【実録】会計事務所(公認会計士・税理士)の経理・税金・経営相談

大阪市北区の築山公認会計士事務所(築山哲税理士事務所)です。
身近な疑問の解説と役立つ情報の提供をさせていただきます。

仕入と外注費、給料と外注費

2010-03-08 17:00:00 | 勘定科目と仕訳
外注とかアウトソーシングという言葉がよく使われます。これに関する費用は外注費という勘定科目で処理されますが、この外注費という勘定科目の使い方は案外難しいです。

■仕入と外注費

商品や材料などの物を仕入れた場合には「仕入」で処理します。一方、外部の業者に加工などの作業を依頼した場合には「外注費」で処理します。

仕入をする業者に同時に加工などを依頼することもあります。このような場合には、「仕入」で処理することが通常でしょう。

■給料と外注費

雇用している従業員に対する対価の支払いは「給料」として処理します。一方、外部の業者に同じことを依頼してもその対価は「外注費」として処理します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★外部に依頼しても全てが外注費になるわけではない

郵送、運送、OA機器の保守などは、外部に依頼するのが通常です。しかし、これらを外注費として処理はしないでしょう。

外注費という勘定科目の使い方は案外難しいです。大切なのは、外注費として処理する費用の内容について明確なルールも設け、それを遵守するということです。
ジャンル:
ビジネス実用
キーワード
アウトソーシング
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 確定申告百景2010・その6(... | トップ | 確定申告百景2010・その7(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。