融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の
牧師日記

菅「まったく一点の曇りもない!」vs「加計ありき!」東京新聞・望月記者8/8午前

2017年08月09日 | 日記

 スガ語というのがあるそうです。「全く当たらない」とか、「そのようなことは断じてない」という、木で鼻をくくるような強弁によって、相手とのコミュニケーションを遮断するという流行の言葉なのだそうです。

 権力者がこのような言葉を使うとき、もはや公僕であるということを忘れ、自分が何か偉い者になったかのような気持ちになって、そんな自分を批判する者の存在を認めず、思考停止に陥っているように見えます。

 森友学園や加計学園疑獄が明るみになった今、誰が聞いても辻褄が合わないにも関わらず、未だにスガ語を使って強弁しています。下の動画を見てみると、その右手は落ち着き無く講壇を打ち叩き、スガ語を駆使して必死に誤魔化そうとしているとしか見えません。

 その姿、哀れであり、滑稽でもあります。

 *画像をクリックすると、記事をご紹介できます。

 

 

 

菅「まったく一点の曇りもない!」vs「加計ありき!」東京新聞・望月記者8/8午前

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和を希求する動機として | トップ | 「平和を実現する」 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事