たわ言

思いつくまま

南天〔なんてん〕は食べられてしまった。

2017-01-30 15:36:34 | 日記
 少しは暖かい日だったかな。天候は曇りがちだったけど・・・。

 最近、庭にヒヨドリは頻繁に出入りしているなと思っていたが、ここ2・3日、見かけなくなった。 裏鬼門にあった南天はたわわに実っていたのに、丸坊主になっていた。 生垣の中にも南天が二房あったが奥のほうに3粒づつになってしまった。 丁度熟したのだろう。隣近所の南天はどこも食われてしまっている。 縁起物のナンテンは「正月まで持つ」ということでいいのかなー。

 町から赤い実〔南天・千両・万両・クロガネモチなど〕がなくなったのに引き換え、畑のあまくなってきた菜っ葉を狙ってヒヨドリがやってきて、葉っぱの先は啄まれる。 狙われるのは青梗菜やキャベツ・ブロッコリーである。一昨日、若い青梗菜の畝で葉先が食べられ寒冷紗を掛けたところである。 キャベツもやらにゃいかんのか。    まいる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 果実酒 | トップ | 暇をもてあます。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。