築地市場 大根河岸から豊洲まで?

築地 東京つけもの史
漬物という食品につながるエピソ-ド

絵に描いた餅も時間が経てば

2017年04月22日 | 築地市場にて

突然現れた絵に描いた餅の様な見た目ではおいしそうな築地市場再建アンだが時間が経てば絵で夢でもあることが知れてくる。日々の仕事で追われ劣化していく築地市場で誰か死者が出るまで我慢比べ。いっそ都の情報公開で築地経由の疑わしい衛生事故を報道したらどうなるのだろうか。日本の食相場が大混乱になることは必死でさらに食目当ての観光客が激減するだろう。放射能の問題でもあれほど騒ぐ異国人が築地の衛生問題をどう報道しないのだろうか。多分どの国でも同様な問題を抱えているのだろう。

 衛生面で一番慎重な病院でも院内感染があるのに築地の今の状態で衛生事故がないのは報道の価値がないということなのだろうか。朝鮮半島の危機で戦争準備報道が始まったようなものだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾンの築地市場殺し | トップ | 客観的に見ても違法状態だけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。