つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

「繕う」

2017-01-26 12:47:07 | 
旧正月にむけて大掃除してます。

そろそろ「イソガシ神さん」がおいでになる頃だし(笑)

先だって、義妹のお見舞に日大板橋医大まで行き、
その帰りに銀座・松屋へ立ち寄りました。

目的は銀座・松屋で開催中の「繕う」を見たかったから。
私の金継教室通いは漆かぶれもあり
ゆったりゆったり習っております。

松屋銀座7階デザインギャラリー1953:於
「繕う」漆繕い・焼継・鎹繕い
(ごめんなさい、終了しました)

展示されていた作品はデザイナーでもあり
繕工の佐久間年春さんの手によるもの。
会場にいらっしゃったのでいろいろとお話を伺うことができました。






ポスターにもなったこのウエッジウッドのお皿は
3年かけて繕ったそうです。


多分、絵唐津焼きかな?
割れた側面に消金が施されている。


手前は多分、バカラのグラス。
ガラスの欠けは繕うことができるがヒビはできないと
金継教室の先生から言われてましたので、
質問したところ「そうですが漏れなきゃいいんです」
このお答え、私には衝撃でした!

アーティストとおばさんの金継の感性の違いを認識してきました。
修復と繕いの違いも教えていただき、いいお勉強になりました!
(写真は了承済みでございます)









コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

金継・漆継教室

2016-05-11 09:15:55 | 
乙女百合が咲いた。

ササユリも4輪ほど蕾をつけている。
ルーフバルコニーで毎年出会える大きな喜び、日本の四季に感謝。

金継・漆継教室に通い始めることにしました。

連休の終わりにまず第1回目の講習があって、全5回の予定です。

少ない人数でゆったりしているし、また金継ぎに漆を使うとこも
この教室を選んだ理由。
とはいえ、金継教室は結構人気があって、
通える範囲では空きがほとんどなく、
この教室へ問い合わせしたところ、偶然にも1人だけの空きがあった。

お仕舞のお稽古も10年以上続け、極小出版業もはや10年目、
ここらでずっとやりたかった金継の講習を習い始めても、
周りに支障がないだろう。たぶん・・。


玄関棚に置いてたら猫が落としてくれました。
義母のお気に入りだったようなので、捨てずにとってた花瓶。
接着剤でくっつけていたのを、
先生から教えていただいたある方法で取り除き、またバラバラにしました。
今度は漆でつけていきます。


これも家人の実家から頂いたそば猪口。
教室通いが決まった直後にガッチャ~ン。
気持ち余裕あり、金継ぎしちゃうもん!


ある女流陶芸家の作品。この方の作品が好きでお皿も数点ある。
これからは欠けても割れてもヒビが入っても
直して使い続けることができるなんて、嬉しいなぁ~。

皆さま、どのような連休を過ごされたのでしょう?
またぼちぼちとお邪魔させていただきますね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加