融通無碍 翼を休めてみませんか

新温泉町浜坂にある日本キリスト教団浜坂教会の
牧師日記

「イエスさん」で行こう!

2016年05月23日 | 信仰について

 私は、気がついたときには教会にいました。クリスチャンホームで生まれ、名前も牧師に頼んで名付けてもらったものです。

 それで、自分がイエス・キリストのことをどう呼んでいたのかを振り返ると、まず「イエスさま」だったと思います。回りの環境がそうでした。それから、「イエス・キリスト」だったでしょうか。そして、「主イエス」で、再び「イエスさま」になったような気がします。

 それぞれの時期に、よく考えて呼び方を決めたのですが、どうも「イエス」とは言えませんでした。何だか、呼び捨てにして、偉そうな気がしたからです。表現は、意思の伝達でもありますので、自分はそんなにご立派な人間ではないので、これからも「イエス」とは言えないでしょう。

 でも、「イエスさま」という呼び名に弊害があると思い始めてきました。それは、相手を(イエスさまのこと)偉い存在のように表現しているので、それを聞いている人(私の言葉を聞いている人)に「イエスさまは偉いんだ」と、無前提に意思を伝えていることになるのではないかと考えるからです。

 自分が尊敬しているから「さま」と言っているのですが、それが決まり言葉になってしまうと、人にも押しつけて伝えてしまうことにならないだろうか、そんなことを考えてしまいます。私が良いと思うことが、他の人にも良いとは限らないものです。

 それで、何を伝えたいのかと考えたとき、誰でも分け隔てなくイエス(あえて「さま」抜き)と人格的(変な表現かもしれませんが)な繋がりを持つことが大切なのではないか、ということです。

 それには、「~さま」と言うと、あまりにも上意下達的な関係になるのではないか、そうではなく対等な関係が良いのではないか、それには「~さん」というのがぴったりだと思うようになりました。信仰者というと、何でも従属してひれ伏していれば良いのではなくて、49%分の自分の責任を負い、51%分をイエスさんに委ねていれば、それで信仰者と呼べるのではないかと思っています。

 私は、イエスさまが私に、「お前は私の子分になれ、命令は絶対だ」とは言わないと考えます。そもそも、教えも全部は守れないし、そうではなく「自分で考えて、自分で責任を取って生きなさい」と言われるのではないかと思います。その気持ちを伝えたいのなら、「イエスさま」ではなく、「イエスさん」が良いのではないかと思いました。

 実は、浜坂教会の牧師をしていました大川先生が、「イエスさん」と言われていたことを思い出し、私もこれから「イエスさま」を改めて、「イエスさん」と言うようにしようと思います。でも、お祈りの最後の言葉は、「イエス・キリストの・・・」と言うことにしたいと思います。

 当分の間は、言葉がごちゃ混ぜになってしまうかもしれませんが、単に呼び名を変えただけというのではなく、伝えたい信仰の部分を伝えられるようでありたいと願っています。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

弟子

2016年03月23日 | 信仰について

 イエスさまには、12弟子という12人の弟子たちがいたようです。

 一般的には、師と弟子の関係は、主従関係のことではないかと思います。偉いナンとか先生のところへ弟子入りするということは、その先生の知識や技術を教えてもらい、やがて先生のようになるということではないかと思います。そして、やがてその先生が持っている権威や利権も含めたものを、その弟子が継承することになるのではないかと思います。主従するのは、権威や利権を継承するためではないと言われるかもしれませんが、甘んじていればそう見られる訳ですから同じことだと思います。

 教会は、イエスさまが師であり、ペトロを始めとする人たちが弟子となり、イエスさまと同じような師になったりはしませんでしたが、弟子が弟子をとり、そのまた弟子に引き継がれ、延々と継承されて来たのだろうと思います。弟子というのは言い方であって、まるでイエスさまか、それ以上の師のような振る舞いをしているような、色々なタイプの弟子もいるように思います。

 プロテスタントに属する私の考えによれば、弟子とは何も教師に限った訳ではないだろうと思います。組合教会の考え方によれば、教師は信徒の信任によって立てられ、教師もまた信徒の一人なのですから、イエスさまの弟子とは、これすなわち信徒であり、教師もまた信徒以上でもなければ、信徒以下でもないと受け止めても構わないと思っています。

 人は、弟子になりたいという気持ちを持つものではないかと思います。自分に知識も技術もないと思ったとき、それらを持っている人に教えてもらい、自分も知識や技術を身につけたいと考えるのは、とても自然なことではないかと思います。

 知識や技術、また思想を持っている人であっても、自分一人だったら、自分のことを「師」とは思わないものです。弟子もいないのに、自分のことを師と思っている人がいたとしたら、そんな人の弟子になるのは、やめておいた方が良いのかもしれません。師と呼ばれるようになるのは、弟子をとってからのことではないかと思います。

 前置きが長くなりましたが、イエスさまは、自分のことを「師」と呼ばれたくてペトロを始めとして弟子を招かれたのでしょうか。ペトロを始め、弟子たちがどんな思いでイエスさまの弟子になったのかについては、人間的な気持ちになって考えると、何かを察することもできるのではないかと思いますが、さてイエスさまはどうなんでしょうか。

 イエスさまには、志があったと思います。イエスさまは、ペトロを弟子にするために招いたとき、「人間をとる漁師にしよう」と言われました。漁師が魚を捕るように人間を捕るということですから、人を騙して食い物にするというジョークのように聞こえもしますが、罪という水の中で溺れて死にそうになっている人間を、漁師が網で魚を引き揚げるように引き上げる、そのことが「人間をとる」という言葉の意味ではないかと思います。そう言われたイエスさまは、罪の中で溺れ、死にかけている人間を救いたいという、まるで神さまのような志をもっていたのではないかと思います。

 イエスさまは、その志を継承してほしいと願い、自らはそのための最初の一里塚となって十字架にお架かりになったのではないかと思います。十字架での死、それは色々なことを意味しているのではないかと思います。当時は、礼拝のとき、犠牲の子羊を屠り、自らの罪を赦してもらうということをしていました。死ぬべき自分の身代わりとなって、他の動物である子羊の死を犠牲とし、神さまに罪を赦してもらおうとしていたのです。そう考えると、イエスさまが十字架で死なれたのは、私たちの罪を赦そうとされ、自らが犠牲の子羊のようになったということのように思われます。

 また、人間的な考えをすえれば、イエスさまが十字架で死ぬことなく、反対にピラトやヘロデ(圧政者)、祭司長や律法学者たち(腐敗した権力者)を十字架に架けるという方法で、イエスさまの志を広めたら良いじゃないかという考えもあるかもしれませんが、イエスさまは、そんな方法はとりませんでした。そんなことしたら、きっと弟子たちがつけあがって、すぐに同じような圧政者になったり、腐敗した権力者になっていたことでしょう。この社会の中で、師になり弟子になるということは、少なからず利権の共有と継承という側面がつきものだからです。

 あるとき、イエスさまに祝福してもらいたいと願って、人々が幼子を連れてやって来ました。それらの子どもたちは、貧しい家庭の子であったり、孤児であったりしたようです。当時の社会では、律法を知らない子どもたちは、小さい者として軽んじられていました。だからなのか、そのとき、弟子たちは、子どもたちをイエスさまのところに来させないようにしました。これを見たイエスさまは、怒って弟子たちを叱りつけました。

 このことから、イエスさまが考える「弟子」というものは、権威や利権の共有と継承などとは相反するもの、そもそも権威すら欲するのではなく、ただただ自分を愛するように隣人を分け隔てなく愛することを身をもって伝える弟子であるようにと教えているのではないかと思います。

 

 

 

 

  


この記事をはてなブックマークに追加