たわ言

思いつくまま

三笠の山に出でし月かも

2016-10-15 17:40:01 | 日記
  畑から、日が落ちたし、帰ろうとしたら、若草山の上に、見たことも無いような大きな丸い月が出たところ、十五夜の月である。畑に残っていた人たちと観月。 まさに「天の原振りさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも 阿倍仲麻呂」である。『万葉集』かと思っていたら『古今和歌集』所収である。 月が上るにしたがって小さくなって普通の満月になったけれども。  とにかく大きく綺麗な月だった。

 畑、胡瓜にレースの屋根を作った。 防寒用である。朝夕の冷え込みでつるの延びが悪くなってきたので。   まいる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋・冬野菜の気候になった。 | トップ | 農作業は一段落。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事