つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

織った帯です。

2007-11-29 08:32:39 | 染織
去年織った帯です。
すくも藍醗酵建て、素材は麻糸です。
6.5メールほど織りました。

経糸を張り、織っていくうちになんとなくイメージが違うなと思い、
思い切ってやり直しました。
やり直していくうちに糸がもつれ始め・・・・・。
開催日時は迫ってくるし・・・・。

家族がいないときや寝ているときにせっせと織りました。
夜中の2,3時、時には4時近くまで起きていた時もあり、
夢中になっておりました。

織ってるときは、無心になっています。
心を空(くう)にして、せっせと織りました。
織りも染めも「祈り」に近い行為だと思っています。

大変だったことも今ではいい思い出です。

この帯のタイトルは「遠」です。

大好きなお仕舞をイメージしていたら、
このような織物になりました。

私などまだまだ力不足ですが、
思い切ってアップしました。
さらけ出すことによって、次へのステップになると思いましたので・・・^^;。

いずれ仕立ててと思いますが、なんせこれに合うお着物がありません。

近江上布とか八重山上布とかいいだろうなぁ・・・。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

試し染め

2007-11-23 11:54:54 | 染織
すくも藍を建てて、本日で17日目。

この間、会社のほうで2冊新刊を出しました。

忙しくなるときは、すべてが重なってしまい、
気持ちに余裕がなくなる。あ~情けない^^;

以前、ためし染めしていたハンカチをやっとアップします。

うすい色のほうは、1分だけつけて引き上げました。
濃い目のほうは、自己流で絞ってみましたが、こちらは3分つけました。
ムラになってますね^^;

私は糸を染めて織っていくのを中心にやってきました。
今後もそうです。

布はムラ染めになりやすいので、私の技術だとちょっと・・・・・。
でも売るわけではないので、もっと楽しみながら染めていきます。

忙しいのが一段落したら、どんどん、、、糸染めていきます。

頭の中はどんなもの織ろうか思案中です。
楽しくもあり、苦しくもある、
グループ展の道のりが始まっています。

仕事もあるのにできるのであろうか!?
イソガシイソガシ・・・・。
ガンバ、ガンバッ!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

藍の華

2007-11-15 19:22:42 | 染織
すくも藍を建てて、今日で10日目。

3日前に、嵩上げといって、一番灰汁で(約40度に暖めて)水位を上げた。

ギラ膜と呼んでいる還元膜は紫金色をしていて

元気で醗酵してくれていることを証明してくれる。

真ん中にあるのは、藍の華です。

ただ、染めるときは、ギラ膜、藍の華はすくいとり、

糸や布につかないようにします。ムラ染めの原因になるので^^;

遊びでハンカチを絞ってみようかな。

地入れの準備をしなくちゃ!

新刊も出る予定!いそがしいそがしになってきました。

お試し布で本日染めてみました。後日アップします。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

友枝会へ行きました。

2007-11-14 08:46:43 | 能・狂言
友枝さんのお能を観た後は、
いつもボ~として気持ちが上の空の状態になってしまう。
しばらく余韻を楽しんでいました。

その役に深いところからなりきり、観客に余計な雑念を入れさせず、
集中して観ることができるのです。
多分、体がぶれない、型がしっかりしていることが成せる業だと思う。

国立能楽堂は、私が知っている限り、能楽堂で一番長い橋掛りだと思う。
今日はこの長い橋掛りに感謝したくなるほど、
「山姥」の面をつけてのシテは、登場から凄かった。

空気がはりつめ、心地よい緊張感がはしり、時間を超越し始め、
想像の世界が私の中で広がっていった。

手元にある本によると、
―山に住む鬼女でありながら、
時に人間に善行を施す存在であり、邪正一如という仏教哲理に立つと、
一切が空であることを導くもの・・・・・。
大自然のスケールを山姥という存在に形象化したような能である。―

後シテの面が神々しく見えたのはそのせい??
光の加減だったのかな・・・。

観能後も、ずっと山姥のことを考えていた。
そんな時、自宅前の山を見て、ふっと思った。
山姥は、雲のように、風のように山々を巡っていたんだ。
四大の霊ともおおいに関係有りかな・・・・。
(わかったような、わからないような^^;)

とにかく凄い「山姥」でした。言葉にすることが出来ない^^;
また拝見したいです。

11月4日(日)国立能楽堂にて

「山姥」
シテ:友枝昭世 ワキ:宝生 閑 アイ:野村扇丞
大鼓:柿原崇志 小鼓:北村 治 笛:一噌仙幸 太鼓:助川 治

そういえば、帰りに多田富雄さんをお見かけしました。
お着物を召された奥様が、車椅子を押してました。
満足そうなお顔をされてました。

能「巴」、狂言「杭か人か」はごめんなさい。そのうちに・・・。















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「羽衣」終わりました。

2007-11-09 16:40:25 | お稽古
お仕舞「羽衣」クセ、やっと先生からいいだろうと合格をいただきました。
キリも入れて約8ヶ月「羽衣」を舞っていました。
少しは天界までいけたのでしょうかね~??

でもまだまだ、基本中の基本、サシ、ヒラキ、ハコビは
今後もずっと練習しなくてはなりません。
終わりがないような気がします。修行みたいなものです。

最近、特に足のハコビには、神経を足の裏までいきわたらせるようにしています。
歩くことの難しさを痛感しています。
普段は何気なく、歩いていたのになぁ・・・。

体の中心を意識して、腰を落として右左と、すり足で歩く。
このとき、交互に重心の置き方を意識する。
でもいずれ無意識に出来るまで
「修行」です!

これが自然にできればいいんですがね~~^^;

電車を待っているときにも練習してますが、
どうも回りから変な目で見られているかも?
家の中でも、当然すり足になってる。

ところで、現代人の歩き方は手足を右左と交互にして歩いていますが、
この歩き方は明治になってからと、ある能楽師のかたから教えていただきました。

今でも、能舞台上では「なんばあるき」といって、手足が右、左と
一緒に前に出る歩き方で、むかしの日本人はそう歩いていたそうです。
へぇ~~~。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

大安吉日の日に

2007-11-07 13:38:51 | 染織
昨日11月6日大安吉日の日に、2年ぶりにすくも藍を建てました。
準備は2週間前からでした。

木灰に熱湯を入れて、かき回して中3日間おく。
上澄みをすくい出しては、また同じ繰り返しを2回。
こうやって、1番灰汁、2番灰汁、3番灰汁までとりました。

10キロ~15キロの重さを持ち上げるのが、
いまの私の限度なので、お湯を沸かす作業の繰り返しが以前より多くなりました。
かなりの力仕事で、腰がいたた・・・!

乾燥すくも藍を天袋から取り出し、久しぶりに開けてみる。
カビってなくてよかった!
あぁ~、懐かしい匂い。葉っぱとお日様と土の匂い。たまりません^^
これを3番灰汁でよく練る。

70㍑のポリ容器を浴室に置き、保冷用シートを巻き、
練ったすくも藍を入れ、暖めた2,3番灰汁を入れてかき回して一段落。
日本酒もいれました。

家族はしょうがないなぁと容認してくれましたが、
浴室が数ヶ月すくも藍の置き場になります。
すくも藍独特の匂いに少しなれてきたのかな?

この時期に建てる場合、暖かい場所、水もすぐ使えるとなると
風呂場しかなかったのです。特に浴室乾燥機はおお助かりです。。

すくも藍醗酵建ては生き物なので、これから毎日液温、phを測り、
管理していきます。可愛い私のすくも藍ちゃんです^^

プロの紺屋さんは、液温管理のためなどで土中に甕を仕込んで、
いくつも建てています。

私はあくまでも趣味の範囲です。
でも、建てたからにはきちんと管理して大事に育てていきます。
いつごろまで染められるかは、染める量によります。

絹糸、麻糸、絹布、麻布、木綿布、帯揚げなどいろいろ染める予定です。
来年またグループ展を開催します。

私の頭の中に染織が久しぶりにもうひとつ加わりました。一杯一杯です・・・。
大好きなお仕舞、そして仕事に支障をきたさないよう、がんばらなくちゃ!

家事が一番後回しですまないことですが・・・・^^;
家族の協力に感謝!!

☆写真はすくも藍を建てた直後、美しくないですね。
 でも、これからあのきれいな青色が生まれてきます。
 順調に醗酵してくれますように♪





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

石と布を見に銀座へ。

2007-11-04 02:01:17 | Weblog
今INAXギャラリーでは「石はきれい、石は不思議展」―津軽・石の旅― を開催中。

石あるいは石ころが大好きで、神奈川、千葉、長崎の海岸で拾ってきた石が
我が家には部屋、玄関、ベランダにほんの少しだけ飾ってある。
半貴石も少しだけ集めている
ジュエリーはさほどご縁がありません。見るのは好きですけど。
中には息子が小さいとき、拾ってきたのも大事にとってある。

一個一個違う形、色、線や点が入っていたり・・・・。
また海岸で拾うとき、海水で濡れて光っていて、すごくきれい!、
本当にこの世に一個だけの石。
長い年月の間、地中にあり、何かの拍子で地上に現れ、海に流されたり・・・。

世の中には無類の石好きが結構いらっしゃる。
古い人ではゲーテがそうだったんですって!

今回、そういう石コレクターの方の展示。
特に中心になっているのは津軽の石。

さわってもいいコーナーもあり、わたしが好きな色の石があった。
もちろん持ち帰りは禁止です!
いつか機会があったら、津軽まで石を採集に行きたいな。
ほんとにおかしなもので口の中に入れなくなるような、
美味しいそうな石もあるんですよ。

11月24日まで開催しています。
http://www.inax.co.jp/culture/

子供心に戻り、うきうきした気分になれました。ちなみに無料です。

次に足を運んだところは、東京銀座画廊・美術館8F。
志村ふくみ・洋子展「色の翼」
人間国宝・染織家志村ふくみさんの作品を拝見しに行きました。

植物から命を頂き、色を糸に移して織る。
そして着物に仕立て、身に纏う。
まさしく命を纏うことだと、志村さんはおっしゃっている。

今回の作品展は、呉服屋さんが主催ということもあり、
気に入ったものがあれば、羽織ってみることもできるらしい。

とてもとても、恐れ多くて、じっと近くまで寄って
拝見させていただくだけで充分でした。

こちらは11月4日までです。















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第十回記念 長島茂の会へ。

2007-11-01 19:23:44 | 能・狂言
10月27日土曜日、台風20号接近の予報のなか、
いつもより早く自宅を出ることにした。
夕方から夜半にかけて、大雨の予報。困ったなぁ・・・・。ぶつぶつ・・・・。
夜は友人がドイツに転勤のため、壮行会が四谷のレストランで行われる予定。

出かける前にチラシをじっくりと見続けていると、
「よし、行くぞ!」という気持ちになれた。チラシで元気になった!不思議です^^

長島茂の会は今年で10回目という節目の会。大曲「望月」に挑む。

他流から同年代ということで、
宝生流 金井雄資師 「三山(みつやま)」
観世流 関根祥人師 「碇潜(いかりかづき)」
お二人のお仕舞。喜多流にはない曲とのこと。

今回、仮予約なんてことしていたので、
なんと恐れ多くも長島さんご本人からチケットのことでお電話を頂き、
たいへ恐縮した次第。
お声から、大変物腰の柔らかい、とても謙虚なお方とお見受けしました。

舞囃子「枕慈童」友枝昭世
他4流では、「枕慈童」と呼ばれている曲。
不老長寿を祝うめでたい曲とのこと、10回目にふさわしい。

切り戸口からお出になられたときから、空気がちがってくる、
いつ拝見してもぶれない体、観ているほうも背筋を伸ばし、
片時も見逃さないように友枝さんの舞を観る。
周りの空気が澄んでいくように思える。またこの舞はえらく拍子が多い。
間の取り方、踏んだときの床音の強弱。かなり難曲。
当然のことながら、美しく流れるように、そして力強く舞われていました。

狂言「止動方角(しどうほうかく)」
野村萬斎の太郎冠者と石田幸雄の主人が、一頭の馬をめぐって
繰り広げる狂言で、初めて拝見した。
萬斎さんはこのあと、三響会夜の部ご出演のため移動。
ついでに萬斎さん追っかけファンも一緒に移動らしい。
夢中になって見ていたので、
他の方はお気づきになったらしいが、私は気がつかなかった^^;

(念のため、お仕舞はこの後ありました。)

お能「望月」
信濃の国の安田荘司友春は口論の末、従兄弟の望月秋長(ワキ)に殺されてしまう。
一家離散ののち、家来の小沢刑部友房(シテ)は近江山守山で甲屋という宿屋を営む。
偶然、友春の妻(ツレ)と花若(小方)が訪れ、宿屋に泊まり、
更に望月秋長も帰郷の途中に下人(アイ)を連れ、宿屋に泊まる。
あだ討ち到来と、旧主の妻を盲御前に仕立て、花若に八揆を打たせ、
友房も獅子舞を舞います。酒の酔いに望月が居眠るすきを見て、
首尾よく討ち果たし、あだ討ちを遂げるというすじ書き。

シテ:長島茂 ツレ:友枝雄人 子方:友枝雄太郎
ワキ:森常好 アイ:野村万作
地頭:友枝昭世 後見:内田安信他2名
大鼓:佃良勝 小鼓:観世新九郎 太鼓:助川治 笛:一噌庸二

シテが直面の曲はあるけど、節のある謡は謡わず、
全部コトバ=会話で終始すると言うのも普通のお能とはかわっている。

この難曲を、長島さんはうまく謡っていたと思う。
面をつけていたのは討たれた主君の妻(ツレ)のみ。橋掛りで友枝親子の謡。
雄太郎君、観るたびにしっかりした謡に、足の運びにただ感心するのみ。

下人の野村万作さん、渋くていい感じ。舞台全体がしまって見える。

後半で、シテが赤ふさと二本の扇を取るシーンでは、ちょっとハラハラドキドキしました。
厚板(?)を頭から被って、一人でやらねばならず、
こういう場面、見せ場になるのでしょうか。

後見の内田安信さん、今でも手助けに行こうかと、
かた膝たてていましたが、難なくいった。
しっかり見守っている後見がすごいいい感じでした!

長島さんの獅子舞、ほんとによかったです!
そして、拝見するたびに成長し続ける雄太郎君、えらい!

実にいい会を観ることができ、幸せ気分で大雨のの中を四谷へと向いました。

きゃ~、長文になってしまいました^^;
















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加