融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の牧師日記

阿蘇山噴火

2016年10月08日 | 日記

 少し前、北海道や沖縄で地震が起こり、今日、阿蘇山が噴火とのニュースです。しばらく九州での地震が収まる気配もなく、いずれは阿蘇山が危ないと言われていましたが、その通りになりました。今、日本は、地殻の活動期に入っていると伝えられています。(「地球と気象・地震を考える」というブログのご紹介)←クリックすると、ブログ記事に移動します。

 火山灰とか、農作物に影響があるでしょうし、電子部品とか精密機器にも影響があるそうです。かなり深刻な問題ですが、楽観論はできないような状況ではないかと受け止めています。たいへんやっかいな時代に入っているようですが、そんな時、原発を再稼働して良いものでしょうか?あの、3.11の大地震と津波の後の厄災を思い起こしてしまいます。

 オリンピックでは、裏でお金儲けをしようとして、金の亡者がウヨウヨしていますが、今の政治家や官僚は、お金が一番の金目教の信者なので、防災なんて二の次と考えているのではないでしょうか。

 自民党が掲げた選挙ポスターを見ると、本当に色々なことを考えさせられます。「自民党は嘘つかない」としてTPP断固反対を唱えながら「強行採決をしてもTPPを通す」と言う自民・公明党の無茶苦茶ぶりとか、「嘘つかない」と言いつつ、平気で嘘をつくという虚言癖ぶりとか、「日本を耕す」というフレーズも、日本を壊滅的な状況に追い込んで、自分たちのお金儲けに都合の良いように作り替えるという腹づもりのように思えてしまいます。

 一方で、ひたすら対米従属の方針を貫くという点において、「ブレない」ことについては納得です。ただし、世界の潮流が変わった時点で、対米従属派の人たちは取って変わられる運命にあるのですが。

 いずれにしても、何度見ても全部のフレーズが意味深です。歴史的な記録として保存しておきましょう。

 

    

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自分自身を確かめていた」 | トップ | 明日は礼拝です。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む