村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

大晦日

2016-12-31 21:56:08 | Weblog
昨日届いた果物の中に
苺があった
あまおう だ
苺は早く食べるに限る
美味しいうちに食べよう
さっき
中落ちのおろし和えを作った
てんやの天ぷらとで
年越しそばを食べた



除夜の畳拭くやいのちのしみばかり 水巴

渡辺 水巴
わたなべ すいは
1882- 1946
東京出身の俳人。
父は渡辺省亭、
1900年内藤鳴雪を訪れ門下生となる
また同居した妹つゆ女も俳人であった。
1906年、高浜虚子に師事。
1945年、強制疎開で藤沢市鵠村に移り、
1946年に同地で没。享年65。

村上鬼城や飯田蛇笏などとともに
大正初期の「ホトトギス」中興を
支えた俳人の一人で、
江戸趣味を湛えつつ繊細で
唯美的な作風であった。
(ウィキペディアより抜粋)



茶の湯・茶道ランキング

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高階 貴子タカシナノキシ | トップ | 一月一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事