【実録】会計事務所(公認会計士・税理士)の経理・税金・経営相談

大阪市北区の築山公認会計士事務所(築山哲税理士事務所)です。
身近な疑問の解説と役立つ情報の提供をさせていただきます。

サラリーマンの年間20万円以下の副収入は確定申告が不要!

2007-02-05 17:27:16 | 所得税の確定申告
そのとおりです。しかし、注意しなければならない点があります。

(1)20万円以下とはすべての副業の年間合計で判断しなければならないということ

(2)収入と所得は違うということ
事業所得、不動産所得、雑所得の場合には、収入から経費を差引いた所得で考える必要があります。

(3)確定申告するほうが有利な場合もあること
収入から源泉徴収されている場合には、あえて確定申告して還付を受けるほうが有利なこともあります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡易な?税務調査 | トップ | 確定申告書を書く(その2) »

あわせて読む