村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

銀杏の落ち葉

2017-12-13 23:19:45 | 村雨庵 稽古 
今日は十二月十三日
事始めの日
お正月の支度をしはじめる日だそうだ
かつては旧暦12月13日
現在は新暦12月13日に行われ
昔はこの日に
門松やお雑煮を炊くための薪など
お正月に必要な木を
山へ取りに行く習慣があった
とウィキペディアにあった

今日は村雨庵水曜稽古
何を掛けようか
歳暮らしいのをと思ったが
やけに銀杏の黄色が気になって
銀杏の俳句にした


大半は川へ銀杏の落ち葉かな 
   王樹

阿部王樹
俳人。福岡県生。
河東碧梧桐に入門、新傾向俳句を学ぶ。
のち青木月斗に師事、
『同人』の重鎮となった。
また俳画も能くする。
句集に『阿部王樹句集』等。
昭和49年(1974)歿、86才。
(美術人名辞典ヨリ)
ふりがなは書いてなかったので
名前をなんと読むか不明だ



茶の湯・茶道ランキング
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炭取のひさご | トップ | 五条の月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

村雨庵 稽古 」カテゴリの最新記事