月にかかる虹

あまのじゃくで好奇心いっぱいなおばさんの日常、非日常

『ういろう売り』 ②

2017-02-12 07:42:50 | 日記
①の“拙者親方と申すは、お立会いの中に、ご存じのお方もござりましょうが”

“ご存じのお方もござりましょうが”の部分はよく間違ってしまう。
“お方”の“お”が抜けたり、“ご存じある”と“ある”を入れてしまったり。


さあ、次へ

“お江戸を発(た)って二十里上方(かみがた)、相州(そうしゅう)小田原、一色町(いっしきまち)をお過ぎなされて”

(江戸を出発して上方に向かって二十里(1里=約3,9㎞、約78㎞、すっごくがんばれば一日でいける、ふつうは2日くらいの旅程)、相模の国は小田原の、一色町の少し先にいらして)

ここの部分はリズムがいいし覚えやすそう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “青春の詩” サムュエル・ウ... | トップ | 『ういろう売り』  ③ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事