築地市場 大根河岸から豊洲まで?

築地 東京つけもの史
漬物という食品につながるエピソ-ド

豊洲市場のポストトル-ス(真実後)

2016年10月16日 | 築地市場にて

15日築地市場内にある東京都講堂で盛り土の問題の専門家の会合があった。多くの市場関係者が参加していた。近所でありながら、居眠りしていて不参加となる。16日読売新聞の朝刊で『虚偽』で世論誘導という記事を読んだ。EU離脱問題などでイギリスのEU離脱派が虚偽を語っても、検証されず、批判もされない。真実を語ることももはや重要ではない。たとえ虚偽を語っても、それが『誇張』だったと弁明し、『言い間違い』をしたとごまかせば許容される。政治家は自らの正義を実現するために堂々と虚偽を語るようになった。今では情報操作として正当化されているという。 アメリカ大統領候補のトランプ氏が支持される根拠を見たような気がする。

 豊洲の汚染除去工事は無理があって、絶対長期にわたって汚染物資がでる可能性があるのに、目先の安心安全を強調し、盛り土さえあれば大丈夫と言い続けたツケがやってきた。そもそも汚染がどのような仕組みで食品に入るかを研究している人がいるのだろうか。不安感をあおり、検証できない食品汚染を強調しTV視聴率を上げることしかない報道機関には冷たい専門家の意見のように思える。そして豊洲で働く人の不安が残る。

 衛生管理の基本である温度管理ができない施設の築地は消えてゆく運命かも知れない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾張本草学から | トップ | 準公金 中央卸売市場会計 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。