村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

金鈴響く

2017-03-13 01:48:54 | Weblog
護摩壇に金鈴響く春の雨
          漱石

エス先生の追悼茶会が
茶道会館にて披かれた
大勢お客さまがいらして
エス先生を懐かしんでいらしたとのこと
元気でいれば私は
水屋に居るはずであったが
インフルエンザが完治せず
お腹の不調と咳が止まらず
じっと家で寝ていた

大事な茶会や茶事に
どうしても出られなかったことが
若いときから何度かあった
体の具合がひどく悪いので
やむを得ず休むしかないのだが
あてにならない
体調の管理を怠ったゆえに
そうなるのだとも
自分の先生によく叱られた

自己管理の不備だ
反省している
私はインフルエンザにかかれば
いつも他の人より長引くのだ
でもそれも
ほぼ
体調は戻って来た
明日まで
静かにしていよう




茶の湯・茶道ランキング
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拗コジらせる | トップ | 眠る人アリ春の雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事