これから・・・ 2

毎日がこれから なんです。庭に咲く花を中心に、
身近な出来事など …そんな様子を書きとめています。

大人の遠足 とかさや散策

2017-07-16 09:10:45 | 馬場先生の野外講座


とかさや詩歌 東京・埼玉編

7月の大人の遠足 とかさや散策は教室での講義です(7月15日)


4月から始まった大人の遠足の中から
東京と埼玉の地を歌った詩歌を学んだ講義でした。

沢山の方の言葉で風土や環境などが込められている
詩歌を読んで新たな風景を感じました。

特に印象深く感じたのは 
埼玉の高麗川駅の近辺にあると云う次の様な詩でした。

関東平野西端の日高町
ローム地帯を川は流れる
秩父の山に源を発して
雪代の高麗川は流れる

西暦663年百済亡ぶ
半島の流民は集団をなして渡海
にほん列島に亡命した

ついで668年高麗亡ぶ
ときに天智天皇冶下の丙寅5年
超えて女帝元正天皇の霊亀2年
甲斐駿河の高麗人1799名を
武蔵野の原に移し
拓荒に従事せしめた
彼らは先進文化の所有者であった
牧畜、農耕、繊工、鍛工
おどろくべき新技術を開発した

それから1250余年
早春の高麗川は流れる

群れ遊ぶヤマベは亡国民の化身
うるさいほどのウグイスの声
         高麗川 緒方 昇


講義の最後に みちしるべの詩「峠みち」をみんなで声を合わせて朗読した。
講義中に机上で撮ったので見難いですが…その詩です。
クリックすると拡大します



とかさや散歩も9月に大磯の高来神社と平塚八幡宮。
10月には埼玉の日高市の高麗神社を訪ねる予定です。
凄く楽しみです。いい講義でした。


教室の講義の次は昼食会です。
アシスタントの森脇さんが予約して下さったSCENEで洋食。
飲み物を決めて先ず乾杯~ 私はワイン…

前菜です~
海の幸のサラダと鰯のテリーヌ。



みんな美味しそうに頂いています~
(シエッフが撮って下さいました)





ヴィジソワーズ スープ。



牛ロースのステーキ
お肉が柔らかくて美味しかったです~



彩りデザートの盛り合わせです。
程よい甘さと冷たさが美味しかった!
コーヒーを頂きながら…

野外講座で歩いた時の楽しい思い出話などが中心です。
その他、近況報告や雑談などで盛り上がったお食事会でした。
8月はお休みの月ですが
又9月から馬場ファミリーは歩きます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アガパンサス | トップ | ミソハギ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む