tuka18209917

s45s05m17d

2日目のカレーは危ない 鍋のまま常温保存で 腹痛に...ちゃんマン , 婚活 , 必勝法 , 犬に論語 , 小豆教祖

2017-04-21 11:45:24 | 日記
2日目のカレーは危ない 鍋のまま常温保存で 腹痛に

常温放置したカレーは、
食中毒を引き起こす「ウェルシュ菌」のパラダイス状態

ウェルシュ菌は、
土の中、ヒトや動物の腸内にもいる、ありふれた細菌のひとつ

カレーに入れるジャガイモやニンジンなどの根菜に付着


ウェルシュ菌は、
熱から自身を守るため「芽胞(がほう)」という
殻を作り休眠状態となります。

芽胞となったウエルシュ菌は、
100度の熱にも耐えられる強度となり、
カレーを1時間煮込んでも死滅することはありません。
冷凍、乾燥にも強く、アルコール消毒も効かない

常温保存すると、
温度が下がってきたところで芽胞型のウェルシュ菌が目を覚まし、
もとの状態に戻り増殖を始めます。

ウェルシュ菌は、
空気に触れると繁殖をしない嫌気性の細菌ですが、
カレー鍋の中では、空気が無く、
増殖に適した温度が長時間続くため、
その量は数時間で爆発的に増えます。

45度で10分で2倍に増殖するため、
8時間で281兆倍(理論値)まで膨れ上がります。

ウェルシュ菌の数が増えても「無味無臭」のため、
その変化に気づくことはできません。

芽胞型のウェルシュ菌は加熱では減りませんが、
増殖型のウェルシュ菌と
芽胞の際に形成される毒素(エンテロトキシン)は
加熱でなくすことができます。

ウェルシュ菌は、
体内に取り込まれると腸管内で危険を感じ芽胞を形成します。
その際に毒素(エンテロトキシン)を産生し、
この毒素の作用で発症します。

潜伏時間は約6時間〜18時間。
ほとんどの場合、12時間以内に発症します。
症状は腹痛、下痢が主で下腹部がはることが多くみられます。
1〜2日程度で回復し、生死に関わることはまずありません。

ウェルシュ菌の増殖について、
カレーに限らず、シチューやスープなどの料理には共通して起こります。

実は腹痛の原因がこれらの料理の保存方法によるもの
だったということもあるかもしれません。

































ちゃんマン , 婚活 , 必勝法 , 犬に論語 , 小豆教祖




子曰、不得中行而與之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不爲也

, 狂狷 , 巧言令色鮮矣仁 , 大言壮語 , Boasting , Gewalt
, 婚活に勝ちたいやつは、これを聴け
, meiyong , 没用了 , 海底撈月 , 河童に水練 , 禍棗災梨



山羊(ヤギ)の性格
自分勝手、マイペースな性格、自己主張かなり激しい、高いところが好き
仔ヤギは特に寂しがりやで、飼い主のあとをずっと追い続けるほどの甘えん坊です。
人に懐きやすい性格をもっています。
頭突き、自分の力を誇示したい時に見られる行動、頭突きで威嚇、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンビニ弁当で 嘘つきになる... | トップ | 断りようがないオファーをい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL