともこの駅には詳しくなく、適当な待ち合わせにもかかわらず
携帯電話のおかげで無事会えました!

駅に着いたとたん、大雨と落雷に会いましたが、
夕方には大丈夫だろうと、自称晴れ女の私は思っておりました。

開始前、小雨が降り、最前列の観客にはレインコートが用意してありましたが、
幸いなことに開演前に雨は上がり、寒さ除けとして役に立ちました。
やっぱり晴れ女だわ・・・・。ふふっ。

かしましい姉妹二人の旅行は楽しく、
翌日はブログお仲間のはちこさんと一年ぶりに再会し、
3人でカフェ「時遊人」に行ってきました。
素敵な空間の中で、美味しいランチをいただきながら
おしゃべりしていると時間はあっという間に過ぎていきました。

はちこさんにはお仕事前のお忙しいところ、
車で宮島の駅まで送っていただき、助かりました!
ありがとう!

来年もまた行きたいから誘ってと、姉から頼まれました。
「観月能リピート族」が増え続けています。
チケット争奪戦、がんばらなきゃ!!

写真は観能後の厳島の能舞台。
お能のことはまた後日書ければ・・・。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎・稲佐山の思い出

2009-10-10 01:31:09 | 独り言
故郷は遠きにありて思うもの・・・とはよく言ったものです。

最近、老後は生まれ故郷・長崎に帰って住もうかしらと、
ふっと思うときがあります。
こういう風に考るなんて、私も年取ったな・・・・。

自分の老後を考えるとき、
なぜかしら夫も子どもも一切入っていません。
あくまでも元気な老婆の一人暮らしを想定しています。

さて、長崎の稲佐山も今では福山雅治君のおかげで、
かなり有名になったけど、
その前は、さだまさしが毎年夏にライブしてたのですね。
ちなみに福山君ちは実家のご近所で、結構中学生の頃から
目立っていたそうです。

でもそのずっとずっと前に、始めてこの山でライブをしたのは、
今では知る人ぞ知る「はっぴいえんど」と言うバンドでした。
友人達が企画実行したんです。

私はこのふもとの小学校に通っていたので、
遠足というと、かならず稲佐山でした。

毎年端午の節句のころになると、柏の葉とか蓬とか
家族と一緒に摘みに稲佐山にいったものでした。

小学生6年間の夏休みは、姉と一緒に
毎年稲佐山に行き、植物採集してました。

姉にあうと二人でこの頃の昔話で盛り上がります。
思い出話に盛り上がる・・・年を取った証拠!
でもいいの・・・、その通りなんだから。

若い頃聴いていたキャロル・キングやユーミンを
久しぶりに聴いていたら、
青春真っ只中の頃に、タイムスリップしてしまいました。
音楽の力ってすごいなぁ・・・・。

手前の2個並んでいる写真は長崎・吉宗の茶碗蒸し蒸寿しセット。
唐揚は独特の味付けでこれも「まいう」です。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新型インフルエンザが近づいてきた!

2009-10-05 17:40:53 | 衣食住


高校3年生の息子は今日で前期終了。

しかし、なんというタイミングなのでしょう。
インフルエンザ発症のため明日から週末まで学級閉鎖となりました。

受験生であるということから、かなり予防対策はしています。

夏の暑いときからマスク、
室内は、空間除菌・ウィルス除去をする「クレベリン」を置き、
外出用に小瓶に入れた消毒用ジェルを持たせていました。

感染していないか様子を見ます。
万が一の場合は私もしばらく外出を控えなければなりません。

木曜日にお能を観に行く予定なんですけどね。
困りますなぁ・・・。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

深まりゆく秋

2009-10-03 18:42:13 | 独り言
はやいもので、もう10月、
やっと雨が上がり、バルコニーに出てみたら
白いホトトギスの花が咲いていました。
早速一輪、亡き義母の写真の前に。
義母は白い花が大好きでした。




あれ~、ずいきの葉っぱが赤く色づいていました。
植物たちの色の変容は、ささやかな感動を与えてくれます。



秋虫の鳴き声を聞きながら
ゆっくりと暗くなってゆく景色を見るのが大好きです。
夜の帳の色と申すのですか、いい色です。

きれいなお月様が雲の合い間から出てきました。

明日は満月。晴れるといいですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加