築地市場 大根河岸から豊洲まで?

築地 東京つけもの史
漬物という食品につながるエピソ-ド

豊洲の上下の安心論の破たん

2017年05月19日 | 築地市場にて

予想通り18日開催の豊洲汚染問題の会議は中途半端となる。結論が前日に情報漏えいし、儀式化した会議は豊洲移転反対派によって、会合が中途半端となった。次回開催で混乱は治らないだろう。専門家の考えと築地の人たちの考えは一致していないので何回開いても結論は出ないだろう。地下を江戸時代の東京に戻せという人と今の環境基準に適合した状態になるにはどうすれば良いかの専門家の考えがここで破綻した。あまり築地の人が豊洲の汚染を追及すると築地の汚染が広報されたときもう築地再建築が消える。もっとも東京都の財政と都知事のパフォ-マンスで次の選挙で取り上げないほうが戦術として正解かもしれない。毎年十数店舗水産仲卸が減少しているので時間がたてば再建案より築地不要案が主たる考えになるかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の豊洲汚染会議は荒れそうで | トップ | 豊洲移転の儀式の終わり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。