つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

塩のことからあれこれと・・・。

2007-03-29 12:03:43 | 独り言
一ヶ月前、逗子に遊びに行ったとき、スーパーマーケットで買い求めた塩は、
「奥能登天然塩」マクロビオティック・チャヤのもの。

今はすっかりやめてしまったけど、12年ほど前、数年間マクロビオティック
料理をやっていたことがあります。知人のお料理教室にも通いました。
今でもたま~に、その名残でマクロビオティック料理することもありますがねぇ。
まだまだ育ち盛りの息子は嫌がります^^;私もお肉お魚食べたいし・・・。

塩好きかもしれない。
去年ベルリンに行ったときも、自然食品店を見つけ、ハーブ入り塩や岩塩など
いろいろ買い求めました。
ついでに珍しい天使のスープとか、天使のハーブティとかも買っちゃいました^^

たいした料理もしないけど、お塩だけにはこだわって4,5種類ほど
使い分けています。まぁ、入手しやすいし、お手頃なんですね。
なんか楽しいし・・・・^^

6,7年ほど前にプーケットの塩を知人から分けていただいたことがあります。
もちろん大津波の前のことです。
これは大変美味しいお塩でした。このお塩でおにぎり作ると、
美味しくて美味しくて。でも残念ながら、今はもうありません。

そうなんです。私がたまたま購入したお塩が作られた場所が、
大津波、大地震とほんとに大変なことになってしまったのです。

いま能登の被災地の方々は、大変な状況におかれています。
何もできない私です。ささやかなご寄付くらいです。
一日も早く復興して、お年寄りや子どもたち、皆々様方が
元の暮らしに戻りますよう、心よりお祈りするばかりです。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

歌舞伎鑑賞

2007-03-27 12:01:54 | Weblog
先週金曜日に、国立劇場三月歌舞伎公演(小劇場)にでかけました。
この日は(いやこの日も)、ボーとして開演時間を1時間も勘違い、
あわてて出かけました。ほほ、のんびりブログ書いていました^^;
お目当ては、もちろん坂東玉三郎!
実は玉さまは、去年から見始めるようになりました~。
友人がファンクラブに入っていて、お願いするといいお席が手に入るのです^^
あ~~~、すごいお方!!こんなにもオーラが~~~☆
世間で注目を集めているわけが充分にわかりましたわ~~♪

演目は初瀬・豊寿丸「蓮糸恋慕曼荼羅(はちすのいとこいのまんだら)」六場
国立劇場会場40周年記念歌舞伎脚本募集入選作だそうです。

ほんとは演出だけ手がけるつもりが、
「初瀬」役を演じたくなったと書いていました。

中将姫伝説が大きくベースになっている作品。
お能はまだ観た事ないのですが「当麻」「雲雀山」にも中将姫が登場する。

やはりお能のことを意識してか、歌舞伎では珍しく簡素な舞台でした。
でも内容的には、またそれが良かったと思う。

坂東玉三郎という役者は今ある自分より、
さらに進化し続けていっている役者だと思います。

いつも思うのですが、友枝さん、玉三郎さんのお舞台を拝見できる
この時代に生まれてきて本当に良かったと!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ次は・・・・。

2007-03-23 10:17:01 | お稽古
今のお能の先生について、1年数カ月あまりが経ちます。

いよいよ、次は『羽衣』キリを教えていただきます。

う~~~ん、かなり難しそう!!

だって、天人になって、天上へ天上と舞い上がっていくんだもの^^

この重い体で、上がれるかしら^^;

お仕舞の中で、いろんなシテの舞を教えていただきましたが、

天人はもちろん初めて。

これから上げって行く天を見つめ、そして上がっていくときに地上いわいる

人間界を見ながら、昇天していく・・・。

「いや疑ひは人間にあり。天に偽りなきものを」天人の言葉。

清浄無垢の世界を描いた大きなテーマでもあります。

型を覚えつつ、気持ちを天人に、どれだけ近づけることができるか!

忙しさのピークも、やっと越えました。(ホッ)

一生懸命、お稽古に励みます。

ほんと、楽しみな「羽衣」です。




コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ケヤキの根っこ

2007-03-19 13:56:51 | 独り言
この地に、移り住んで15,6年が経ちます。
以前、マンションの前は、広い空き地で、息子にとっても、私にとっても
いい遊ぶ場になっていました。

息子は、虫を捕まえたり、石や枝をひろって、宝物のように大切していました。

私にとっては、染め染料の宝庫でした。ヨモギ、ススキ、
チカラシバ、黄ショウブ、セイタカアワダチソウ、カナムグラなどなど。

知らない植物に出会うと名前を調べて、一年をとおして観察して、
花から実へと変容していく様を観たりと、今から考えてみると、
ゆったりとした時間のなかで過ごしていたようでした。

でもその土地が、5,6年前、老人ケアセンターになりました。
必要なんだから・・・。回りの皆さんはそうおっしゃっていました。
ささやかな自然が、破壊されていきました。

毎日、ブルトーザーを眺めていました。掘り起こされたところに行き、
根付きそうな植物は、せっせと拾い集め、家で育てました。
随分枯れてしまいましたが・・・。

大きな銀杏がなぎ倒されていたので、交渉して、適当な長さに切って貰い、
家のルーフバルコニーに置き、いす代わりにつかっています。
水分を充分に含んでいる銀杏の切り株は、ほんと重たかったです!
直径が一メートル位あるのは、10センチ位の薄さにきってもらい、
テーブル代わりに。でも今はおきっぱなしです^^;
それにしても、いいおじさんたちでした♪
そしてずうずうしい私でした^^;

ケヤキもなぎ倒され、根っこが無残にも天に向っている!
それも赤い樹液を出していたのです!
私はこれはケヤキの血だと思いました。

何とか証を残しておきたいという衝動で、ケヤキの根っこを持ち帰り、
きれいに洗って、しばらく乾燥させて、
二重織りの生絹のショールで染めてみました。

きれいなベージュピンクの色でした。



コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

気づかなかった春

2007-03-10 09:07:26 | 独り言
どうしようもなく、忙しい毎日が続いていた。

そんな中、ふと植木鉢に目をやると、
クリスマスローズが咲いていた!
早速一輪切り取り、亡くなった義父母の写真のそばに添えた。

植物は不思議なもので、気持ちを向けてあげると、
ちゃんと答えてくれるのである。
私のブログお仲間の記事でも証明されている。

暖冬とはいえ、寒い冬にしっかりつぼみをつけて咲いてくれた。
ムスカリも可愛い頭を出していた。ライラックも硬い蕾をつけていた。
枇杷は本当に小さな小さな実をつけている。
気付いてあげなくて、ごめんね。

マンション住まいなので、全部鉢植えの植物たち。
栄養剤買ってきてさしてあげなくちゃ!

久しぶりの書き込みです。忘れられないようにしなくちゃ^^;





コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加