つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

来年もよろしく♪

2006-12-30 01:56:27 | Weblog
ブログを始めて、約2週間がたちました。
まさか、私が始めるなんて!信じられない!!
素敵な方たちとの出会いがあったからこそです!
心より、感謝申し上げます。

そして、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

我が家のにゃんこたち、初登場で~す♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自然からの贈り物

2006-12-26 18:11:54 | 染織
草木染め歴は、まだ11~12年ほどです。
この2年半くらいお能に、すっかりはまってしまい、
少し遠のいている草木染めですが、
この夏の終わりに葛の葉で、帯揚げを染めてみました。
その植物が持っている
「一番いい色をいただく」
「植物は欲張ってとり過ぎない」
「地球を汚さない」
これは私にとって基本です。
同じ植物でも土地によって、季節によって、場所によって、
微妙ですが染めたとき色が違ってきます。

自分で染めたり、織ったりしたものって、案外取ってないですね。
友人にプレゼントしたり、たまに買っていただいたり・・・・。

ところで美しい装束を見ていると、
私の中でお能と染織がいつか結びついてくるような予感がします。
日本の伝統文化もっともっと知りたいなぁ~!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すくも藍登場です♪

2006-12-24 09:23:32 | 染織
やっと写真、添えることが出来ました!
今のところ、息子の手助けのおかげですがね。
独り立ちできるのも、時間の問題かな・・・?

すくも藍で染めた可愛い糸たちです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すくも藍醗酵建て

2006-12-23 20:43:59 | 染織
99年から毎年自宅で、すくも藍醗酵建てをはじめていますが、
3年前義母がなくなった年と今年は残念ながら、建てることが出来ませんでした。

染色グループで毎年徳島から、すくも藍を一俵買いし、みんなで分けています。
徳島の大学の研究グループの資料や、テキスタイル研究所で学んだ方のお話や、
染色家の本などなどをもとに、試行錯誤しながら、そしてお互い情報交換しながら
なんとか続けています。

藍甕がなくても、土中に埋めなくても、大きなポリ容器があればできます。
つきのこは70リットルのポリ容器です。
灰汁用の別のポリ容器に木灰4~5キロ用意し、
約25リットルの熱湯をかけて混ぜ、3日以上置いて上澄みをすくいとり、
これを3~4回繰り返します。
仕込みまで2週間ほどかかります。そのあと1週間~10日位で華が建ってきて
染めOKとなります。

温度管理、ph管理、栄養管理、毎日毎日覗き込んで、声かけて・・。
生んで育てて・・・。子育てに近いものがあるかもしれません。

麻糸、木綿糸、絹糸、布などを染めてきました。そして織っていきます。
今年は麻糸で帯を織りましたが、今はたんすの中に終い込んでいます。

可愛いすくも藍ですが、結構体力が要り、
いつまで続けられるかなと考えています。
それと、極力素手で染めないようにしてます。
すご~い手になっちゃうのですよ!
青に染まった手に持つ扇!!!不気味ですよね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

謡う、おばさ~ん♪

2006-12-20 18:46:20 | お稽古
昨日が、今年最後のお稽古日でした。
与えていただいた曲を、何とか年内中に仕上げたかったので、
この1週間は、特にがんばりました。
そして・・・、やっと合格!
これで新しい年が迎えられるもんだよ~~ん♪

強弱を付け、向きも変えながら、6拍子踏むタイミング、
『間』の取り方、ホント難しいですね。
体で覚えるしかない!

さすがに今日は、ボーとしてましたが、
「いかん、いかん、動け、動け」と、声が聞こえたような・・?
怠けないで、少しだけ練習。家の仕事と近所までお買い物。
歩きながら、お謡いが自然とでてくる。
人とすれ違うときはやめますがね。
多分、変なおばさんに見えてるかもです。
家だと、家族がいてもお構いなしに、がんがん謡ってます。
よく堪えてくれてます。感謝してますからね。

我が家も、クリスマスモードに切り替えました。
初心者なので、写真はご勘弁。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

毎日続ける

2006-12-16 11:23:00 | お稽古
お仕舞を始めて1年数ヶ月経つが、ほぼ毎日練習している。
ほんと!このグータラな私がです!

とにかく、真っ直ぐ立ち、すっときれいに歩く、これって結構難しい。
歩くときの体の中心、
拍子を踏むときの体の中心、
扇を上げるときの体の中心、
少しでも体がぶれない様にしたい。
これには日々毎日練習しかない。
まぁ、50代の手習いだけど、
少しでも極めていきたいとな願っているのですわ。

12月始めに国立能楽堂にお能を観に行った時、
能狂言のほかに舞囃子が2番ありまして、
そのときの舞囃子「鷺」は久しぶりに、
目が釘付け状態になりました。
舞われたのは80代半ばの女流能楽師、ご高齢にも限らず、
体がもちろんのこと、ぶれていない!
そして、すごい気迫を強烈に感じました!
また、秘曲とされている「鷺」の舞の面白さは格別でした。
もともと能「鷺」は、少年か還暦を過ぎた老人が演じる決まりがあるそうな。

でも今の時代、還暦を過ぎても、
老人とは呼びがたいお方はたくさんいらっしゃいますよね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月

2006-12-14 13:41:36 | Weblog
一年たつのが早い。特に12月はスピードアップして過ぎていくように感じます。
素敵に暮らしている50代の方々のブログを訪問させていただき、
いつか私もブログを始めたい!と願っていました。
急がしいを理由になかなか始められなかったけど、やっと重い腰を上げました!
ほんとに重いですが~~。
PC用語etc・・・、解らないことだらけだけど、まずは、やってみるしかない!
チャレンジし続けていきたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加