えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

中越沖地震と能登半島地震

2007年10月18日 19時40分06秒 | ドンキホーテ
 大げさでなく災害が起きたら世界のどこへでも助けに行くヒューマンシールド神戸の吉村誠司さんから、今年7月に発生した新潟県中越沖地震の報道写真集が届きました。写真集を見ると私が思っているより、被害はひどいようです。

 吉田さん、インドネシアの津波、フィリピンの火山噴火、新潟県中越地震(04年)、豊岡の水害、宮崎の台風災害、能登半島地震そして表題の新潟県中越沖地震と救援に駆けつけました。
 今頃は吉田さんが災害救援活動を始めるきっかけになった阪神淡路大震災の神戸にいるのでしょうか。

 写真集と一緒に届いた活動報告の中に、吉田さんのこんな一文が、
 「能登半島地震への支援は中越沖地震発生の為に必用とされています。(激減しました) 今後とも応援よろしくお願いします。観光での支援も喜ばれています!」
 能登半島地震の後に起きた中越沖地震に多くの人の目が移って、能登半島への支援が減っているとのことでしょう。

 「観光での支援も喜ばれています」
 この秋に旅行をお考えの方は、能登はどうでしょうか。
 私もこの秋は無理ですが、次は考えましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 騙されやすいから | トップ | まくどのサラダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。