「土といのち」のブログ

高知県・NPO法人「土といのち」の公式ブログです。
「土といのち」からの情報をお知らせします。

子育て中のお母さんへ ー読み聞かせの楽しさー

2016-11-20 08:00:00 | 日記
香美市 わたなべ農園の渡邉志津江です。

子育て中のお母さんもいると思ったので、つい、読み聞かせのお話書いてみたくなりました。
県立図書館のおはなしの会に入って勉強していたり活動したりしていました。
なつかしいな~と。

子育ての中で「絵本の読み聞かせ」だけは熱心にやりつづけたが、本当に楽しい時間だった。
それは自分が好きなことだったからで、けっして子どものためだけではなかった。

子どものみならず大人も虜にする「絵本の世界」は楽しく単純だが奥は深い。
10歳くらい(小学校4年生)になってくると、
どの子も自分自身で本の世界に入りたくなるようだ。
そうなると「母さんに読ませてよぉ〜」とリクエストしたところで
「自分で読むからいいよ」ということになる。
あんなに『読んで読んで』攻撃だったのになあ〜。

子どもの成長は親が考えているより猛スピードで進む。
母としては頼もしくもあるが寂しくもありで、複雑な心境になったものだ。
今はと言うと、月に1〜2回の絵本の読み聞かせに片地小学校へ出かけている。
子どもたちが小学生の時から始めたのだが、もう早いもので12年になる。
農繁期には前もってお休みすることもあるが、
基本『細く長く」がずっと続けていくコツである。
農業はある面、格闘技のようなものだから、
朝読書の10分間の限られた時間は別世界なのである。

私にとって、
おはなしを共有できる子どもたちとの空間は特別なもので、
本当に幸せで楽しいひとときだ。
だから、終わりのあいさつのときは
「おばちゃんが一番楽しかったと思います!ありがとね。」
と感謝を述べて教室を後にする。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2016年11月号より転載しました。
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇和島の石鹸屋だより 10月2... | トップ | 12月号をホームページからどうぞ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルーモ)
2016-11-20 09:13:55
絵本っていいですよねえ。3歳のお嬢ちゃんがいる全盲ママの依頼で、点字つき絵本を作っています。点訳しながら時にウルウル、侮れないです、絵本の世界!
Unknown (管理人)
2016-11-21 09:03:12
ルーモさん、点字付き絵本を作ってるって、すばらしいお仕事ですね。
こどもは、すきな絵本の文章を暗記してスラスラお話しできたりするから驚きます。そのお譲ちゃん、はどんな絵本に出会うのでしょう。
絵本は奥が深く、こどもだけのものじゃないと感じます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事