村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

山花開いて錦に似たり

2017-04-06 01:14:15 | 村雨庵 稽古 
写真は昨日の床の間
一行は
山花開似錦
読みは
山花開いて錦に似たり

出典は碧巌録
澗水湛えての如し
という対句がある


四月の水曜稽古
午後から見学の方が見えた

亡くなられたお母様がお茶の先生で
今も特に茶に魅力を感じたわけでは無いが
残されたものを整理をすると
お茶の道具や着物等があった
部屋に集めるとあまりにもたくさんで
その量に驚いたが
それらをみんなゴミにしてしまうには忍びなかったそうな
若いときは自分の意志で習っていたわけでは無い
でも
今日は自分でお茶を習おうと
思ったと力強く仰る

利休道歌に
その道に入らんと思う心こそ
我が身乍らの師匠なりけり

人に誘われてする事より
自分の意志で始めた事柄は
自分を励まし
自分を指導してくれる
師匠はすでに自分内側にありますよ
ということ

来週から
村雨庵に入門なさるとのご返事
お仲間が増えて
社中共々嬉しい
大歓迎だ


茶の湯・茶道ランキング
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花見のさわぎ | トップ | たえて桜のなかりせば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む