村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

藤原道綱母ふじわらみちつなのはは

2016-09-18 22:41:32 | 女房三十六歌仙
藤原道綱母
フジワラミチツナノハハ
936-995
平安時代中期の歌人。
藤原倫寧の娘。

藤原兼家の妻の一人
子は道綱

『蜻蛉日記』は
兼家との結婚生活の
様子などをにつづった。

小倉百人一首では
右大将道綱母とされている。
小倉百人一首
歌番号53番

なげきつつ
ひとりぬる夜の
あくるまは
いかに久しき
ものとかはしる

兄・藤原理能の妻は
清少納言の姉

姪の菅原孝標女は
『更級日記』の作者


藤原氏の家系図を頭に
すっぽり入れておくと
何かと便利だが
そうそう入らない
これからは悲しいが
ますます覚えられなくなるだろう



茶の湯・茶道ランキング

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百合子姫の濃茶席 | トップ | 袍(ホウ)の色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む