融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の牧師日記

「悔い改めて歩み出す」

2017年06月16日 | 聖書のお話

「悔い改めて歩み出す」 使徒言行録 2章36~42節

 聖書は、聖霊が降った使徒たちが、地中海各地の国に住んでいる人たちの言語を用いて「神の偉大な業」を語り伝えたことを伝えています。その後、ペトロも語りました。ペトロの説教は、誰もがイエスさんの十字架という一連の出来事に抗うことができず、むしろイエスさんを十字架に架けた側に立ってしまった罪について語りました。

 しかし神さまは、人間的に見れば敗北としか受け止めることができない十字架を、イエスさんの復活を通して、罪の赦しという神の愛を示されました。ペトロ自身もまた、復活されたイエスさんから三度「私を愛するか」と問われ、三度「はい」と答えることを通して、イエスさんを三度知らないと言ってしまった罪が赦されるという経験をしました。

 十字架と復活の出来事は、私たちを心からの悔い改めへと導く機会となりました。十字架と復活によって罪が赦されたことを確信するとき、「邪悪な時代」の歩みから決別する決断もできるだろうし、愛の業によって歩み始める決断もできるのではないでしょうか。ペトロは、そのような決断のことを洗礼と呼び、洗礼を受ける者には聖霊が与えられて、「邪悪な時代」に負けないような生き方ができるように助けられると教えているように思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金額は同じでも、中身が少な... | トップ | 明日は礼拝です »
最近の画像もっと見る

聖書のお話」カテゴリの最新記事