村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

想うこと言わねば知らじ

2017-06-19 04:12:26 | 植物・茶花
おもふ事
いはねば知らじ
口なしの
花のいろよき
もとのこころも
     樋口一葉

家の隅にクチナシが植えてある
香りがあり茶花として使わないので
花が咲いても咲かなくても
あまり感心がない
わざわざ見に行かないと
見えないところに植えてあり
種を料理に使うときだけ
ハタと思い出す

実の口が開かないので
口無し
というらしい
茜科の植物で香りが良い
開花時期は 6月半ばから7月末頃
一重ものは早咲き
八重ものはやや遅咲きで実を付けない
実は薬用や染色になり
かつ無毒であり
たくあんや金団の色付けにも使う
台所の引出の中に今も何個か入っている
役に立つ植物だ

また国蝶のオオムラサキの幼虫は
クチナシの葉を好んで食べるようで
電気かガスの検針に来る人から
ただの毛虫じゃないのだと聞いた

梔、桅、梔子、巵子、支子
と書く
難しくて多分書けない

写真は 夏椿 
クチナシではない


茶の湯・茶道ランキング
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名水の茶事つづき | トップ | 蓮の広葉は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

植物・茶花」カテゴリの最新記事