融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の牧師日記

「喜びと真心をもって」

2017年06月22日 | 聖書のお話

「喜びと真心をもって」 使徒言行録 2章43~47節

 使徒たちの不思議な業によって、「すべての人に恐れが生じた」と伝えられています。奇跡を目の当たりにして、危機感を抱いたというのでしょうか。反対に、使徒たちの生活は、持ち物を売り払ったり共有したりして、互いに喜びと真心をもった共同生活を送っていました。その有様は、「民衆全体から好意を寄せられた」と伝えられています。恐れを生じた人たちもいれば、好意を寄せた人たちもいたということでしょうか。

 私たちにとっても大切なことは、恐れによって人を支配するのではなく、喜びと真心をもって共に生きるということではないでしょうか。喜びと真心がわき上がってくる源は、イエスさんの十字架と復活によって罪が赦されたという喜びであり、その喜びの応答として互いを赦し合い、受け入れ合うという真心ではないかと思います。自分のことは棚に上げて、他人を裁こうとする行為に、喜びや真心がわき上がって来るでしょうか、人から好意を寄せられるでしょうか。教会が在ることの意味を教えられているように思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「平安荘」の草刈り | トップ | 今日は「慰霊の日」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む