築地市場 大根河岸から豊洲まで?

築地 東京つけもの史
漬物という食品につながるエピソ-ド

尾張本草学から

2016年10月15日 | 福神漬

上野の科学博物館で開催されていた田中芳男の展示会で殖産興業ということを感じていたがなかなか文献が見つからなかった。東京大学の歴史のところから尾張本草学伊藤圭介と田中芳男の比較からようやく理解ができた。さらに伊藤圭介と川路聖謨との関係を知った。

 日本博覧会の父ともいわれる田中芳男がなぜ福神漬の命名関連の文献に出てくるかなぞだったが殖産興業として缶詰入りの漬物を推奨してもおかしくはない。上野で開催された水産博覧会で缶詰が出ていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のり弁の海苔を取ったら | トップ | 豊洲市場のポストトル-ス(真実後) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。