月の笹舟・銀河の雫

触れるほどに・好きになる

・・心ほどに・恋になる

心移せば・いつか逢える日

重ねるも 何故に遠きか メール素

2017-05-17 | 銀河の雫
文字


言葉にならない のは


時を 重ねることが


出来ぬ故か


本来


言葉の やりとりが


葉書や封書よりも 浅く


活字の 羅列と思ってしまう


自筆の 言葉とは


何倍も 気持ちが 伝わらないのは 何故だろう


葉書や封書は


投函してしまえば 二日ないし三日で 届くだろう


されど


手紙には その文字の一つ一つ


言葉の繫がりや 気持ち


訴えかける様な気持ちが 伝わってくるのだろう


冷めた様な 活字の言葉は


時として 誤解や 相手を 傷つけるが


手紙の 言葉は

その


傷ついた 心さえも 治癒してしまう様なことがある


出せない手紙も あるだろう


なんども描きなおしたり


長く なったり 短くなったり


でも


伝わってくる 想いや 心模様は


破り捨てられる ことなく


伴に 生きている
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィクトリアスマイル(笑)結果 | トップ | 風の下 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。