「土といのち」のブログ

高知県・NPO法人「土といのち」の公式ブログです。
「土といのち」からの情報をお知らせします。

畑作入門一歩前 その22

2016-10-12 09:00:00 | 日記
小幡 尚

 7月中旬には、十分な大きさに育ったプリンスメロンを1つ収穫することができました。包丁で切ると
よい香りが広がりました。しかし、甘みに比して苦みが強く、とても食べられたものではありません。
果物をちゃんと甘く育てることがとても難しいことを実感しました。
 7月の下旬には、もう1つ収穫することができました。こちらは、収穫のタイミングがよかったの
か、十分に黄色く熟れ、すっきりとした甘さで、とてもおいしく食べることができました。結局、食
べられたのは1個でしたが、それでも十分に満足でした。
 この年の夏はトウガラシが豊作でした。青いトウガラシを使って、大量の三升漬け(「その14」を
参照ください)を仕込むことができました。秋には、赤く熟した鷹の爪をたくさん収穫できました。
その一部で、香り高くさわやかな辛みの自家製一味を作りました。
 秋になった頃、三升漬けのビンを開けてみると、嫌な臭いがします。容器の消毒が甘かったのか、
腐ってしまっていたのです。結局、そのほとんどを廃棄せざるを得ませんでした。自身の油断と失敗
を悔やみました。
 「堆肥から生えたつる」は、かぼちゃ以外にもありました。夏にあらぬところから生えたつるに、
かぼちゃとは全く異なる実がなりました。ある程度の大きさになってから、ようやく冬瓜であること
に気付きました。10月まで待ってから収穫しました。たった1個でしたが、煮物にしておいしく食べ
ることができました。

※ この記事は、NPO法人土といのち『お便り・お知らせ』2016年10月号より転載しました。
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3世界ショップ のマンゴー... | トップ | 山の温泉宿から ~南瓜料理特集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む