「土といのち」のブログ

高知県・NPO法人「土といのち」の公式ブログです。
「土といのち」からの情報をお知らせします。

冨士味噌、10月企画予定!

2012-08-31 06:30:08 | 生産者をたずねて
事務局員や、です。

8/30(木)、共同購入委員で、宇田味噌製造所に行ってきました!
土といのち事務所から、自転車で約10分。

「おいしいので、企画してほしい」

と会員さんから要望もあった、
気になる地元のお味噌屋さんです。

屋号は“ 冨士味噌 ”。
創業は大正8年(1919年)。

現在は、高知市内にあるたった1軒の醸造味噌屋として

上町3丁目の路面電車通り南側に、お店を構えています。

お部屋のテーブルには、味噌、麹、塩麹、

鍋やお椀まできれいにセットされていて、
まずは、わくわくしました。

3代目の宇田一雄さんに、お話をお聞きしました。

味噌の原材料や、醗酵食の文化などについて。

こちらのお味噌を、10月に企画します!

右が、四万十産大豆「ふくゆたか」使用の≪りょうま≫、
左が、北海道産黒大豆使用の≪黒豆みそ≫。

どちらも、米みそです。
米の産地は、四国内。

塩は、オーストラリア産の天日塩です。

味噌の再醗酵防止、および殺菌のため、
酒精(アルコール)が添加されています。

試食させていただきました。
≪りょうま≫より≪黒豆みそ≫の方が、甘みがあるようです。

味噌を味わうため、ダシなしの味噌汁で
≪りょうま≫をいただきました。

すっきりとして飲みやすく、おいしいです。
しばし、ほっっ・・とくつろぎました。

味噌作りの貴重な現場も、見学させていただきました。

こちらは、“ 製麹室 ”。

冒頭の写真の麹は、ここで作られています。
冒頭の写真の手前は麦麹、奥が米麹。

10月には、塩麹も企画します!

すぐに手作りできる、麹+天日塩のセット。
塩麹の作り方付きです。

新米の季節です。
おいしいお味噌汁もどうぞ。

10月の“ 冨士味噌 ”企画、どうぞお楽しみに!

レトロなお店の前を通ったら、心がぷ~んと動くはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断食の始まり。 | トップ | 24時間後。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む