「土といのち」のブログ

高知県・NPO法人「土といのち」の公式ブログです。
「土といのち」からの情報をお知らせします。

鶏胸肉のフリカッセ サラダ

2017-05-11 09:00:00 | 作ってみたら・・・おいしそう
フランス料理のビストロ《ラ・ヴィルフランシュ》のオーナーシェフ、
マリオこと小笠原 真一さんによるお家でできるまかない料理

★ 鶏胸肉のフリカッセ サラダ ★


【 材料 】(4人前)
下郷農協の冠地鶏胸肉 2~300グラムほど
香草
(パセリ、セルフィーユ、エストラゴン、シブレット、ローズマリー、
タイム、フェンネル、セイボリー、ディル、キャラウェイなど、あるもので)


サラダ野菜ボウル一杯(手に入る季節のもので)
   チコリ、サニーレタス、アンディーブ、トレビスなどの葉物野菜、
   さや豆、トマト、マッシュルーム、季節の果物など、
   ルッコラ、パセリ、バジル、セルフィーユ、エストラゴン、
   セルバチコ、タンポポなどのハーブなど香味野菜、
   香り付けエシャロット
ヴィネグレット(酢と油 1対3のフレンチ・ドレッシング)
オリーブ油少量
塩、コショウ(ムーラン)

【 作り方 】
サラダ野菜はあらかじめ下ごしらえしてボウルにとっておく。
(洗う、水切りする、ちぎる、切るなど。ほぼ一口サイズ。)
肉用の香草は刻んでおく。
胸肉は、皮を除いて適当な大きさに薄切り。
薄切りしながら調味用のバットに並べて調味を終える
(あらかじめバットに塩コショウ。肉片を並べて上から再び塩コショウ。)


サラダの仕上げ。
サラダにごく少量のエシャロットの風味をのせ(エシャロット、おろし金)、
塩コショウで調味し、少量のヴィネグレットで和えて味見。
味を調えて、銘々の平皿に盛る。
調味した鶏肉に小麦粉をまぶし、よく払ってボウルにまとめる。
生クリームと香草を加えて軽く混ぜる。
フライパンを加熱し、オリーブ・オイルをなじませる。
直ちに鶏肉を形よく広げながらプライパンに並べる。
強火加熱。
焼き色を確認し、フライパンを操って鶏肉を反転する。
強火加熱を継続しながら、うまく反転できなかったものや重なりを直しながら改めて肉片を並べ、
再び焼き色を確認したら、中継用のバットかさらに移して加熱を止める。
加熱は手早く。
ようやく火が通る程度。
暖かい肉片をサラダの周りに盛りつけてできあがり。
※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2017年4月号より再編集して転載しました。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳食の 国内産そば米 | トップ | 土佐蒲鉾の はも入り蒲鉾(と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作ってみたら・・・おいしそう」カテゴリの最新記事