つきのこ的徒然日記

見たこと感じたことを徒然なるままに。
わがまま自由気ままにゆったりと・・・。

謹賀新年

2017-01-01 18:56:00 | Weblog


昨年はいろいろとありがとうございました。

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸10年経ちました

2016-12-14 18:00:00 | お稽古


またもや、長期間更新ならず・・・。

思っきり忙しくしています。でも楽しい!
クリスマスには仙台まで出張決定。
ある学会で我社の書籍紹介と販売。
有り難いことです。

お稽古は早舞から序ノ舞へと移りました。
この急激な動きの変化のお陰で
しっかり体幹がついたような感じがしていたのですが
これは師匠の目から見てもそうらしく、
序ノ舞を終えたら、また早舞にして行きましょうとアドバイス。
いやいや「八島」では苦労しましたのに・・・。


ところで本日、拙ブログ丸10年を迎えました。
皆様方のおかげです。ありがとうございました。

祝すべきこの日、満月なのに雨。
それにお見せする写真も撮ってなく、
我が家の茶トラ君たちに登場してもらいました。

忙しさは年末まで続きそうです。
お正月に大掃除にならなければいいなぁ・・・。

ごめんなさい。
まだしばらくコメント欄はおやすみ致します。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も観月能へ

2016-10-27 10:40:40 | 能・狂言
まずはお詫びです。
拙ブログにお越しいただいたのにも関わらず
長い間更新できずにおりました。ごめんなさい。



今年も観月能に友人と行って来ました。
雨女の友人と晴女の私、私の勝利でございました(笑)

今年は第20回という節目もあり、
能「羽衣」と半能「高砂」と贅沢な組み合わせでありました。

私たちのお席から十三夜のお月さまがよく観えました。
今回の観月能は来年1月中旬にEテレで放映予定です。
美しい天女と神々しく勇ましい住吉明神をぜひご覧くだされませ。

島内の旅館を予約していたので
観能後はゆっくり夕食をとることができました。

旅館のご家族と久しぶりに再会できたのも
嬉しいことでした。
宮島へ来るようになって定宿としていたのですが、
4年前からなかなか予約が取れず、
今年はやっと取れた次第でした。

翌日は弥山へハイキング。

飛行機の搭乗時間も気になり中腹で断念、
頂上までのお楽しみは次回にとっておくことに。
山道が整備され、ほとんどが石階段になっていて
下りを考えると無理しない方がいいと友人と意見一致。


滝が清々しい。
それにしても「まむし注意」の立て看板がアチコチに。


実はあることから手首から指先しかも両手がかぶれ痛めております。
だいぶ回復に向かってきていますが、何もかもちゃちゃっとできず、
さらには思考回路も今ひとつふたつ状態。
なわけで、コメント欄はしばらくお休みさせていただきます。

いずれ蓮の葉の染めのこともUPしたいし、、、、。

元気になったらみなさまのところに遊びに参りますね。
よろしくです。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆるゆる断捨離 -布-

2016-07-14 08:00:00 | 染織

ゆるゆる断捨離は続いています。

タンスに奥にしまってた国産絹の二重織ストールは、
18,9年前に数枚、友人から譲り受けたもの。
その中には珍しい三重織ストールも1枚入っていた。

呉服屋を営んでいた友人が
中国産より日本産絹の上質さを
もっと知って欲しいという強い思いで、
養蚕業者や織物業者を、全国見て回り普及に頑張っていた頃、
応援の気持ちで試作品ストールを譲り受けた。
結構いい値段だった。

染めて長年使用していると、
中国産とものが違うのがよくわかる。
肌さわりがよく柔らかい、でもへたってはいない。

染織仲間にも分けて
自分用に染めたのはクサギとすくも藍の2枚。

箪笥の奥にしまい込んでいた貴重なストールは、
蓮の葉で染めようと思っている。
まだ花が咲く前に。


お稽古場の庭(師匠了解済)に茂っていた笹の葉で
染めた絽の帯揚げは、蓮の実で絞って重ね染する予定。
(絞り糸探し中^^;)
笹は一般に色が出ないと言われているけど、
薄い上品なシャンパン色に染まった。

二重織ストールとは媒染を変える予定なので、
それぞれの色が楽しみ~。


蓮の葉の色をいただく・・・、なぜか心が弾みます。

出来上がったら、UPさせていただきますね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

父の手紙

2016-07-05 08:27:00 | 独り言


まだ暑くなる前に、
物置においてた古い手紙の処分をした。
結婚当初から保管してた30年分の手紙やハガキ、カードなど、
段ボール2箱分。

写真もあり、ひとつひとつ見ていたら限がなく、
このたぐいの片付けは最後にすべしと
誰かがおっしゃっていたのを思い出した。
もう後の祭り・・・。

そんな中、父からの手紙も見つけた。
遅めの結婚、出産の私を気使う父からの手紙。
また孫(息子)に宛てた手紙も出てきた。優しいジィジ。

パソコンや携帯がない頃、
不便さはあったが、いい時代だった。

やっと20分の1程度に減らした手紙は
もうしばらくとっておこう。
そして、また10年後に読んでみようかな。
(生きていれば・・・)


半夏生

そういえば以前、義母の遺品の整理していたら、義父の手紙を見つけた。
もう64,5年前、義母との結婚を親に許しを乞う手紙、数通。
義母にとって宝物だったんだろう。
















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

バランス

2016-06-26 08:10:00 | 独り言

蓮の葉、表から。

先日、医療関係の仕事をしている友人が
心と体をテーマに勉強会を催した。

今回は精神科医の先生のお話。

ユーモアなのか自虐的なのか自慢なのか
わからないけど、病名、症例を交えながら話すこと約2時間。

これまでお会いした医師とはまた
ちょっと違う雰囲気をもっていらっしゃるのは、
メンタルの治療ゆえなのか、、、、、?

メンタル部分のバランス感覚は難しい。
お話伺いながら、自問自答しましたね。
私はどうなんだろうかと。


ネジハナ
  
「日出処の天子」すべて読み終わりました。
山岸涼子さん、あなたは凄すぎる。
漫画界に残る名作だと、家人と意見一致!

やはり名作といわれている
萩尾望都さん「ポーの一族」も読むことに。
そういえば、最近続編が出て話題になってますが、
こちらも楽しみ~。





















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鍛えていく

2016-06-23 09:13:13 | お稽古

蓮の葉、裏から。
美しき蓮の花は水泥の中で、地上にお目見え準備中。



できることなら1番避けたかった演目を
いまお稽古中。

師匠からどうですかと打診された時は、
私には程遠くて、ただただ憧れの演目ですと
お返事するのが精一杯で・・・・・・。

要するに修羅能の舞は我が体力ではついていかない!
自信がなかったんです。

・・・・・・始まりました(涙)

習い始めの頃は、舞を覚えるより、大腿筋や膝の痛みを
我慢するのが精一杯でした。
それが2ヶ月経った頃、おや?痛みが半減!?

体は鍛えられていくのですね。
身を持って体験。

しかし、ここで安心してはなりませぬ、
より完成度を高めて猛特訓です。
ガンバロ~~。



宇宙のリズムを編みこんだ農事暦「種まきカレンダー」を参考にして、
夕顔と朝顔の種を蒔いた。
順調に成長。




















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

社員旅行!?

2016-06-17 10:33:33 | 旅行


先日、会社の月一会議で-。

編集報告や運営面などひと通り話合い、
年内2,3冊は発刊できることも確認して、
そろそろ社員旅行を実現しましょうという話に。

これまで冗談で社員旅行なんて言ってましたが、
とうとう決定事項となり、議事録にも記載です。

で、行き先は来年の春、山陰・島根に!

どのルート?どこ観光?どこ泊まる?温泉は?
会議より話は盛り上がり~~(笑)

今年の秋も候補に上がったけど、
私めが発表会や宮島と忙しい時期でもあったりで、
来春3月会社設立10周年を記念してと相成りました。
いい節目になります。

次の20周年で社員旅行いけるかな?
それより会社存続してるか、私ら生きてるか、
わかんないね~、大笑い~

極小出版社、ほぼ手弁当でみんな頑張っています。
時々ぼやくこともありますが、
仕事を通して前頭葉のいい刺激になっているのは確かです。

私の師匠はまだ頑張って続けているんだと
感心してくださったこともありました。

厳しいとわかっている出版業界に参入し
はや10年、まだこれからも仲間とともに
ガンバロ~です!

番外編-

ミニトマトのピクルス、簡単で美味しくって。
他にも大根、人参、きゅうり。紫玉葱のピクルス作ってます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画をたのしむ

2016-06-11 19:24:00 | 読書
ここんとこ山岸涼子さんの漫画に夫婦で、はまっています。

大の大人がいうのも何ですが・・・・・、怖いです。
でも面白い。

中古本ですが「日出処の天子」全巻もゲットしました。


バレエ漫画の方は読まなくていいかなと思っていたのですが、
大きな間違いでした。

「牧神の午後」を読んで、
ニジンスキーという天才バレエダンサーの人物を
漫画で簡単に知識を得ることができて、嬉しかった。
雑学ですがね。

山岸涼子さんの漫画を読むきっかけは
5月に拝見した友枝さんの能「黒塚」だったかな。

友枝昭世さん、山本東次郎さん、馬場あきこさんの
アフタートークで「黒塚」の鬼は、
女から鬼になったのか、鬼が女になっていたのか・・
で、お三人とも、女から鬼で一致。

女から鬼か・・・・・、
お能では他にも般若の面をつける演目いろいろあるなぁ・・。

なんて、鬼さんの事、考えていたら、何故かしら山岸さんの漫画に
たどり着いたんです。


八重のドクダミ。













コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

申年のメダカ誕生

2016-05-30 11:38:00 | メダカ
早朝から暑いと感じた日曜日、
今年最初のメダカが誕生しました。
おめでとう~。

5年間生きた長寿メダカの最後を見届けた後、
もう増やすのはやめようと思い、
冬場かなり少なくなってとこをみはからって
年代別に分けていた赤メダカ(楊貴妃)とクロメダカを
それぞれの水甕に移した。
メダカのタテ社会だな・・・。

赤メダカ10匹、クロメダカ6匹に激減。
何百といた頃に比べると極端に少ないね~。
管理が悪いというより、自然任せを選んだ結果でしょうか?

クロメダカがいた水甕は、睡蓮とコインウォーターが生い茂り、
メダカにとってはジャングル状態。


年越したホテイアオイに産みつけた赤メダカの卵を
新生時用の骨董火鉢に移して様子を見ることに。
で、10日目に孵化した。


クロメダカもやっと産卵し始めた。

うれしいけど、
増やし過ぎないように心します。
これはメダカに限らずです。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加