つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

丸10年経ちました

2016-12-14 18:00:00 | お稽古


またもや、長期間更新ならず・・・。

思っきり忙しくしています。でも楽しい!
クリスマスには仙台まで出張決定。
ある学会で我社の書籍紹介と販売。
有り難いことです。

お稽古は早舞から序ノ舞へと移りました。
この急激な動きの変化のお陰で
しっかり体幹がついたような感じがしていたのですが
これは師匠の目から見てもそうらしく、
序ノ舞を終えたら、また早舞にして行きましょうとアドバイス。
いやいや「八島」では苦労しましたのに・・・。


ところで本日、拙ブログ丸10年を迎えました。
皆様方のおかげです。ありがとうございました。

祝すべきこの日、満月なのに雨。
それにお見せする写真も撮ってなく、
我が家の茶トラ君たちに登場してもらいました。

忙しさは年末まで続きそうです。
お正月に大掃除にならなければいいなぁ・・・。

ごめんなさい。
まだしばらくコメント欄はおやすみ致します。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍛えていく

2016-06-23 09:13:13 | お稽古

蓮の葉、裏から。
美しき蓮の花は水泥の中で、地上にお目見え準備中。



できることなら1番避けたかった演目を
いまお稽古中。

師匠からどうですかと打診された時は、
私には程遠くて、ただただ憧れの演目ですと
お返事するのが精一杯で・・・・・・。

要するに修羅能の舞は我が体力ではついていかない!
自信がなかったんです。

・・・・・・始まりました(涙)

習い始めの頃は、舞を覚えるより、大腿筋や膝の痛みを
我慢するのが精一杯でした。
それが2ヶ月経った頃、おや?痛みが半減!?

体は鍛えられていくのですね。
身を持って体験。

しかし、ここで安心してはなりませぬ、
より完成度を高めて猛特訓です。
ガンバロ~~。



宇宙のリズムを編みこんだ農事暦「種まきカレンダー」を参考にして、
夕顔と朝顔の種を蒔いた。
順調に成長。




















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

練習あるのみ

2016-02-01 13:05:05 | お稽古
早舞の動きが難しく、師匠から合格をいただけなくて
すっかり気落ちしています。
次のお稽古までにきっちり仕上げて合格を頂きたいです!

実は自宅練習ではスペース的に大いに問題があり、
つまり狭いリビングでのは動きに限界があるので
練習方法をちょっと変え、そして
月に1,2回、町内会館を2,3時間お借りして 
早舞の練習に取り組んでます。

さすがお師匠様、どうやって練習した?とお聞きになってこられました。
わかるんですね・・・。お見通しだわ^^;


同じように着付けの練習も続けています。
着付けで悩みとしていたところの
衿元や帯揚げなど、綺麗におさまるように練習しています。

タンスの肥やしになっていたきものを着て、
寒干して、たたみ直して、
この時期だからこそ出来るお手入れも
兼ねることができてます。

「着物」も「面」も、人が身につけてこそ
生きてくるのもです。

上手く着付けられるようになったら
UP したいと思ってます。

それまで着物たたんだ状態で、

結城紬、ざっくりした紬の帯。ついでに我が家の虎二ちゃんも。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ほっ・・・。

2015-10-12 11:35:55 | お稽古

白ホトトギスが満開です。


戦い済んで日が暮れて・・・。
今そんな心境です。

やっと発表会が終わりました。
今年は西のブログ友が応援に来てくださいました!
ありがとうございました!!

まぁ、出来不出来はおいといて、
兎にも角にも一生懸命頑張りました!
(前日に痛めた左足首に湿布薬ペタペタ貼りつつも〈汗〉・・・。)

我ながらいい歳してと思う、
ドキドキソワソワの発表会。

細やかにそして厳しくご指導下さった師匠が
後ろに座って謡ってくださっている、、、、。
安心して舞うことができました。
絶大な信頼関係です。

能舞台へ立った時の超々緊張感は
舞終わると感謝の念に変わり、生きる活力に繋がっていく。

更に更に精進して参らねば!だなぁ~

これからも心身共に健全であるために。






コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

どっち?

2015-08-24 18:40:00 | お稽古

この写真も以前取り込んでおいたもの。
この兄弟ネコどっちも可愛いでしょ!
飼主の欲目^^;

1ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

今年も秋の発表会がやってきます。

師匠から2つの演目をお稽古していただき、
その中からの選択権をまかされました。
そして迷いに迷って決めた演目は・・・・。若者!

演目によって、能舞台で着る着物と袴の色目の絶妙なバランス。
が、あると私は思っています・・・。
数少ない持ち物の中から選出しなくてはならないしなぁ。


ま、それはいいとして・・・、

ほとんどの仕事を自宅でできるようにしました。
本は増えるし、書類の数も増えてきて
収納に困ってきています。
家具増やしたくないので、あれこれ工夫ですね。
事務所までの往復時間約2時間45分が減るだけでも
カラダ、楽です。

それでも新刊出したばかりで、やや忙しの日々。

お盆前の大阪・京都旅行やお能のことはいづれまた、、、、。







コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

銀杏並木を通り抜けて

2013-12-11 11:13:12 | お稽古
           
前々回のお稽古日は、いいお天気でした。

銀杏並木通りの向こうに、ポッカリと浮かんだ雲の形に、
心が和み、お稽古前の緊張感がほぐれた。

今度の演目はいつもより、舞う時間が結構長い。
おまけに、立ったり座ったりが多いし、安座の場面もある。

覚えられるだろうか・・・・。
いや覚えなければならない。

無理かと思っていた、安座(あんざ=あぐら)ができた。
ここは決めたい場面でもあるので、すごく嬉しい!

師匠は無理かなと思っていたのか、
「できたね」と感心してくださった。

しかし、立つときに上半身を崩さず、すっと立つ。
これがなかなか大変。

「できません!」と言えない、わたし。
もともと素直な性格じゃないのです!

自宅で何度も練習しているうちに、
とうとう筋肉痛になってしまった(^^;)

なかなか痛みが取れず、とうとう整形外科へ。
う~~ん、加齢が原因?レントゲンの結果に呆然・・。
まずは湿布薬でしばらく様子見ることに。

          
この銀杏の葉も、次のお稽古の時には落葉となっていることだろうな。


明日から数日、長崎に帰ります。
母の様子見と友人のお見舞いが目的です。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

十五夜の日に

2013-09-21 23:25:00 | お稽古
 
のんびり更新です。
先日の十五夜、中秋の名月。

天鼓の一節でも謡いたくなるような澄み切った十五夜の月でした。

「秋風楽なれや松の聲 柳葉を拂って 月も涼しく星も相逢ふ空なれや~」


少しずつ欠けていく月も、また風情があります。
ここんとこ毎夜、名月鑑賞。

夕刻、明かりもつけず、室内で月の光りだけで
お稽古中の仕舞を舞ってみる、

はぁ~、いい気分(笑)



ー番外編ー
十五夜の日に猫2匹洗う。
   












コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

夢でぐったり・・・。

2013-09-08 15:00:51 | お稽古
               ピンクのノウゼンカズラ  

私は、能「羽衣」の面、装束、天冠を付け、
揚幕の内側にいる。

「さぁ、行きなさい、しっかり!」と師匠と先輩たちに励まされ,
「はい!」と言いつつ、ん、ん、ん・・・??

待てよ、習っておりませんけど!?

「大丈夫!」とまわり。

混乱だらけの頭で考える。
クセとキリの仕舞は舞えるが、
その前後の詞章、わからへんよ~~!

出来ないのに出たら、一生の恥になる!!

「やっぱり、出ることはできません!」

舞台で固まっている惨めな自分を想像し、強く拒んだ。

で、、、、 そこで、目が覚めた!!

夢で良かったぁ~~~~~(^^;)


夢の中での、自分の意志のかたさに驚き!

夢の中だから、ひょっとして、お能できちゃったりして・・・?
いくじなしだなぁ~~(笑)


夢をコントロールできる能力があれば、
毎日いい目覚めになるかもね。ふっ(^^)

                




コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

気持ちを切り替えて

2012-03-21 18:00:02 | お稽古
去年秋からお稽古していた演目、
やっと師匠からOkいただきました。

ほっとした途端、緊張の糸が切れて、抜け殻状態になってました。
のび切った気持ちの糸の端と端を結び直し、
また新しい演目にチャレンジします。

舞の流れがすぐ覚えられる演目に限って、
基本にたち戻り、本当に厳しくご指導。

私の頭の中は、「ところてん形式」で
ひとつ覚えるとひとつ忘れてしまうのです。
情けないですわぁ・・・。


それはそうと、羅双樹木綿布展で購入したストールが
届きました。(布地によって切り売りしてくれます)

植物染料は桜と阿仙
糸はインド綿と海島綿。

携帯から写真が送れることに気づきました!



こちらが実物に近い色です。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

終わりました。

2010-10-12 10:00:00 | お稽古


発表会、無事終わりました。

やれやれ、間違えず、舞い終えました。ふぅ~~。

日頃は、家族の前では極力練習しないよう、
心がけている私ですが、
発表会前になると、そんなことお構いなし!
謡ったり舞ったり、特にお風呂場では大声出して練習。
ほほ・・・、いい迷惑だったことでしょうね。(汗)

暑すぎた夏には、着物に袖を通すことはなかったのですが、
必要にせまられ、袴の着付けも、なんとか出来るようになり、
着物もドンドコドンドコ着て、袖、袴の感触になれるようにしました。

そんなこんなしているうちに、大いなる緊張が
幸せなんだと感じるようにもなってきて・・・。

さて、面白いもので、発表会に参加させていただくようになってから
着物の選び方が変わってきました。

大好きな紬系より、無地に近く、袴に合う色でやわらかめにです。
今回も綺麗な色を選び、夫も友人もいい感じだったと言ってくれました。
欲をいえば、もう1,2着、違う色で、袴が欲しいところです。
さらに、とめどもなく欲言えば、そりゃお遊び用だってね・・・。
能舞台で着用してものは、お写真自粛します。

あと、とてもお勉強になったことがあります。
当然ですが、袴は男の着方をするべしということです。
補正の仕方が、女性用と全く違ってました。

やはりね、能舞台で、すっと立ったとき、
美しく着ていると、本人も観客も安心できるようなそんな感じがします。

さぁ、来年はどんな演目を師匠は選んでくださるだろうか。
それとも、もう結構ですといわれるか。
それはあまりにも悲しすぎる!

これからも、もっともっと精進していきます!






コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加