月の笹舟・銀河の雫

触れるほどに・好きになる

・・心ほどに・恋になる

心移せば・いつか逢える日

熟れる秋 思い出すかな 去年の実

2017-04-29 | 銀河の雫
柿の実


渋い柿ほど


熟すと 美味いのです


熟すまでの間


鳥に 虫に 食べられないか


風に揺られて 落ちないか


誰かに盗られないか(笑)


種の部分のゼリーのようで プリッとして


その喉こし


凍らしても


時には 焼いて見ても


自然に 完熟になるまでの 待ちどおしさ


その味覚を 想像しながら待つ 果物って


有るようで あまりない


今年の柿も 小さく小さく 実を付けはじめて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゼリアに 何気なきかな ... | トップ | 反撃 安倍無い閣  »

コメントを投稿

銀河の雫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。