所司一門将棋センター

日本将棋連盟
津田沼支部道場
津田沼子供将棋教室 スタッフブログ

所司一門将棋センター お知らせ

2024年03月01日 | 所司一門将棋センター

津田沼カルチャー&将棋センターをご利用いただき、ありがとうございました。
28年3月より、所司一門将棋センターとして移転をいたしました。

所司一門将棋センターに関する詳しい情報は
ホームページ  こちらへ
お問い合わせ
TEL 047-411-6395  
メールアドレス shogi@kisosya.com
アクセスは こちらへ

◎子ども教室のご案内について
将棋センター各クラスの紹介は、こちらへ
月間賞・センター発表 こちらへ 席主の思い出
将棋センター、ときんセンターのイベント紹介、普段のセンターの様子など日記を書いています。

◎ センター 平日のイベント 

〇将棋センターを平日にご来店のお客様、先着3名は夕方料金(500円)でご利用できます。

※15時までにご来店の方が対象になります。


〇土・日・祝日トーナメント優勝者発表しています。 

 詳しくは こちらへ 

土・日・祝日のトーナメントは13時30分までご来店の方は、必ず参加できます。 13時30分以降は、定員になり次第締め切ります。 是非、ご参加くださいね。

この記事をはてなブックマークに追加

5月後半土曜日の中級クラス教室

2016年05月28日 | 中級クラス
5月後半土曜日の中級クラス教室です。
今日は曇り空ですが雨までは降らないようです。
教室の終わりごろは晴れ間もでてきました。
ただこんな感じの天気が増えていて、梅雨入りも近いでしょうか。
今日は生徒さんは8人で体験が2人を入れると10人です。



大盤解説は角道オープン四間飛車です。
7筋に位を取るГらまで6ページ分解説しました。
後手が3筋を切ったとき先手が一手得をしますが、後手も一歩手に持つメリットがあり互角で推移します。
変化として▲6七金右と矢倉を構築すると、△3八歩の妙手があることを詳しく解説しました。
本譜手順は先手下段飛車にしてから銀立ち矢倉に組みます。
今日の最終手は揺さぶりをかける△5五銀で、この手には▲5六歩と突くと銀のただ捨ての狙いがあります。
次回は第1章・第1節のからです。
大盤解説のあとはおさらいをしました。



指導対局は平手、飛車落ち、二枚落ち、四枚落ち、六枚落ちでした。
みんな定跡通りうまく指されました。
体験の子もしっかりした将棋で、中級クラス教室で大丈夫でしょう。



この記事をはてなブックマークに追加

5.27ふれあいクラス

2016年05月27日 | ふれあいクラス
今日はぱらぱらと小雨がぱらついた日中。

もうすぐ、梅雨ですね。


急なことで申し訳ありませんが、

ふれあいクラスは今日を持って閉講させていただくこととなりました。

長い間、ありがとうございました。


このクラスではお会いできなくなりますが、

将棋を通して、縁ができましたことを

とてもうれしく思っております。

今後も将棋の普及活動は続けていきますので、

よろしくお願いいたします。


えいたくん>

今日は飛車角玉の将棋から19枚落ちが出来るまで
強くなりました!!
詰みの形を覚え、飛車角で協力して攻めていく
ことが出来るようになりました。
お友達とは9枚落ちで対局できました。
とてもがんばりました!
どうもありがとう。

けいたくん>

今日は四間飛車対居飛車穴熊の勉強をしました。
穴熊は固さを生かしてどんどん攻めるのが
いい手になりやすいです。
玉を囲ったらどんどん攻めてみましょう。
駒落ちは飛車取りをうっかりしてしまいましたね。
詰みがあったのに残念でした。
また、がんばりましょう。
どうもありがとう。

ゆうやくん>

今日はけいたくんと指すことが出来ました。
途中で時間が来てしまったのが残念でしたね。
これからもがんばってください。
ありがとう。

きょうへいくん>

今日はお友だちとの対局で
初めて9枚落ちの上手を持ちました。
とてもいい勝負で、最後はひきわけになりました。
よくがんばりました。
どうもありがとう。

おかもとさん>

今日は5×5の盤を使ったゲームと
駒の動きやルールの復習をしました。
金と金をくっつけることがとてもうまくなりました。
取られたら取り返すの原理が分かってきましたね。
ゆっくりやっていきましょう。
ありがとうございました。

こんどうさん>

今日は駒の動きとルール
1×1〜4×4マスでの将棋をゆっくりやりました。
成ると駒の動きが変わるのがポイントです。
金と金がうまくくっつくようになりました。
ゆっくりやっていきましょう。
ありがとうございました。






この記事をはてなブックマークに追加

5月後半木曜日の中級クラス教室

2016年05月26日 | 中級クラス
5月後半木曜日の中級クラス教室です。
今日は平均して曇り空が多く、もうすぐ梅雨入りでしょうか。
また少し蒸し暑かったです。
今日は生徒さんは体験入れて2人です。



指導対局は生徒さんといつもの二枚落ちで、定跡通りうまく指されました。
大盤解説、おさらいのあとに体験の子と平手を指しました。
体験の子は初心者クラスからになりそうでしょうか。



大盤解説は角道オープン四間飛車です。
第1章の第1節のГらまで6ページ分を解説しました。
後手が3筋を切ったとき先手が一手得をしますが、後手も一歩手に持つメリットがありこれがどう影響するかになります。
変化として▲6七金右を上がると、△3八歩の妙手があることがポイントで、この場面を詳しく解説しました。
本譜手順は先手が下段飛車にしてから銀立ち矢倉に組む展開です。
今日の最終手は△5五銀で、この手には▲5六歩と突くと銀のただ捨ての狙いがあります。
次回は第1章・第1節のからです。
大盤解説のあとは私の方でおさらいをしました。



この記事をはてなブックマークに追加

sクラス教室

2016年05月22日 | 所司一門将棋センター
今日のSクラスは4段の近藤誠也が担当しました。                             指導対局では飛車落ち2局、2枚落ち2局、角落ち1局を指しました。
私は久々の担当でしたが、皆強くなっていました。

大盤では吉田君と解説しました。角換わりは人気の戦法なのでしっかり研究してほしいです。
丸山9段の角換わりの棋譜を勉強するのもいいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加