融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の
牧師日記

明日は礼拝です

2017年08月26日 | 礼拝のご案内

 明日、8月27日(日)は、主日礼拝です。午前9時から教会学校、午前10時30分から礼拝が始まります。メッセージは「私の神よ、なぜ私を見捨てたのか」です。讃美歌は「球根の中には」(今月の歌)、「こすずめも、くじらも」、「私たちを生かす」です。礼拝後は、祈りの一時、会堂清掃、お茶の一時があります。ご興味のある方は、どなたでもご出席ください。

 気がつくと、教会の駐車場の草が伸びています。明日、午後から草刈りをしようと思っています。今日は、夜の風が冷たく感じます。ここのところ、暑さがぶり返していましたが、涼しいくらいです。田んぼの稲穂も垂れて来ていますが、よく見ると、心なしかお米の実入りが少ないような気もします。美味しいお米がたくさん収穫できればと思います。

 暑さが落ちついたら、ペンキ塗りをしようと計画しています。その他にも、用事は山積しています。

 


この記事をはてなブックマークに追加

神に従う人の道、神に逆らう人の道

2017年08月26日 | 聖書のお話

「神に従う人の道、神に逆らう人の道」 詩編 1編1~6節

 人は、宗教に「御利益」を求めるものです。それは、人生の多くが苦しみや困難の連続であるが故なのかも知れません。詩編を読むと、その背景に苦しみや困難があるということに気がつきます。苦悩の直中にあって、神さまに助けを求めて祈る信仰者の姿が伝わって来ます。人生の多くに苦しみや困難があるのだから御利益を求めたり、苦悩の直中にあって神さまに助けを求めることを考えてみたとき、人はそれを「信仰」と表現しているのかも知れません。

 神に従う人は、愛の教えを守り、隣人と平和に暮らし、繁栄の道が約束されています。反対に、神に逆らう人は、籾殻が軽いのと同じように思慮が浅く、裁きから逃げ回り、他人を蹴散らすばかりであると教えられているように思います。自分のことしか考えず、法律まで自分の都合に合わせ、隣人を食い物にしてまで「御利益」を求めようとする者は、滅びの道に至るしかないように思います。

 


この記事をはてなブックマークに追加

【山本太郎事務所編集】2017.6.8 内閣委員会「憲法守ってないんじゃないですか、大臣」

2017年08月26日 | 日記

 私のお勉強の時間です。たった20分ほどの、聞きっぱなしのお勉強です。

 さぁ、誰が当たり前のことを言って、誰がどうしようもない低知性なのでしょうか?

 憲法を守ろうという気持ちさえ無い、議員として、委員として犯罪者が多過ぎます。

 

【山本太郎事務所編集】2017.6.8 内閣委員会「憲法守ってないんじゃないですか、大臣」


この記事をはてなブックマークに追加