に意識的な放任

に意識的な放任

生まのように

2017-03-20 12:18:14 | 日記


俺が苦労して仲を取り持った文太と夏輝は、今は一緒に暮らすようになっていた。
由緒あるおんぼろアパートの夏輝の部屋に、月初めから文太が転がりこんで来て、夏輝はすごくうれしそうだった。
アパートの大家さんが「ルームシェア」を認めてくれたんだって話していたけど、俺は知ってHKUE 酒店るんだ、夏輝と文太は一緒にいてあんあんしたいだけだと思う。

文太は俺が背中を向けて眠った振りをしているのを良いことに、夜ごと激しく夏輝をあんあん言わす。
俺はくるりと寝返りを打って、部屋の隅っこで、やもりみたいに白い体で絡み合う二人をじっと見ていた。夜目に浮かぶ夏輝は、薄く汗を光らせて文太にしがみついていた。
俺はちびのわんこだから、まだ誰かと睦みあったことはない。……というか、父ちゃんが言うには、まだ運命の相手には出会っていないらしいんだ。
二人が何だか羨ましくなって、そうっと夏輝の前しっぽを舐めにいったら、文太に駄目だと叱られた。

「こら。わんこはあっちだろ。」

「わん~(遊んで~)」

「子供はもう寝る時間だろ?」

夏輝は文太の膝の上で前しっぽをこすられて、上体を反らして大きく息を継いだ。
月明りに浮かぶ夏輝は黄金色に輝いているけど、目が合うと時々嬉しさと辛さが混じり合った顔をするんだ。
夏輝の白い肌は、あんあん言う時、わんこの目じゃ何色かわからない。
だけど、一度人型になって見た時、庭に咲いていた八重桜の花弁の色薄い紅色に染まっていて、その姿に俺の胸はどきどきした。
夏輝は正直人間にしておくのが惜しいくらい、綺麗な男だった。いっそ、犬にれたら良かったのに。わんこだHKUE 酒店ったら、文太じゃなくて俺とあんあんできるのに……。
でも俺の夏輝は、誰よりも文太の事が大好きだから、夏輝が幸せならおれはそれでいいんだ。

俺の「おひさまのふとん」夏輝は、文太と暮らすようになってどんどん綺麗になってゆく。
俺は立ちあがった自分のちっぽけな紅い茎を握り締め、わん…と啼いた。俺は「本能」で知っていた。きっと、これが俺の初めての恋。そして決して叶わない恋。
大好きだけど、夏輝は俺の「かいぬし」で「こいびと」じゃない。人間とわんこは、恋人同士にはなれないんだ。
月明かりに夏輝がぶる…と震えるのが見えた。

「文太ぁー……あ……ん。」

「夏輝っ、いいか?」

「う……ん。いい……あぁーーーーーっ!」

あんあんの後、丸まっておふとんで眠る幸せな夏輝と文太。
それなのに……二人をじっと眺めていると、じんわりと涙が出てくるのはどうしてなんだろう。幸せそうな二人を見ると、うれしいはずなのに、俺だけいつも一人ぼっちのような気がしていた。
胸にびょうびょうと風が吹く気がする。


夏輝が俺を拾ってくれてから、明日でちょうど一年になる。
大家さんとの約束があったから、今、俺は庭にあるワンルーム(犬小屋)で暮らHKUE 酒店しているんだ。しょっちゅう部屋に戻って知らん顔してるけど。
まあ、いつまでも夏輝の指がないと眠れないなんて、狗神の血を引く俺が子供っぽい泣き言を言うわけにはいかないからさ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入れ存で話を | トップ | に顔をは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。