えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

3月のライオン後編

2017年05月18日 14時46分18秒 | 劇・映画・音楽
 東北のみなさん こんにちは

 法要三昧の中、ジャズを楽しんだゴールデンウイーク、もう一つ映画「3月のライオン・後編」も愉しみました。お得意先が撮影の小道具を協力していて、エンドロールに名前が出るからと薦められ前篇を観に行った限りは後編も観ないと納まりがつきません。

 前篇では主人公の少年の棋士としての成長が縦糸なら、育ての親やその家族との人間関係の溝が横糸に流れていました。後編、その溝がより深まっていき、さらに信頼を置き身をゆだねていた人々との間にも大きな亀裂が生じます。ますます将棋だけに傾倒していく主人公を最後の最後に救ったのは。

 前篇を観賞して、後編はあまり期待していませんでした。しかし、

 「主人公の義理の姉が不倫相手に振られた時、主人公に助けを求めていたら」、
 「主人公が信頼していた3姉妹が、実父を最後に許していたなら」、

 など、自らストーリーを変えてみたくなる場面がちょこちょこ出てきました。この種の映画ならハッピーエンドと分かりながらも、それこそそんな紙一重なハラハラドキドキを愉しめました。

 お薦めします。

 これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モアパレード | トップ | 統一マダン、21日に生野で開催 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。