築地市場 大根河岸から豊洲まで?

築地 東京つけもの史
漬物という食品につながるエピソ-ド

押しとおる 星亨

2017年04月18日 | 築地市場にて

刺殺された元祖金権政治家・星亨のことを知るため図書館より本を借りる。彼の出生地が二ヶ所あった。今の銀座8丁目と築地6丁目だった。こんなことから中味を見たのだが自由民権運動福島事件の被告人の弁護士だった。

 東京都の政治に関与し金権政治家として今に残る。豊洲の混乱の原点かも知れない。築地の総意によって築地再建の案ができると思っている政党がある。多分十年以上の時間がかかる。強引な手段を取らないと築地の人たちの意思はまとまらない。オリンピック招致以上のものがあるのだろうか。だらだら会議が続くしかない。赤字業者の多い仲卸の会社は会議に回す人も無く、商売のほうが優先される。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤痴遊を知る | トップ | 大詰めの予感 豊洲移転 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。